PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プリンセス・プリンシパル第7話「case16 Loudly Laundry」

1502601046_1_1_449f938ea7760a83c00ba8fc9d0ff3c6.jpg
イギリスにある、下級平民のなんとやらですか。
あの、チンピラ貴族、前回のケース18にも出てきたなーとか、そういうことを思いながら見てた。まぁ、今回は、この時代によく出ていたという、怪人だそうですね。
アレとか、あれとか、色々と、この時代の怪人というのは思い浮かぶものです。
毒ガスジャック、そして、古い萎びたクリーニング工場で働く少女たちの物語。彼女たちはスパイだからこそ、その向こうにある道を気にしない。
ってか、毒ガスジャック事件自体、今回は、あれだったな。
それが物語のファクターで、今回は、ただ、エンディングのような少女たちの日常がいつものなんとやらーって、そういう感じがしますわね。
そういう意味では全開が、あれだったからこその息抜きの話ってのがあるのかも。
そういうことを思い出した。
でも、なんか、見ていて楽しかったです。
また、こういう話を見たいです。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7130-e0b526ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT