PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レズの夜~女がオンナに欲情する日~

aukg00375pl.jpg
収録時間: 122分 (HD版:122分)
出演者: 円城ひとみ 本真ゆり 風間ゆみ 今藤霧子 藤本梨花 成澤ひなみ 白河里奈 水元恵梨香
メーカー: U&K
レーベル: U&K

眠れない夜がある…それぞれに抱えた嫉妬や情欲、独占欲…心の奥底に眠る女達の情念は、遂に歯止めの効かぬ程になり、遂には行動を伴ってそれを成就させる…4つのシチュエーションからなる「愛するが故」のレズビアン達の暴走…しかし、それは暴力ではない、ただ確実に非日常なのだ…。
キスをし手服を脱がして愛撫しながらレズセックスってエロイな。
教師と生徒の関係から始まり、浮気を疑いながらも、そんなことは無い敵な、そういう短い時間の間に単純なドラマを描いてレズセックスにつないでいくような、オムニバスの官能小説を映画化して見ているような、そういう気分になれますね。でも、日常ドラマはダイコン演技が伝わってくるけど、レズセックス演技になると、それまでの大根ぶりが嘘のように。
映画っていうより、映像化ですね。愛しているからこそ、なんとやらですわ。嫉妬に狂って愛する人を疑い、愛憎から人をレズレイプする。羨望から混ざり合いそして、愛し合う関係、お見合いを出されて、もっと絆を深めるべく。愛ゆえに。って部分から始まる、短編百合漫画って言うか、そういうスタイルですよね。オムニバスって、そういう感じ。
そうして、やっぱり、与えられる快楽に溺れていくのは良いんだけど、でも、それ以上に問題としては台詞が声が小さくて聞き取りにくい部分が、自分の環境の問題なんだろうけど、そういうのが大きい気がする。
愛憎的な部分が大きい気がする。
でも、そういう部分で、脚本が意外と、それでちゃんとまとまってるから面白い……w
レズ夜這いを仕掛けたりするしね。誰にも渡したくないからこそーみたいな、そういう部分。
個人的に二本目のドラマが面白かった。四番目が二番目に面白かったんだけど片方が演技下手過ぎて萎えた(・ω・)設定的には美味しかったんだけどね。でも、レズセックスをして快楽づけにしてから、お見合いを無しにしようという部分も良かったですけどねー。1本目が三番目かなー。三本目は、特に、そこに何かある訳じゃなかった(・ω・)
二番目をね。紹介しようかなと。
家庭があるから片方が関係を終わらせようとするんだけど、愛憎に狂った、もう片方が襲うわけですよ。そこで、徐々に関係を終わらせようとし片方の人妻サイドがレズセックスに徐々に溺れて襲ってきた方を改めて襲い返すのよ。スマホで脅迫とか、そういうことをしていたのに、され帰される展開とか個人的に好き。
徐々に徐々に、付き合っていた時のレズセックスの快感を思い出して楽しんでしまうというね。結局、相手に与えられた快楽の方が、家庭よりも上の素晴らしさを与えてしまうというレズの坩堝に既にハマっていたのよ。
「ちょろいちょろい。こうなるの解ってたもんねー」
この台詞から、そういう部分が散見される。
結局のところ、家庭を持とうとも、この快楽を知ってしまえば、こっちに溺れる。
それが手に取るように解るからこそ、今回、あえてこうしたような、そういう部分がハマるねー。
これが、一番脚本が上手いと思った。
そこまで、想定して敢えて受けに転じたようなスタイルとかね。
既に、はまった時点でアウトなのよ。
「貴女は永遠に私の物。」意気揚々と襲い返した人妻を目線で追いかけ、見つめる、その視線は、そう告げているようでそこが面白かった。人の狡猾さが出ているのが非常に良かったね。

意外としっかりしてるのでお勧めです。

| レズAVレビュー | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7051-34799ff1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT