PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

百合ラブスレイブ わたしだけの委員長

71tqfx6vDtL.jpg
委員長の怜那が百合に興味を持っていると知った真桜。
秘密を守る代わりに、興味本位で百合Hを体験してみるとその快感は衝撃的!
以降も嫌がる素振りを見せる怜那に関係を迫り身体を重ねると、
遊びだったはずなのに、真桜の方が気持ちよさを忘れられなくて!

個人的に二次元ドリーム文庫の百合物件に外れ無しですわ。なんて言うか、これがあるから、今、アタシは人生をリタイアすることが出来ない。って思えるくらいには、あらおし悠先生と上田ながの先生には感謝しても感謝しきれない、そういう感じになってきているような気がする。
スレイブとはつくが要素は少なめ。表紙の首輪等で主従的な物を想像すると肩透かし食らうかも。ツンデレ(?)な女の子が女の子に弱みを握られ、そこから始まるイチャラブレズセックス。
百合ラブスレイブは、ラブ要素が多めでスレイブ要素が薄めなんだよね。
堅物委員長がギャルに脅迫レズセックスされて、そのまま、いつの間にか好意が芽生えていく、そういうところは個人的に結構ツボ。
あらおし先生、巻を重ねていくごとに百合の描写が非常に素晴らしくなっていく。
そういう感じがしますね。
ただ、そう言ったように、ちょっとハードなレズセックスを期待すると、そういうスレイヴ要素が薄くなってくるから、ちょっときついと言う人もいるかもしれない。
いや、中身は素晴らしいけどね。
そういう要素を抜きにしても面白いんだけど、やっぱ、ちょっと肩透かしを食らったりするよ。
ちと、仲良くし始めてしまったことから始まる友人の仲たがい。
それが恋の始まりと走らずになんとやらです。
いやはや、マジで。
そこから始まる仲違いであろうとも、こう動画ですね。
恋は盲目という部分が出てるんですよ。
そこのせいで、色々と起こってしまうというね、また、堅物委員長も、好きでそうなったわけではないという独白の部分、そこを癒すためにーって、感じでね。ご主人様であるギャルがー良い感じにー。そこが、可愛いんですよね。二人がね。
素直になれない、古典的なツンデレの恋愛を描く。
少女漫画作品を百合にシフトしたような感じの部分が目立ちまして、そこが好きです。
そこの周りには、やっぱり、こういうギャルに恋する友達がいたりとかねー。んで、実は、そこにはーとか。
友情の拗れ、恋愛は盲目、様々な要素を交えた、この展開。
そういう恋愛ものを百合にシフトするだけで、全く新しいものに変わって良く面白さというのが良いんですよ。ただ、やっぱり、スレイブ要素が薄いのが残念だけど面白いのです。
だから、もうちょい、これから、素入れ部とか、そういう要素をやるなら、そういう要素も強く入れてほしいなーってなりますね。
いや、中身は面白かったけどね(・ω・)
いや、これはマジで。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6998-cc302fd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT