PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第43話「たどりついた真意」

a4f43a28c4f81f7f3c888a45fd8f51b9.jpg
バエルは少女の生贄と引き換えに様々な力を与えるという。擬似阿頼耶識と言う、今回、出てきたシステムと言い、アルミリアの最後の出番と言い、そして、マクギリスの阿頼耶識コネクタのような、あれと言い、まさか、アルミリアは……いや、まさかねぇ……
マクギリスに与えられた過去が思った以上にハードだった。男娼的な、そういう部分や、、まぁ、ある種の男としてのプライドがズタズタにされた状態から求めたのは力だったのだと思うと、それ以上に人を利用することも覚えてまで。彼等もある意味では鉄華団の子供達と同じなのかも。
彼らに興味を示した理由は、それに近い部分を感じているのかもね。それを知らないヴィダール、ガエリオからすれば……まぁ、あれなんだろうね。理解できなかった存在、そう二人は出自からして交わることの無い二人だったんだろうなーって、そういうことを思う。
ああいうことがあれば、そういう出自の人間は信用もできんって。
12eaffb52d6679e0eecf9e7178d1996d.jpgC4T-jpMUkAEzWVA-1.jpg
ヴィタール、やっぱりアインのソレを積んでいたのか……ってか、鉄華団、空気だなー……主役がマクギリスとガエリオになってる。
ついでに、バエルに乗ったマクギリスを撃つことによって、真の意味でギャラルホルンを……って、感じになるんかね。ああでもしないと、って感じなのかね。マクギリスは子供とラスタルが評したけど、大人になってしまえば、それこそ自分を凌辱した存在と同じになるという部分もあるからこそ、ああいうスタイルで行くのかもしれない。
阿頼耶識を封印した組織が、ああやっ手暴露するのは良いことなのだろうか。とか、思いながら、それすらも暴くのがマクギリスの手段であったりしそう。
ただ、阿頼耶識システムと一つになったあれとか、アインの脳を繋ぐことによってリスク鳴くフルに発揮するヴィタールのアレとか、本当に、もう凄いね……
ってか、マクギリスと言うよりも、ああいう能力を持ったヴィタールの方がラスボスに思えてくる。

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6948-320d8571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT