PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SSSS.GRIDMAN

2017y12m02d_120620524.jpg
が、来年の秋に放映決定ってことでですね。
グリッドマン、大好きなんですよねー。
ツイッターの方で、良くグリッドマンの感想を言っていたり、まぁ、こっちでもウルトラマンXと絡ませてほしいというような、そういう文章を書いたりとか、そういう感じでね。
あぁ、そんな感じで懐かしいなぁ。
当時のリアルタイムの奴って、荒唐無稽な話も結構あるんですよね。タイムスリップで弁慶を読んだり、掃除機で人を吸ったりとか、カメラの中にヒロインを閉じ込める。とか、結構、セクシャルな話もあって、それは子供のころ見ると結構、恥ずかしくて早送りをしていたりだったり、とんでもないのがあったりね。
ついでに、あのレジが爆発する話とかね。ドライヤーを使うとヤンキーになったり。まぁ、ここは見て頂きたい!w
先見の明って言葉はよくあるけど、でも時代を先取りしすぎていた感はいない目ない部分も結構ある。
でも、そういう部分があるからこそ、この荒唐無稽な楽しさ。
っていうのが、グリッドマンにはあったような気がします。
今にしたらあり得ないんだけど、当時だからできたネット社会の、こういう怖さとかあるんじゃない?ってのもあったり、ロボットカーとかですね、現実的にあり得そう。っていうのもあったりと、それが結構、面白いんですよね。セキュリティシステムにハッキングして家を逆に監獄にしてしまう話とか、まぁ、これがゴッドゼノンの初登場の話になったりと、結構、楽しい話も多い中で、ヒーローである……
2015y11m19d_180815785.jpg2015y11m19d_183824792.jpg2015y11m19d_225507698.jpg2015y11m20d_165218154.jpg
グリッドマンがサポートメカ、アシストウェポンと合体するのは結構、衝撃的でしたね。
んで、それがかっこよくてやたら動くから余計にかっこいいんだよね。
それでいて、ちゃんと円谷イズムのある心温まるものや、メッセージ性のあるものが多かったりね。所謂、勇者シリーズの特撮版と言っても過言ではないような感じですよね。
だから楽しいんだよねー。
そういう意味では当時の子供心を掴んでたし、円谷だから勇者シリーズ的なツボを掴んでいたし、勇者シリーズ自体が話の構成は円谷作品のオマージュ的な部分も大きいんですよね
だから楽しいんです。
運―。いや、マジで。
2015y11m19d_212512614.jpg
これで、玩具とか欲しくなったなー……ついでに、ドラゴニックキャノンってかっこいいのがあるんだけど、これがなー。ダイレンジャーのとある武器と被ったから、一回だけの登場だったのは惜しかった。
ついでに、俳優も棒読みだったりと。
それが楽しいんですけど。
そんな感じで、復活するグリッドマン。
2018年の秋に始動するということでね。
グリッドマンと来て、ULTRAMANって感じになるのかなーって思ったりします。来年の円谷は楽しませてくれそうでございますわね。
そういう感じで簡単ですが、グリッドマン、どうなるのか。
楽しみでございます。
2017y12m02d_145657228.jpg
なお、コミコンにおける直人を演じた現在の小尾 昌也さん。
現在は餃子屋さんだそうですw
でも、良い感じに年を取ったよね。
かっこいい。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夢のヒーロー

ネット社会の今こそ再評価を!という当時のファンたちの心の叫びは無駄ではなかった。
考証的に突っ込み所も多々あったけどその辺もひっくるめて愛されていた、というのが強いですね。
あの時リアタイで見ていた友人が武史のファンになってました。曰く「あの濃いキャラがたまらん!」と。
メインライターが平野靖士さんで(川崎ヒロユキさんの脚本回もある)勇者シリーズとの共通性も見出せそうですが、
そういえばグリッドマンとカーンデジファーの中の人がエースのジョーとウォルフガングだった事も勇者シリーズとのシンクロ性が!?

| kwai | 2017/12/09 02:08 | URL |

kwai さんへ

今と言う時代だからこそ描けるグリッドマンと言うヒーローをどうアレンジするのかと言うのは個人的に結構、楽しみな部分があります。
それに、今見ると、とんでもない話が多いですからねwグリッドマンはw仰る通り、そこも、また魅力であったことは言うまでも無いんですけどね。
武史も色々と魅力的な、まぁ、人で言う負の感情、所謂、この年になって一番共感しやすいキャラクターでもあるというのがあるのかもしれませんね。
何気に、当時の勇者シリーズとも確かなリンクがあったりと、そういう意味でも新たな発見があって面白いですよね。

| 月 | 2017/12/09 13:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7238-2d5779be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT