PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

このはな綺譚 第十話「ほへー」

2017y10m12d_074808264.jpg
そういえば、抱き枕が出るようです。
前々から思うんだけど、百合作品なのに、抱き枕を出す。って、どういう神経をしてるんだろう?いや、マジで。なんか、そういうのが出るとアニメに対するモチベーションが下がるよね。
何を作ってるんや。って感じで。
思えば、ゆるゆりの時から、そういの作って、萎えた思い出ある。
まぁ、ゆるゆりの時期は、AKB0048っていうダークホースアイドル百合アニメがあったから、もう、なんていうかですね。それで、メガミマガジンLILYで百合アニメとしてつくっているつもりはない発言のトリプルパンチ、かなり萎えちゃったんですけどね。AKB0048の百合描写が、あの時代、岡田さんのが節発動しまくりで最高だったんですよ。あれですけどね。みんなも、AKB0048を見ようね。って、そういう話なんですけどね。
いや、嘘です。まぁ、そういう感じで、百合漫画が原作のアニメで抱き枕って、やっぱり自分の中じゃあり得ないんだよね。個人的には無しの中で男性キャラを出すこと以上に萎えてしまうことであるのは、アニメのスタッフが作品と言うのを理解していない。っていうことに対する哀しみであるような気がします。
なんていうかねー。
世間からすれば、私が嫌な人間なんだろうなー。
って、茶をすすりながら思った。
そして、10話も終わってた。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

正直、良くわかります
アニメ化による弊害の一つだと自分は思います
抱き枕は不愉快なアニメグッズとしか言いようがありません
百合作品の登場人物を男の視聴者のものにしている事実、不快極まりないです
自分は男性ですが……百合作品の登場人物をそういう目で見たいとは思いません
ソシャゲやゲーム化で百合作品の登場人物と交流出来るようになるのも不快ですが……
はいふりがソシャゲ化するので……こうしたゲーム化もまた激しく萎えます……
抱き枕は公式サイトなどで公式商品として紹介されているのは、正直見たくないものです

| 毒穴子四太夫 | 2017/12/11 08:07 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

見ていて辛いものはありますよね。
制作サイドが作品のことを理解していないようで、どうも、私は好きになれないんですよねー。そういう部分から、まぁ、記事にも書きましたが視聴する意欲も萎えるんですよね。
こういう現状があるから、まぁ、色々と言われるのかなー?とも思いますし。
売れれば何でもいいために、こういうことをしちゃうのかもですね。
そういう意味ではアニメ業界の危機的な部分も見えてきますが。

| 月 | 2017/12/11 12:04 | URL |

作品を売る為なら、何をしてもいいのですか

推せるカップルの描き下ろしイラストがプリントされたグッズならそれは全然構わないんですが、
抱き枕でやっちゃうと「そいつをカップルに混ざりたい奴に売るんかい!」ってなりますね…(たまに存在する)

密かにアニメ化を期待していた某漫画が12月で最終回を迎えブルーになっていた所ですが、
クオリティ的に信頼度の低いアニメスタッフが作ったとか、やる気と実力が伴わない中の人が声をアテたとか、
件の抱き枕の様に望まぬグッズ展開という事になればそれも悲しいので結果的に綺麗に終われて良かったかも…
今はそう思い直してます。

| kwai | 2017/12/12 00:05 | URL |

kwai さんへ

物凄いもやるんですよねぇ……
なんか、そういうのを見てしまうと。私だけじゃないんだなーって思えて、なんだか、そこは嬉しいです。妙にもやってしまうんですよねぇ……

アニメ化を望んだ作品が終わることは辛いですねぇ……
でも、確かに百合漫画がアニメ化するリスクを考えてしまうと、確かに漫画で終わった方が良い。って思えることは多いですよね。私としてもアニメ化してほしくない百合漫画はいくつかありますし。
微妙ですけど、それはそれで幸福な気がします。

| 月 | 2017/12/12 00:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7240-206971e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT