PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ULTRAMANアニメ化決定!!


ってことで、
メタルヒーローとか思い浮かべる人も多いかもしれないけど、こういうウルトラマンも新しい時代、別の視点から、敢えて、スーツと言う形でウルトラマンを描く意欲作。
私自身が、今、一番楽しみにしている漫画として出ているわけで。
ラインバレルが、そんな好きではなかった分、これは不安だったんだけど……
正直、凄い面白作品として僕の中では刻まれているんですよね。
まぁ、何故、これが魅力的なのか。
って思う人もいるだろうからこそ、私なりに思うウルトラマンのですね。
この新しい漫画「ULTRAMAN」の魅力をですね。
語らせていただきました。
これを読んで見事に「ULTRAMAN」に惹かれて、単行本を買って、アニメを見て頂ければ!
とか、思う訳です。
「ULTRAMAN」って、仮面ライダーじゃねーか、アイアンマンじゃねーか、とか言われているけど敢えて人類が作ったスーツをウルトラマンにすると言うことで作中における初代ウルトラマンの偉大さ、その遺伝子を持った人間の苦悩が等身大に描かれていることに比重が置かれてるし差別化は出来てると思う。
所謂、人類の浅知恵で作り出した紛い物から如何に本物のウルトラマンになろうとするか、そういう部分が個人的に大好きだしで、そういう部分はウルトラマンでしかできないウルトラマンの遺伝子を継いだ新たなウルトラマン像と言うのを自分としては確立していると思うのは自分だけなんだろうなって思う。
ウルトラマンだからこそできる、ウルトラマンの遺伝子を受け継いだ新たなヒーロー、等身大のウルトラマンの物語が出来る。これは、そういう部分を上手く活かしていると思うんですよね。
どこまでも初代ウルトラマンをリスペクトしているのが強いんですよ。
そういう意味で、この漫画は凄い大好きです。
ウルトラマンって作品だからこそ出来る新たな等身大ヒーロー像と言う部分を含めてかなりウルトラマンと言う作品をリスペクトした作品だと自分の中では思う訳ですよ。
だから、単なるメタルヒーローや、ライダーや、アイアンマンのコピーじゃねーか。だけで片付けることの勿体なさはあるよね。
初代ウルトラマンが出現した世界において人がウルトラマンをモチーフにしたスーツを纏うことによってウルトラマンの真似事をして周りからとやかく言われるずって、ジードと似てるのも面白い処だよね。
歴史が廃れながらもウルトラマンと言う存在が人の中では遺伝子的に神格化されてる部分も好き。
特撮ヒーローでしか描けない部分と巨大ヒーローだからこそ描かれる両方の構図を上手く作中に取り入れているところが面白い処で、そこが登場人物達の苦悩にも繋がっているのが面白い処でもある。
更に、時折見せる実相寺演出のようなかっとは見ていて思わずにやってなったりもするのが楽しい訳です。
そして「ULTRAMAN」で描かれる主人公である苦悩こそ日本のヒーローにおけるドラマの集約にも繋がっていると思う。巨大ヒーローが活躍した世界で等身大ヒーローが活躍することで全く新しい苦悩を描いたこそライダーや、そういう世界に見えつつも内部ドラマは脱ライダー等に見事に成功してるのが凄いことだと思いますよ。
初代ウルトラマンと言う下地を上手く活かしているドラマがちゃんと成功しているというのが良いよね。
それの象徴が刑事である遠藤庸介と井出の会話の中に全て集約されているのが良いんですよ。
「ウルトラマンならいるよ?」
と、言う井出の台詞の前後の遠藤の台詞はドラマや世界観の象徴そのもの。
そういう訳です。
まぁ、こんな感じで、見て頂ければ。
DPoWUKTVAAEklfF.jpg
ウルトラマンオーブの石黒英雄さんも推奨!!と、言うことで読んで頂ければ。
楽しめると思います。

| ウルトラマン | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そろそろバルタン星人が見たいので……
初代マンの背景世界ならバルタンを出して欲しいです
……初代から離れますが、アニメならメカバルタンが栄えそうな
……実写では難しそうなベムズンなどの怪獣戦艦も見てみたいです
……メタルヒーロー的なスーツを地球人が着込むタイプのウルトラマン……アンドロメロスのメテオール……

| 毒穴子四太夫 | 2017/12/02 03:43 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

バルタンのような宇宙人は出てきます。
そういえば、確かに最近、新種とか、そういうの出てませんしね。色々と事情はありそうです。
メカバルタンは出てきてませんね。出てくるにしても大きくアレンジはされてますけどね。
怪獣戦艦は出てこないですが、キングジョーは出てきます。
結構、面白いのでぜひー

| 月 | 2017/12/02 13:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7233-c78f67e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT