PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンジード』第7話「サクリファイス」

2017y08m19d_092100615.jpg
ギャラクトロンは、道やら、強豪怪獣として描かれるようだ。これは凄い嬉しいこと。近年のハイパーゼットンとか、色々とみてると厄介な分、こうして、ギャラ区とロンが強力な怪獣として再登場するのはやっぱり楽しいし嬉しい。
さて、今回のギャラクトロンは使役される怪獣と言う形で使われるわけですが。
それは、それで―って思ったり。
ギャラクトロンの製作者とか出てくるんじゃないかなー?って、ちょっと、楽しみにしてた自分がいたりします。そういう部分は、惜しいなーって思ったりしましたね。
2017y08m19d_091936552.jpg
後、ロイヤルメガマスターなる最強形態が出るようですが、あれ、ちょっと、自分的に残念だったwやっぱり、ソリッドバーニングやプリミティヴがかっこいいからね。
そういう部分が残念と言うかね。
そういう感じがするんですよ。
いやはや、まぁ、でも、どういうパワーアップ回が出てくるか、それが楽しみです。ベリアルのパワーアップ形態も出るようですしね。
2017y08m19d_091405648.jpg2017y08m19d_090917212.jpg2017y08m19d_091652536.jpg2017y08m19d_092410800.jpg
さて、ゼロはゾーラで、炎の盗賊団やら鏡の勇者やら、なにやら、ゼロをリアタイでおったり、ゼロクロで新たに、追いかけたりと、そういう部分において、ゼロは色々とあれだしね。全てにおいて、ベリアルが主役の小説が出ている世界。ゼロの戦いと言うよりも、ゼロとベリアルの戦いなんだけどね。
さらに、ゼロがバグであるのか、それとも、リクは、それに対して、あくまでもリクは主役であり、レイトとゼロはバグってことなのかな。
ベリアルのこととなると放っておけなくなるゼロの性格と、そして、この場において大勢の人たちを人質に取り、全てを利用してゼロ抹殺の為のシナリオ通りに動かすケイの狡猾な策略と言うのは背筋が凍る程、恐ろしい物でありつつ、それが悪役としてのカッコよさを際立てている凄さ。
ある種、殺気立ってて冷静でいられなくなるゼロことレイトを家族ごと公演に誘い、ケイの小説のファンたち、さらには家族まで人質を取るという、所謂、悪と言うのは姑息でありつつ、その姑息さをいかにかっこよく演出するかで悪の凶暴さが決まると思うわけで。そういう部分が見事。
ライザーを使ったとしても、認知されていない、この世界では単なる演出として映るだろうし、更に避難するように指示しているケイの姿をカメラに撮影させて、この場でゼロに変身させず、この地球の人間全てを自分の味方にするという、この悪としての狡猾な演技も含めて素晴らしい。
このジードの地球において、ケイが悪役に見える要素が一切、映っていないというのが、またケイの狡猾さに拍車をかけていることの恐ろしさ。
ある程度の真相を掴んでいる視聴者は、その狡猾さに震え、リクたちは恐怖の象徴として映り、世間は正義のカリスマ小説家として映る。
ゼロ抹殺の為に狡猾さと言うのを恐ろしく前に出すスタイルの強さ。
ケイを演じる渡部邦斗 の狂気が入り混じった演技が本当に今回は素晴らしくて、そこのくだりで殆どが物語に引き込まれてしまった。
役者の演技って凄いわ。
そして、作品スタッフ全員に拍手を送りたい。
2017y08m19d_090951518.jpg2017y08m19d_092444226.jpg
また、序盤のコミカルさも良いですね。ああいうのを入れることで後半の恐ろしさが際立ってくるのも良いんですよ。そのコミカルさを入れることで壊れていく世界感を演出して、視聴者は、あたかもウルトラマンジードのせかいにいるような錯覚を与える。
グレートですよ。
ついでに、新しく作られた武器が通用しないという、販促回が、そうそう簡単にどうにかなると思うなよ?っていう、そういう部分を感じる。
2017y08m19d_092429402.jpg
さて、次回はゼロのパワーアップ回が始まる。
どうなるかな。
楽しみだ。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分はゼロのシリーズをリアルタイムで追ってきた訳ではありませんが……
ミラーナイト達の物語が無かったことになっていないようで、安心しました
ゼロが彼等と一緒にいないのは……と思ってましたし……
ゼロの強化も有るようで嬉しいです
この辺、昭和なら噛ませに終わるところでしょうから、今の流れが本当にありがたいです
リクはもう少し疑いを持った方が良いでしょうね
ゼロを敵(悪役?)として小説を書いている異星人が善良なわけが……

| 毒穴子四太夫 | 2017/08/20 01:16 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

リクはゼロを含めてベリアルのことをよく知らないですし、真相を知るまでは、単なるSF小説だと思っている部分もあったので、疑いを持つと言う部分は、まだ相手のことを知らなさすぎることが仕方のないことだと思います。ゼロだって、リクの父親であるベリアルが何をしてきたかを話せば、流石にどうなるか解ったものではないですし。
言われても、それ以上に信じることが出来ない部分もあると思います。
そんな感じで、ゼロの強化形態が出てきます。
確かに、昭和なら噛ませに終わっていたところかも……

| 月 | 2017/08/20 08:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7128-c62c480a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT