PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウルトラマンジード 最終回 「GEEDの証」

2017y12m23d_091006691.jpg2017y12m23d_091012621.jpg
このロイヤルメガマスターが最高に好きだった(つ=ω=)つ
己の運命に抗う存在で、そのリクの運命の柱であるベリアル。
当初はベリアルの悪行を聞いてリクが絶望する顔とか見たかったけど、でも、クライシスインパクトを出してる時点で、あれだしーとか今更になって思う(つ=ω=)つ
2017y12m23d_090512134.jpg2017y12m23d_090719251.jpg
んで、クライシスインパクト時のリクの記憶はいったいどうなった?って思ったけど、まぁ、でも、今は、この作品を作り上げたウルトラマンジードのスタッフに感謝をしたいです。
ふと思うけどリクはベリアルのことをどう思っていたのか。って明確に物語の中で語られていない気がするが、それは言葉にすると安っぽくなってしまう関係性でもあるからだろうね。親子、運命、そう簡単には片付けられる関係ではないのです。
父親であり悪のウルトラマンだからこそ、己が王道を行くウルトラマンとしてベリアルを超える存在と描かれている、まぁ、勇次郎と刃牙のような存在だからこそ、その超えるの中に色々とある感じ。
ただ、話の断片で、其々が何を思うかが出てくるのが解るのは良いものです。
だからこそ断片的に敢えて語らせないでリクにとってのベリアルに対して様々な感情を描いているようにも思える気がする(つ=ω=)つ
「絶対的に立ち向かわなければならない己の運命の象徴」だからこそ、リクの中のベリアルは簡単に説明してしまえば安っぽくなってしまう存在でもあるような気がする、そういう存在よね。
リクにとってベリアルへの思いと言うのは、話の端々で語られるリクの言葉、そのものだと私は思いますね。
さて、最終回。
思えば嫉妬から始まった力を欲するベリアルの苦悩と言うのは、力を求めていた理由が根本から違うゼロには解らないだろうし、だからこそ同じ立場に立ちながら苦しみ王道を突き進んできたウルトラマンジードこと朝倉リクが受け入れて介錯を務める。
息子にしか出来ない事なんよね。
ベリアルにももっと腹を割って話せる存在がいれば王道を突き進みキングに認められる戦士になっていたかもしれないからこそリクには解る。
2017y12m23d_091325479.jpg2017y12m23d_091123602.jpg
苦しみと憎しみが混ざり合った負の感情を誰よりも理解していたのが実験体と呼び、油断させるために息子と呼んでいたリクなのが皮肉だなー…
敢えて戦闘シーンの見せ場を次回予告で見せた理由を考えてみると見せたかったものは、ああいうサプライズではなく異空間におけるリクとベリアル、親子のやり取りそのものなんだろうな。って思います。
それが、真の意味で親子が最初で最後の邂逅して全てを受け入れる。
最後に哀しみの慟哭のようにジードの名前を叫んだラストも個人的には良かったと思う。
ベリアルは人から見れば改心したとも見えるだろうし、呪詛のように恨みと憎しみの中で消えていったり悪の華として消えたり様々な解釈でベリアルのラストの意味を視聴者に委ねることが出来る。
ベリアルが巨悪としてしか描かれなかった部分を上手く逆手に取っているような感じがします。
敢えて今まで従来の特撮ヒーローのように巨悪ゆえに、その心に踏み込まなかったから、ウルトラマンジード と言う作品において息子を生み出すことで制作人はベリアルの心を救い出したかったのかもしれない。
でも円谷からすればベリアルのこと救いたくても、それを許さないと思う視聴者が多くいたこと位は解っていたと思う。
僕だってベリアルの悪行は如何なる理由があっても許されるべきではない。
だからこそ、ただ一人、朝倉リクと言う理解者をベリアルに会わせて断罪させたんじゃないかな?
2017y12m23d_092053219.jpg2017y12m23d_092105619.jpg
ここの濱田龍臣君の台詞の言い回しが凄い良いですよね…
2017y12m23d_091941209.jpg2017y12m23d_091957587.jpg2017y12m23d_092007811.jpg2017y12m23d_092024573.jpg
思えば、このレイバトスとベリアルのやり取り、ファイトオーブでジードだった理由を考え見れば、この時の追体験の伏線だったのだろうと思う。
そして今まで朝倉リクを演じてきたからこそリクの人生はベリアルに極めて近いからこそ、改心を促すでもなく、ただただ一途にジードはベリアル苦しみを受け入れること苦しみを共有することで辛い過去を乗り越える…
ベリアルの「解ったようなことを言うな!」はリクに対して、どういう思いがあったんだろう。もう手遅れであることの嘆きであるような気もします。
でも共有され受け止めたからベリアルは最後の最後で「息子」ではなく「ジード」と呼んだと本当の息子として受け入れたんだろう。
何万年もウルトラマンの黒歴史のような忌み嫌われた存在であるベリアルを最後の最後まで巨悪として描かれなかったのは、やっぱり円谷としても自分達の手で生み出した悪のウルトラマンとは言え原点である光の国の出身のウルトラマンだからこそ救いたい。
って部分があったのかも。
ベリアルからすれば最後にジードと呼んだ部分に対しても「なんで、もっとお前は俺の前に速く現れてくれなかった!!」「お前がいれば……」って言う、そういうことに対する様々な思いと感情が沸き上がったことからくる慟哭でもあるような気がします。
ベリアルの嘆きが辛い。
ベリアルの巨悪になってしまった負の感情を理解して、もうどうすることも後戻りも出来ない苦しみと負の感情に支配された哀しみの心を解放するために、ウルトラマンジード は介錯することで救い出して、その心はまさに巨悪の心をも救う真のヒーローとして存在していたと僕は思います。
2017y12m23d_091521031.jpg2017y12m23d_091632641.jpg
最初はテレビの創作、言わば現実にはいない身も蓋も無いことを言ってしまえば作り物であるヒーローに憧れたリクが、もう一人の自分とも呼べる存在であり父であるベリアルの何万年も誰も理解する事の出来なかった深い闇を受け入れたから本当のヒーローになったことに感動がある。
ウルトラ戦士って崇高な部分があるからこそ、どうしても負の感情に支配されない。ってなるけどベリアル、ジャック、サンブレ、ティガダークのように可能性はあるんだよね。
2017y12m23d_092126693.jpg2017y12m23d_092125703.jpg2017y12m23d_092127964.jpg2017y12m23d_092139599.jpg2017y12m23d_092142036.jpg
2017y12m23d_092143007.jpg
ウルトラマンは改めて完全無欠のヒーローではなく一個の我々と同じ生命体なのだと改めて考えさせられる。
だから、#ウルトラマンオーブ においての闇を抱いて光となる。
悪、恐れず憎まず、その胸に抱け。
近年のウルトラマンに対する闇の扱いが変わり始めたのは凄い良い傾向だと思う。誰もが抱く闇を今まで円谷が否定してきて人としての一個の当然の感情として乗り越える方法を描く。
そして自分で抱けないほどの闇を抱いてしまった時は、誰かが抱いて共有して解放してあげれば良いという前作における問題に対する、もう一つの回答を、もっとブラッシュアップして表したと思います。
また何万と負の感情に抱かれたベリアルだからこそ、この答えに意味がある。
「悪は死すべし。慈悲は無い」
って部分が強いから、こういう流れってのも有りなのではなかろうか?って思う。
そして巨大な悪に対して人は、それ自体も一個の生命体であることを忘れてしまうのかも。
特にベリアルのように何年も悪のウルトラマンとして君臨してる存在には。
人の闇の感情を抱く。それが深ければ深い程、どうにもならないことが多いし近づきたくない。って思う。
即座にリクがベリアルを抱きしめ受け入れたのは幼少期のころに出会った自分に手を差し伸べたドンシャインの影響もあるし「ジーッとしてもどうにもならない」の精神なんだね。
2017y12m23d_092444827.jpg
ドンシャインは物語の大事な要素って話があったけど、ちゃんと最後まで活かすのが凄い。彼はドンシャインに敬意を抱いたまま、ドンシャインを超える真のヒーローになれた証でもある。
2017y12m23d_092337218.jpg2017y12m23d_092347216.jpg
これまでのリクの人生があるからベリアルの闇を抱きしめ受け入れウルトラの父は自分には出来なかったベリアルの心を汲み取って介錯したリクを「凄い子ですね。」って評価したと思う。これは模造品であるはずだったリクが改めてウルトラ一族が自分達の家族として仲間として認めて、ウルトラヒーローになった証であると思う。
今までベリアルは散々、悪いことをやってきて、この展開は何だよ。って思う人もいるかもしれないけど、散々、悪いことをしてきたからこそ誰か彼の内なる哀しみと憎しみを理解させて、もう長年、悪をやっているベリアルを解放して介錯してあげる必要があったんじゃないかな。
決して、これは「許し」や「可哀想」と言うモノでは無いと思うんですよ。
介錯故のベリアルの血を受け継ぎ王道に進んだ者が行う苦しみを理解したうえでの断罪なんですよね。
だから悪である前にウルトラマンであるベリアルの負の感情を誰よりも理解するリクに、この役割が与えられた。
2017y12m23d_091455943.jpg2017y12m23d_091503180.jpg2017y12m23d_091506324.jpg2017y12m23d_091510501.jpg2017y12m23d_091511954.jpg
覇道を進み悪を為してきた父に対する、王道を進んみ、ベリアルがしえなかったこと、歴代の戦士達に認められることで進んだ正義のヒーローのケジメ。
同情はすべき部分はあれど、でも、それ以上に取り返しのつかない許されないことをしてきてしまったからこその断罪。
だからこそ、リクはレッキングバーストを放ったんだと、私はそう思うんですよね。
だからこそ介錯と言う手段で、リクは救ったのだろうと思いますよ。
今更、リク一人が許したところでベリアルが世間から許される存在ではないし、ベリアルも、それを許さないだろうと思う。
そういう意味も込めて己が新たな王道を進んだ自分、本来、ベリアルの為そうとした王道の責任として親殺しの覚悟を持っての、#ウルトラマンジード の介錯が最終回にはあると思う。
大悪人だと言っても、リクは実験体とはいえベリアルの息子だし苦しみを理解してあげたって良いよね。
そして、その最大の理解者になった肉親とはぶつかり合うことでしか己の感情を表現してぶつけることしか出来ない、もうセブンやゼロ、ウルトラの父やタロウのようにはなることが出来ない、全てにおいて後戻りが出来ない哀しみへの慟哭…真に可哀想な存在はベリアルと言えるのかもしれない……
円谷からすればベリアルのこと救いたくても、それを許さないと思う視聴者が多くいたこと位は解っていたと思う。
僕だってベリアルの悪行は如何なる理由があっても許されるべきではない。
だからこそ、ただ一人、朝倉リクと言う理解者をベリアルに会わせたんじゃないかな?
だからこそ理解者に会わせることで苦しみから救う断罪、介錯の役割をリクは与えられたと思うんです。
その為には誰よりも人の痛みを理解できる王道を進むものである必要があったんですよね。
それくらいでないとベリアルほどの悪は受け止められないと思いますから。
私は視聴者だから「悪のベリアルを断罪する為に、ジードと言う名の王道を進んだベリアルが助けに来た」って思う事があるけど今まであって、でも、これはジードをベリアルの名前に縛り付けているなーって改めて最終回を見て思った。
だから朝倉リクは朝倉リクで、呪いの名前と運命を乗り越えたジード。
ゼロがベリアルを倒していたら、この最終回の感動は無かったと思う。
ゼロにとってベリアルは「同じ道を辿ろうとした忌むべき存在と言う名の敵」だから。
だからクローンとも呼べて「敵である前に父親」であるリクと言うイレギュラーをベリアルを憎しみから解放する人物として創られたんだと思う。
終始、ベリアルは倒すべき敵として見ていたゼロと、ベリアル敵であると同時に父であるジードことリクの気持ち。
終盤の空間での戦闘シーンまでリクはベリアルを倒す気持ちでいたけど、過去を知ったことで、かつての自分の経験した苦しみを思い出しリクは理解して介錯をすると言う手段を選んだ訳だし。
ゼロが同じようにベリアルの過去を見て理解してもゼロファイトの時のように説教をしていたと思う。
でも理解して、リクが、それ以上に人によっては負担を与える言葉をかけなかったのは理解者から、そして何よりも肉親から来る思いだったんだと思うのよ。
ロイヤルメガマスターになることも出来たのに、敢えてプリミティブでいたと言うのはベリアルを理解したからこそベリアルに一番似ているプリミティブの姿で、リクが、あの場で出来るベリアルに対する、それが肉親として表せる最大限の情を表現する意味としてのプリミティブ、ベリアルに対する最大の敬意としての偉大なる戦士なるかもしれなかった父にね。敬意を表現していると思うんですわ。
本当にウルトラマンジードと言う作品に出会えて良かったです。
年末に素敵なクリスマスプレゼントをもらったような、そんな気分にもなりますね。
これを通して、改めてウルトラマンゼロクロニクルから見直して、そして、ウルトラマンジードを見直すと新たな発見があるかもです。
2017y12m23d_091010832.jpg
今年の最終回の変身
2016y12m24d_091429700.jpg
去年の最終回の変身
どちらも最終決戦に向かうための勇ましさとかっこよさに満ち溢れてて大好きだ。
やはり、この最終回だけに行われる特別な変身って言うのが、これからの新シリーズにおいて恒例化していけばいいな、と僕は思います。
2017y12m23d_092636408.jpg
最終回、とても楽しかったです。連ドラゆえに、部分部分、不満はありますが、それを一気に解消する最終回でした。
ありがとう!
ウルトラマンジード!

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クリスマスと言えば、やはり来てくれたウルトラの父が嬉しかったです

| 毒穴子四太夫 | 2017/12/24 00:20 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

クリスマスに彼はやってきてくれる……

| 月 | 2017/12/24 10:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7255-a5ab3288

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT