PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウルトラマンジード第22話「奪還」

2017y11m25d_092205992.jpg
劇場版の情報が出ましたね。
まぁ、これは、別途形に新たに記事にするにしても色々と、ちょっと、書いてる情報が色々と多すぎると言う部分があるんですよね。ジャグラーとかね、
出るからねw
やっぱり、ウルトラマンオーブが出る以上はジャグラス・ジャグラーも出ないとダメなんですよねwそういう感じで、そろそろ、話も、こっちはクライマックスということで、これ、たぶん、伏井出先生、お亡くなりになるのではなかろうか?
2017y12m02d_091534463.jpg
ここは色々と語るとして、まさかのキングギャラクトロンですよ。ウルフェスの登場が出てくるという、この時点でもう僕は驚きですよね。まさかの、ウルフェスの敵?!
みたいな感じでw
ただ、今回のベリアル融合獣というのは
僕としては、あのゼットを出してほしいですw宇宙恐魔人ゼットなんですよね。ウルフェスの敵で一番大好きな敵なんですよねぇ。そろそろ、22話、後、3話ということで。伏井出先生は出ないということで。
どういう風になるんでしょうかね。やっぱ、お亡くなりになるんでしょうなぁーとか思いながら今、こうして見てた。
レイトさん、今まで何回もこういう目にあって、よくリストラされないなー(・ω・;)
寛大な会社なんだろうなー
でも考えてみればAIBって世界的な組織ではあるし、そういう意味ではレイトさんの家庭に迷惑がかからないように政府を通してから会社にはいろいろと根回ししていそうな、そういうイメージはある。
2017y12m02d_090934841.jpg2017y12m02d_090500779.jpg
改めて理解できる、ケイが空っぽであるという、その意味。
結局、ベリアルの野望の成就のためであるのなら、彼にとって自分に心髄する人間であろうと、関係が無い。
もう必要が無くなったら消してしまう冷酷さというのは、それほどケイの中にはベリアルのこと以外、何もない。
そしてケイからすればベリアルを主軸に捉えた自分とリクが主役の物語であるというとらえ方であれば、また、そういう部分で差が出ているような気がする。
2017y12m02d_092024749.jpg2017y12m02d_092029058.jpg2017y12m02d_092106329.jpg2017y12m02d_092113835.jpg
王道を突き進みキングにウルトラマンとして認められたリクと真逆である覇道を突き進みベリアルの野望を成就させるケイの物語
この二つの差は大きい。
ベリアルの野望を王道で阻止しようとするリクには大勢の仲間がいて、ベリアルの野望を覇道で成就させようとするケイは自分の物語に心髄するかのように自分の世界に介入する人間を協力者だろうとも意図も簡単に殺してしまうという見事に真逆な関係。
そういう部分からベリアルに心髄するケイの結末というのは見えて来る気がする。
ウルトラマンジード という物語の中において、恐らく自分が予測するケイの結末というのは因果応報的なものだろうと思うし、それは喜ばしいものなのか、それともケイにとっては『なぜ?』と思ってしまうものなのか。
恐らく「狂信」とも言えるケイにとってベリアルに”役に立つ”と言うことが最大の喜びである以上、ケイにとって、この物語で如何なる結末を迎えようとも、それは喜ばしいことなんだろうと思う。
恐らく自分達の守備範囲の中では理解は出来ないけど解る位置になるような気がする。
そして、恐らく、ケイの中にあるベリアルの魂が完全覚醒を遂げた時、それはケイの死を意味するような、そういう気がしますね。
いや、マジで。
そして、今回、退場したアエリは、何故、ケイに惹かれたんだろ。そういう部分は描かれていないんだけど、何となくだし、彼女はフクイデストだったような気がしないでもない。
所謂、信者ってのは、そうやって本の世界にハマって作者の世界観にハマり、最終的には……そして、突然の失踪と来れば、そうなるものなのかな。
っていうのは思ったりした。
2017y12m02d_092252471.jpg2017y12m02d_092607878.jpg
覇道と王道。
二つの対局が織り成す物語はどうなるか。楽しみです。
ジャグラーとは決定的な違いがあるよね。
ジャグラーは冷酷な部分はあれど、彼は修羅と戦士としての矜持に囚われているからこそ利用はすれど斬り殺すのは凶悪な宇宙人なんだよね。とはいえ、明かされていないエピソードではどういう風になっているのかはわからないにしても、少なくともテレビ版における彼のスタンスはこれだったけど、ケイは完全に人であろうとも殺すしね。
覇道を絶対的な存在として突き進むケイと、戦士と修羅の狭間に苦しむジャグラー……個人的にはジャグラーのが好きだなーとか思ったw
ただ、それ以上にジャグラーのが個人的には冷酷に感じるのは、戦士と修羅の狭間の頂点にいるジャグラーを演じた青柳さんの怪演、いや狂演そのものであるとも言える気がしないでもない。
感情のふり幅がある冷酷さと、感情の振り幅が無い冷酷さ、この二つが劇的な差を生み出しているんだろうなと。
ついでに言っちゃえばジャグラーの方が狂気に見えるのはジャグラーの場合は己の我欲の為に動くと言う部分、所謂、作中で描かれた描写は己のガイへの執念を狂気としての映し方が見事であったということ。
そこを言っちゃえばケイの冷酷さっていうのはベリアルの為だからこその空っぽ感が強いんだよね。
だからこそケイの冷酷描写が割と淡白に見える部分は前作のジャグラーとの差別化を図ることでケイが機械的に見えるという意図を生み出していると思う。
さらにジャグラーの場合はオリジンサーガって言うバックボーンもあるからこそ、そっちに目移りをしてしまう部分もある
だからここは好みのさだよね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7236-f20b8ea0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT