PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンジード』第4話「星人を追う仕事」

2017y07m29d_090922737.jpg
さて、まぁ、ジードの意味、それを授けた人に関しては、第一話くらいに乗せたけど、その正体が、このモア姉ちゃんですね。なんで、親はもあって名前を付けたんやろ(つ=ω=)つ
って思いながらも、彼女とドンシャインが今のリクに良い感じに精神面での成長を促したようだ。
そんな感じで、今日はエレキングが登場と言うことでね。
一週間の楽しみの一つ感が凄いですわ。
弟が、ウルトラマンジード を見て言う。
「なんで、リクはガイさんみたいに『お借りします。』って言わないのさ。」
ウルトラマンオーブ からウルトラマンファンに復帰した弟からすると、相当、ガイさんの歴代戦士に対するリスペクトの精神が弟にとっては良い影響を与えたのかな?
とか、思いつつ、色々と考えるのが楽しい作品ってのはいいですね。ウルトラマンジードは、そういう感じで一番楽しいです。
2017y07m29d_091653297.jpg2017y07m29d_091527112.jpg2017y07m29d_091720736.jpg2017y07m29d_092047774.jpg
今更だけど、ウルトラマンジード に対してネガティブな記事を作中内で出さない理由って、やっぱネット上とかになると言葉汚く罵倒するだろし、もしかしたら、ジードをヒーローとして見てる、そういう部分を見て不快感を抱く視聴者の子供たちに対する配慮なのかな?とか、そういうことを思いますし。
怪獣が出て街を破壊しようが仕事はちゃんとしなければいけないレイトさんを見てると、現実だと、流石に……とは思うけど、でも現実でいろいろな災害情報の中で出勤しないといけないとか、そういうのを見てると現実に怪獣が出ても欠勤は許されないんだろうなーとか、そういう感じで。
リトルスターと言うのは、そういう博愛の精神に満ちた存在に宿る力なのではなかろうか。
思えば、純粋な子供達や、地球を愛する少女や、そして今回のように自分を殺しに来たとはいえエレキングに対して深い愛情を抱いたピット星人と言い。
また覆るのかもしれないけどね。
また、何かしらの組織があることも一つ憶測であるとはいえ開示されましたわね。
何かしらあると同時に、これから、それが全面的に出てくるのだろうとは思うんだけど。
しかし、この謎を小出しにして考えるのは楽しいんだけど、ちと、じれったくなるような、この贅沢感。
しかし、ピット星人が殺しに来たとはいえ、エレキングに対して愛情を抱いていたシーンは、良いねー。やっぱり、どういう宇宙人であろうとも、愛着がわいてしまうものなんだなーと、こうして見ていると思いますよ。
それでも、どうにもならないから、せめて、楽にしてあげてほしいと涙を呑んでジードに介錯を委ねると。星人の顔の裏では泣いてるんだろうね。こういうの泣かせるなー。
リトルスターと言うのは、そういう博愛の精神に満ちた存在に宿る力なのではなかろうか。
思えば、純粋な子供達や、地球を愛する少女や、そして今回のように自分を殺したとはいえエレキングに対して深い愛情を抱いたピット星人と言い。
また覆るのかもしれないけどね。
2017y07m29d_092209439.jpg
ピット星人が殺しに来たとはいえエレキングに対して愛情を抱いていたシーンは良いねー。やっぱ宇宙人であろうとも愛着がわいてしまうものなんだなー
リトルスターを持った存在は様々なドラマがあるのが良いね。
一人は地球を愛してしまった侵略宇宙人。
一人は、#ウルトラマンジード をヒーローとして応援する少年。
一人は怪獣信仰のトラウマとして物語の導入として。
彼らがいることで物語を動かすうえで必要な存在として機能してるのが良い。
それでも、どうにもならないから楽にしてあげてほしいと涙を呑んで、#ウルトラマンジード に介錯を委ねると。星人の顔の裏では泣いてるんだろうね。
また、何かしらの組織があることも一つ憶測であるとはいえ開示されましたわね。
何かしらあると同時に、これから、それが全面的に出てくるのだろうとは思うんだけど。
しかし、この謎を小出しにして考えるのは楽しいんだけど、ちと、じれったくなるような、この贅沢感。まぁ、世界観を出すのは良いんですけどね。
この地球から語られる宇宙人の現状。
個人的にリトルスターは誰かが裏で動いている、操作しているとか、そういう部分では無いとは思うんですがー。
ただ、ここにきて、リトルスターが活発に動いているのは個人的にはですよ?
ウルトラマンキング復活の前兆だろう何だろうなーとか、そういうことを考えたりします。
ニコニコ生命保険の中枢が宇宙人の管理組織というかそういうものとして集まってるんだろうねー。
ウルトラマンキングと融合した分、様々な宇宙人が入り込んで存在しているのかどうなのか。
世間は色々と謎が多いまま、また今日も終わる。
さて。
2017y07m29d_091220748.jpg
心が一欠けらが置いてある。
ウルトラマンベリアルという存在の可能性を知っているからこそ意味深な台詞。
片や一般人からすれば想像力豊かなSF作家の言葉として見られるのが関の山。
ベリアルの心の一部はどういう事なんやろ。キングがベリアルの一部を封印したのかねー?
ケイの言っていた心の一欠けらって、まさか、リクの持ってるベリアルのカプセルのことなのでは?
#ウルトラマンジード 、リクに己の力を与えることによって、こうしてリクの成長を後の野望か何かの為に見守り、そしてこれを通してリクの行動や何もかもを見通していた。
とか、そういうのありそう。
とはいえ、宇宙の彼方とか、神とか色々と語ってるから、そういうのは無さそうだけど。心の一欠けらがベリアルのカプセルってのは無いだろうけど。
でも、ベリアルのカプセルが何かしら、ケイとリクを繋ぐ接点であるという線は、個人的には……捨てきれないんですよね。
でも、この言動からベリアルかもしれないし、そうでもないかもしれないという疑問の坩堝に入り込んでくるんだと思うと、ますます、どういうことなのか気になって仕方ないんよなー。
はたまた、噂に出ているあいつなのか、それとも、あれなのか。
謎の坩堝は広がり深まるばかり
2017y07m29d_092551537.jpg2017y07m29d_092358091.jpg2017y07m29d_092435772.jpg
そして気になる、この二人の正式なファーストコンタクトなんだけど。
まだ、ちゃんと語られるのは少ないようだわな。
改めて、この二人がちゃんと語り合う日がきたとき、それが個人的にはリクの物語の転換点になるのは言うまでもないだろうと思いますわな。
何を語るのかな。
ベリアルの宿敵、真実を知っている存在、家庭を持つ存在、ジードを見極めると決めた存在、それは導く存在へと変わっても行くのだろう。
ゼロのこの作品の中で与えられた役割は初登場の時から続く因縁から延々と引きずっているものであると同時に新たに与えられた使命でもある。
ゆっくりと、でも、確実に動いている物語の歯車。
スカルゴモラが出現したことから始まり、リクが、#ウルトラマンジード として動いてリトルスターが徐々に活性化する。
ゼロも、この世界にやってくるわで。
このネタというか、要素の小出し感が見ていてじれったいし、楽しみになるのは良い作品。
2017y07m29d_092139676.jpg2017y07m29d_092146477.jpg2017y07m29d_092201235.jpg2017y07m29d_092234475.jpg2017y07m29d_092237863.jpg
んで、今回の戦闘シーンの見どころは、やっぱり、このソリッドバーニングの降臨シーンだと思うわけですよ。
太陽を背に光を浴びて装甲が蠢き噴射口から蒸気が出るという、このありそうでなかったというか、これがソリッドバーニングの魅力よなー。って、なんか、勝手に思ったw
ソリッドバーニングのシーンだけで、何度も何度も見ちゃう。あの装甲がわちゃわちゃ動くシーンとかさー、ブーストスラッガーパンチとかかっこよすぎだし。
何て言うか、良いよなー。こういうギミックが良いんだよね。ギミックがかっこいいデザインとして反映されてるの。
もうヤバい。
もうソリッドバーニング、かっこよすぎて。
2017y07m29d_092040332.jpg
ついでに、花が伏線として良い感じにエレキングを倒す手段として使われたこと以上に、ソリッドバーニングがかっこよすぎてあかん。
ウルトラマンとロボットの中間的な部分が良い感じに近未来の鎧として作用してる。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ピット星人がエレキングの幼体を抱いている……育てていた頃の思い出の記憶……じんわりと来ました
年甲斐も無く、ほんのり涙が……
こう言う描写に弱いです
金曜放送のドラえもん……ぞうとおじさんに続いて土曜も年甲斐も無く泣いてしまう……
エレキングの電撃の尻尾の迫力も良かったです
そして次回のアーストロンも嬉しいです
エレキングにアーストロンと好きな怪獣が連続で
ザザーンも出てくれたら嬉しいですがそれは無いでしょうね……
>>恐竜戦車
確かにそろそろ見てみたい怪獣ですね
ウルトラゾーンの再放送最近までやっていましたが……恐竜なのか怪獣なのかと言うネタが面白かったです
……モアのアニメ的な演出はどうにも好ましく思えません……ヒロインは今回のピット星人と入れ替わって……

| 毒穴子四太夫 | 2017/07/30 00:29 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

こういうのは弱いですよねー。
どことなく、ガンQの涙とか、ああいうものに通じるものがあります。
下手な戦争アニメや、お涙頂戴アニメよりも手法が上手いですわ。
全体的に歴代の戦士や作品をリスペクトしてる強さですわな。
モアに関しては、おおむね同意ですねー。ついでに、ラムネが勿体ない。もうちょい、そういうアニメ的な部分を抑えてくれればいいキャラになるとは思うんですがー。
恐竜戦車は田口監督も出したい。って言ってましたし、是非ともやってほしいです。

| 月 | 2017/07/30 11:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7107-0f2665e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT