PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

百合の騎士と薔薇の姫

百合騎士

ファンタジー舞台の百合展開が登場!
仕えている姫・アスハが政略結婚を受け入れることを、
苦しい思いで見つめる近衛騎士のレイナ。
しかし2人きりになったとき、
「結婚前に普通の恋愛をしたい、相手をして」と告げられる。
最初は恋愛ごっこだったのに……
それは忠誠から相愛へと形を変える。

そういう感じで、ファンタジーだからこそうまく生きる上田ながの先生って言う感じで、この作品が凄い好きですね。上田ながの先生の百合作品の中で。
騎士と姫という、ファンタジー特有の王道さというのが見事に活かされた一本です。主従という垣根を超えて恋人ごっこから、本当に恋人同士、相思相愛になってくる。王族と従者、それを邪魔するように蔓延るような貴族の影と、そういう部分からドキドキさせる展開から、女同士は幸せに!
そして、相思相愛に!!
と、そういう感じ、これは、そういう部分の強さから、二次元ドリーム文庫らしさが欲しいとか、そういう部分は全く感じなかった一冊ですね。
忠誠から愛に変わる瞬間。
そこに行きつくための悪役の男がちょいちょい出てくるんだけど、そのちょいちょい具合が非常に二人を盛り上げてしまうという、そういうスタイル。あの、捏造トラップみたいにアホ見たいに絡んでくるわけでは無いから、そういう部分でもすごい描写的にはありがたいというところも多いのではなかろうか。ってなりますね。
テンプレ通りに悪役なんですけどねwただ、テンプレ通りで、出番が少ないから、凄い丁度良い。で、そこに女同士やら、王族と従者の差という部分に苦しみながら愛を掴み取る。
それが非常に良いのです。主役の騎士の方の親父も、最初はあれかなー?って思うんだけど、最後の最後のシーンで凄いかっこいいのもポイントですね。これ。見事に男という悪役が本人も良きシテかどうかは解らないけど、いい感じに作用したパターンであるとも思いますね。所謂、悪役的な男を、どう出すかで作品の良しあしって変わるんですよね。この作品の場合は良いですし、逆に捏造トラップのようにネチネチと絡むような感じになれば読者のヘイトを溜めかねない訳でもある訳ですよ。似たような悪役であろうとも、こういうちょいちょい感で出ればいいのかもなーってなるね。
二次元ドリーム文庫は、そういう部分が非常に上手く描いていると思います。手際が非常に絶妙な感じだよね。
コダマナオコ作品って、ああいう事をやりすぎると、正直、不快でしかないんだよね。それで、私可哀想オーラを出す独白!みたいな、ああいう部分、本当、面倒くさい女だなーって思うし、大体、エンターテイメントとしても読んでて面白くねーし。
だから、あの人の作品ってポスト青い花やポスト神無月の巫女を狙ってる節が見え見えなんだけど、この二つの作品を理解していないから、全く、男には不快感しか抱けないという、しかも、作品に対して百合としての良さを感じないという部分がデカい。だから、コダマナオコは男を出さない百合を描いていた時期があるんだけど、それが良かった思い出。
そういう悪役的な男が出てくる中で、この作品は非常に良い作品でした。
ようは塩梅の問題なんだよね。
借りにレガリアがあるとするけど、あは諸に絡んでくる悪役は出るけど、別に百合カプに対してケイイングリッドの邪魔をしたけど、こう、そういう性的な欲求は無かったわけじゃないですか。許せないし、殺すべきだけど、そこが、ある意味、こう百合カプの間に交じってーとは、違う、そういう感じ。
んで、この作品の場合は、そういう混じってーみたいな部分とか、まぁ、色々とあるんだけど、その不快感を消すためにどうするかというのが単純に出番を削り、二人の幸せな時間を描くことでカタルシスを生み出す。
そこがツボで味噌であると思うのよ。
既に、二人の少女が幸せになるというベクトルの元作られている、このレーベルの中で一番いい形に終わったような、そういう気がしますね。
最後も最後で幸せになってね。
互いの処女を捧げあうシーンとか、本当に好き。
ああいう感じで、幸せになる王族と騎士というね。
忠誠の時代背景をもとに、こういう世界を生み出すのは非常にほっこりしてよいと思いましたね。
そういう感じで、お勧めです!

| 二次元ドリーム文庫・百合物 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

捏造トラップ連載まえに掲載されていた読みきり前後編の黒猫さんの話好きだったので連載開始の報が出たときは期待したのです……が
蛍の男が非常に鬱陶しいんですよね、あれ
なぜあれをアニメ化するのか、ライト層に受けるとも思えないですし、あんなのが続き有象無象の新連載攻勢のなか、犬神さんと猫山さんを打ち切る百合姫の謎采配
この小説……タイトルだけ見れば百合豚の男と腐女子の話と勘違いしてしまいそうな
昔ファンタジー物で女性同士と思わせて最終巻にて主人公の女騎士が女性の体になっていたけれど実は男性だったと言う現在なら炎上してもおかしくない小説がありましたが、これは巻数表記無いようですし、連載続き最後の最後で男と結ばれて裏切られるような終わりにはなりそうにありませんね
タイトルは忘れましたが……あれは未だにいやな思い出です

| 毒穴子四太夫 | 2017/04/03 00:23 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

コダマナオコの百合姫で描く世界は不自由セカイを含めて、そういうものが多いです。
だから、あまり好きではないんですがー。あの、ああいう展開にしておけば重みがーみたいな。なんか、そういう安直さが好きになれないところもあります。
ライト層に受けるかどうかは、あれですが嫌いな作品です。
とりあえず、小説、そう勘違いするのはたぶん、貴女だけ。
まぁ、まずは手にとって読むことを進めます。

| 月 | 2017/04/03 22:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6995-39cb8639

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT