PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結城友奈は勇者である -勇者の章- 第3話「見るのが辛い」

2017y11m25d_081330756.jpg
気付いた園子は何をする?
「あなたを思うと胸が痛む」
タイトルからして不安しかないです。
絶対、あれ、煉獄の炎とか、そういうのじゃん。もう友奈と美森が一緒に外の世界で贄になって幸せになろうね。ってオチが思い浮かぶようで見ていて辛いですわ…・・いや、マジで。
いや、もしかしたら、勇者部全員が死ぬかもしれない。
呪いかもしれない。
何か、あるような、もう、なんていうかねー。ただでは終わらないというか、なんというか、そういう部分が、それが今回の風のイベントに繋がると思うとね。そして、それを簡単に言えるわけがないという、そのあまりにも深刻過ぎる煉獄の炎の代償と言うのは見ていて辛いし、なんか、もう、さ。
やめよう?
辛いことさせるのは……
なんか、もう自己犠牲の象徴で、全てを己の中で終わらせてしまいそうな結城友奈と言う女には恐怖を抱いてしまう。勇者であるからこそ、そこは第一部では感動と言うもので、乗り越えた美しさがあるんだけどさ。でも、第二部になって、なんか、もうね。
煉獄の炎が呪いとして周りに映っているような、その光景がさ。
なんか、もうねぇ…・・
友奈が最終的に、ああなるのかなー……
それとも、鷲尾の章をやったということは、さ。
今度は東郷美森が友奈を助ける為に動き出す。
ってなればいいなぁ……
ハッピーエンドになればそれでいいよ……もう。
苦しみから解放してあげてよ。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7242-93527e68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT