PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フレームアームズ・ガール 第02話「飛べないスティ子はスティ子でいいのかな?/お掃除するぞ」

2017y04m11d_080626014.jpg
これ人間同士だったら舌がうねうね絡み合って、互いに蕩ける顔になって、さらには唇を離した瞬間には糸を引いて、そのままレズセックスに行くパターンの百合キスだよね。
このシーンを担当した人の解ってる感が個人的に凄い光を感じて仕方ない。担当はごうスティ派かしら?
何故、轟雷はショック療法と称して、この手段に出たのかというのを考えてみる。
159.jpg
あおさんの買ってる漫画か、本棚の中には、あさぎ龍先生辺りが描いたような百合漫画が入ってて轟雷は感情を学ぶために、それを読んでいる説。
そしてスティレットは恋に落ちたと(・ω・)
あおさん、可愛い顔して轟雷に何てサディスティックなプレイをしているのか。(・ω・)
これ、あおさん、天然S系の甘えん坊タイプのレズだと私は思います(・ω・)
属性、多いな!あおさん!!
2017y04m11d_080614017.jpg2017y04m11d_080716894.jpg2017y04m11d_080719330.jpg2017y04m11d_080739124.jpg
そんな、あおさんから、轟雷はどういう風になっていくのか楽しみ。
あおさん、百合漫画愛読説+レズビアン説を推奨したい(・ω・)
轟雷の唇を見て全身を赤く染めるスティ子…これは恋ですわ。強引な手段から始まる女同士の愛の物語というのを久しぶりに見たような感じがしますわ。
一方的にスティ子が、これから轟雷に対して強い愛情を見せる展開に(・ω・)
でも轟雷はあおが大好き三角関係(・ω・)
某アイドルの楽曲を思い出す。
まさに「Kissから始まるミステリー」
それが、まだ恋だと知らないスティレットの恋愛物語である(・ω・)
でも、轟雷には、あおがいるから、この恋の行方はどうなるか解らないから、今後、どろどろになりそうな、そういう予感。
思えばアニメ版の前日談でもある漫画版のスティレットも轟雷に対して、この反応だし、思えばアニメ版のスティレットと轟雷のキスは約束された出来事だったように思える。
轟雷の、あおの百合漫画から学んだ手段の結果がスティレットは嫉妬と恋という感情を知る切っ掛けに…
んでー、轟雷が、あおさんの本棚から勝手に持ち出して読んで勉強しているであろう百合本を勝手に予測してみる(・ω・)
轟雷さん、まじめだから、これらの百合本から様々な知識を得て、そして勉強をしていると思われ。だからこそスティ子とのキスもスムーズにいったのだ(・ω・)
2017y04m11d_080945715.jpg2017y04m11d_080947167.jpg2017y04m11d_080950724.jpg2017y04m11d_080955729.jpg2017y04m11d_081000147.jpg
この後、轟雷が、あおさんに夜這いを仕掛けるのも遅すぎることはないと思われ。
このキスは轟雷にとって、今回のスティレットに対するキスは、いずれ、あおと行うための予行練習であると言えるのです。
轟雷自体は、あおが大好きな、そこに対する愛情は深い存在だしなー。
ごうあおレズセックス待ったなしだ!(・ω・)
小っちゃい身体で、あおを巧みに攻める轟雷も個人的には見てみたい気分ではあるけど、会社の方から等身大サイズの身体が送られてきてー、そのまま、人間サイズの、ごうあおレズセックスも個人的に見たい感じがしますね!

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まさかここまでやってくれるとは思いませんでした
充電器の充電くんまでプラモが出るので面白いです
八月発売でして、一応予約完了しました
充電をレズプレイにする発想も面白いです
多分あおは百合本を持っていて轟雷はそれを読んだのでしょうね
>>会社の方から等身大
12/1轟雷の発売も企画されているので販促アニメの側面もあるアニメ版フレームアームズガールですから、等身大轟雷が登場するかも知れませんね

| 毒穴子四太夫 | 2017/04/12 00:24 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

誰だって、ここまでやるとは思えぬなんとやら。
ただただ、ありがたみを受け入れるだけですわ。
充電君まで出るとか、どれだけ期待をー……されているのかー、BDが高いのでいろいろと思うところがー。
あおは、百合本持ってる説は正しい気がしますー。
あー、1/1、マジっすかー。
楽しみですわー。

| 月 | 2017/04/12 19:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7007-8d54fe2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT