PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」第10話「REBIRTH」

2017y10m14d_202030678.jpg
残された者よ。
身内が、ホラーに等しい暗黒騎士になるって、どういう感情なんだろうね。
残されたものとしては複雑だろうけど、守りしものとしては色々とあるんだろうけどさ……ここはね…・・それでも、ソードと言う黄金騎士がいないことを狙ってやってくるホラーとか、どんだけ、質が悪いんだか。そして、この状況において、暗黒騎士と黄金騎士の戦いは、一種の震災レベルで凄い大変なことであるということに気付く。
さて、まぁ、描かれるルークの過去であるということ。父親であるナイトとルークの親子の関係が描かれているというか、そういう感じですね。そういう意味で、憧れの父親であったはずが、何故か、暗黒騎士に。
恐らく、禁術と呼べるものが、そういう風にさせたのかもしれないね。
強さを求めるがゆえに間違い、そして、守りしものではなくなっていくような、そういう過程、魔戒騎士の本質を忘れて力を求めた結果、そういう部分はバラゴと似ているようで違う気がする。
こういう状況で思い出すことになる、かつての母の言葉と言うのは重い。
そして、己の本質を思い出す。
これからですよ。
ルークが、どうなっていくのか。
そういう部分を見つめ続けながら、ですね。
如何なる法師、そして騎士の道を歩んでいくのか。
今回の体験で一皮むけたルークがどうなるか。
非常に楽しみのまま、今日は終わりですか。
エンディングテーマが眩しい。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7241-8de2f758

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT