PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンジード』 第15話「戦いの子」

2017y10m14d_092126691.jpg2017y10m14d_092123612.jpg
ある者は復興の為に、ある者は生きるために。
って、そういう感じですね。
そこにある、志と言うのは非常に虚しいもので終わりを告げると思うと、やっぱ侵略や己の種族の事だけを考えた破壊って言うのは下品なことであるのかが、良く解りますね。かつての、ウルトラマンXでグルマン博士が口にしていたことですが。
同じ種族でも思考が違えば戦争は起きる。
これが、人間の歴史で、争いの原点でもある。
今回のシャドー星人のことは、そういう意味にもなるのだろうと、そういうことを思いますわね。
に、しても、ゼガンを破棄しなかった理由は、是長、自分の命を賭けてでもウルトラマンベリアルと戦うという意思があったんだろうなーって、そんなことを思いますね。
2017y10m14d_091436185.jpg
ゼナは、シャドー星が、ああなったからこそ、達観したような意見を持つようになったとか、そういうことを思ったりしていますし、ああした達観した世界の中で侵略の愚かさや、破壊の無意味さに気付いたのだろうとか、まさに、死を前にした財前五郎のような、そう言う気持ちですよね。
更に、モアがAIPに入った理由も描かれましたね。ああいう、ある意味、自分に無い人の光と言うものを見たからこそ、最終的に自分が必要。
AIPにおける、モアと言う存在は、予想以上に安らぎなのかもしれません。
そう、思ったのでしょうね。
まぁ、流石に、これは考えすぎかもしれませんが。
しかし、思えば、モアの存在があったからこそ、あの明るさ、闇を感じさせない天真爛漫さがあったから、今のリクを作り上げたと思うと、それはとても喜ばしいことであり、絶対に欠かせない存在。
そういう部分が見えてきますね。
そういう明るさだからこそ、本来は、その気があったかもしれない、ゼナも光に触れることで変わっていったのでしょうと、そういうことを思ったりします。
2017y10m14d_092148967.jpg2017y10m14d_091745952.jpg
さて、まぁ、それより、あれですよ。
ここで、箸休め回は、ある意味、終わったような感じがします。
問題は、次回です。
とうとう、ベリアルがやってきますね。
ただ、ベリアルも新形態があるとのことなので、それが、どういう状態になるのかが解りません。
やっと、見たかった部分が、こうして見れるような感じがしますね。
ここからが本番ですよ。
ここからが、あの、ウルトラマンジード、朝倉リクの本当の物語と呼べる場所にあるのかもしれません。
この、ベリアルと言う存在、まぁ、長い。
どれほど、これから、動き出すのか。
また、ゼロもね。
そして、噂の……
ロイヤルメガマスターも登場ということで、どうなるんだろ。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7187-d4a84fb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT