PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アクションヒロインチアフルーツSTAGE12「情熱☆フルーツ」


誰が仕組むのか、誰が望むのか
満ちる物が満ち、たわむ物がたわむ
ためられたエネルギーが出口を求めて沸騰する
欲望と野心、策謀と疑惑、誇りと意地
舞台が整い役者が揃えば、暴走が始まる
そして、先頭を走るのは、いつもあいつ

2017y09m29d_193512594.jpg2017y09m29d_193519534.jpg
結論から言って、泣いちゃいました。
プリンセスプリンシパルも泣いちゃうしで、今期の百合アニメは泣かせに来ますね……ただ、涙腺が弱くなってしまっただけなのかもしれませんが。
皆が皆、助け合うという、この構図です。
杏がさ。
2017y09m29d_190116144.jpg
良い感じに狂言回しとして存在して、彼女は、御前様を含む、そっと心に触れながら助けるというヒーローという役割を与えられた明るさだから、彼女は特有の回が無いんだよね。それでも、目立つのは彼女の特撮への愛に近いし、それが狂言回し的な彼女の与えられた役割と橘のかもです。
積み重ねだねー……1話からの各キャラクターの設定やら、そういう部分が上手く描かれてきたからこその最終回の感動だよ。チアフルーツも、プリンセスプリンシパルも。
御前様は不運だけど、その分、皆に助けられて、皆を助けてきたんだよね。思えば、最初に、あんみかがやらかしたときも、きっかけは違えど、常にリードしてきたのは御前様で、でも、御前様は、それを自分が不運だからだと思っている。でも、それは違うんだよ。
御前様の中にある人間性や心意気に、登場人物全員がほれたからこそ、あの奇跡が、私の中で涙として生まれたのです。だからこそ、青山姉妹の勇気ちゃんだって、改めて勇気を振り絞って・…・って、感じで、これは9人全員が主役の物語なのですよ。
そう、全員が全員を助け合っている全員が主役のドラマ。
だからこそ、こういう学生時代の青春がまぶしく見える。
良い感じに、全員が助け合ってるんだよねー。
そういう中で、生まれる百合ドラマって言うのは非常に尊いというのは、まぁ、このブログに来る人は言うまでもなく解っていることだろうとは思います。
そうなんですよ。
百合+αの要素って、ここまで感動できるんですよね。
だからこそ、積み重ねがあって、皆、御前様に助けられて、助け合い、作り上げる。まさに、このチアフルーツそのものの世界じゃないですか。
みんなで助け合い、協力して作り上げて、そして愛し合いながら頑張って作り上げるヒロインショー。
この世界における百合演出は全て、この世界のヒナネクターの根幹に関わっているんだと思うと、実に心にグッとくるものがあるんだわね。
視聴者から見れば小さい悩みでも、彼女たちにとっては大きな悩みで、それを全員で悩み、そして、助けられて最終的に自分で答えを出す。
思えば、全てが、この展開であり、積み重ねが全てのメンバーが御前様を助けて、彼女は吹っ切れたのだと思うと泣けるなー。いや、マジで。
あぁ、良い百合アニメに出会えるって、本当に良い……
2017y09m29d_192023776.jpg2017y09m29d_192203410.jpg2017y09m29d_192605841.jpg
みさ路子ぉー……泣いたー

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/09/30 21:11 | |

ichii さんへ(追記有り)

いやぁ、此方も謝らなければなりません。
私も、SSの方が二つほど終わってません……物語上は一応、完結はしたのですが……問題は、後二つという。
私も私なので、そこはお互い様という形で、そもそも、私が巻き込んでしまった形なので、そこはお気になさらずに。
ただ、気になったのは、千歌音のレナの目は、もうちょい細い釣り目でクールな方が原作に近い雰囲気かな。って思いました。
参考資料に画像をどうぞ。姫子とユイは二重で、少し垂れてて良いと思いました。
https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/c/i/v/civer/2016y11m18d_085922214.jpg
https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/c/i/v/civer/2013y04m22d_203349504.jpg

構成としては……予想以上に気に入ってしまったので。
下着風も良いです。
巫女風も良いです。
全部、良いですし、全部みたいです!(我儘。
姫子と千歌音が母親っぽいというか、艶っぽく見えるのが、また良いです。
この際、巫女風でも下着風でも、何でも見たいという状況になるほど、もう一発で気に入ってしまいましたので、凄い、何でもお気に入りな感じになってますねw
あー、でも、ちょっと、この下着風の完成品も見たいです!w
せめてポーズでわがままを言うなら、レナはもうちょいユイ寄りで、千歌音は自分の義理の娘であるユイを優しく抱きしめるスタイルが良いかな!って思いました。
ただ、も、もう、ichiiさんの勢いにお任せして、どうなるのか物凄く見たいです!!w
今、SSは真面目な話、戦いを終えた状態から少し昔の話の書いている状態でして、それからイチャイチャメインの話になります。このイラストの構造でイチャイチャ編の構図が見事に決まりました。
もう、楽しみにしてますし、ほんとうにありがとうございます!

いや、本当にありがとうございました!

| 月 | 2017/10/01 01:47 | URL |

想いはアドリブに乗せて

アドリブ禁止令がまさか、こんな形でひっくり返るとは。
もう脚本が上手いというか何というか、そういった技術論を飛び越えて物語に入り込んで観てしまいました。
素直にハラハラドキドキしましたし、感動してしまった…
これ以上ないレベルの大団円に涙、涙であります。
もし円盤の最終巻で新規に後日談的な13話が収録されていれば、その話も観てみたいですね。

| kwai | 2017/10/06 23:09 | URL |

kwai さんへ

荒川さんの巧みな技術が、この作品には練り込まれているような感じですよね。ただの特撮パロディに収まることなく、ここで全てにおいてオリジナルで勝負した流れも強かったです。
見事な、これまでの積み重ねの構成が本当に涙を誘いますよね。
一話から、この最終回までの展開と、ただの作品で終わることのない、この流れが強いです。
私も後日談があったら、確かに欲しいですね。
そもそも二期が欲しいかもです。

| 月 | 2017/10/07 00:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7168-49fd325e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT