PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魔法つかいプリキュア!「さよなら…魔法つかい!奇跡の魔法よ、もう一度!」 「キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!!」

2017y01m22d_092037166.jpg2017y01m22d_092013095.jpg2017y01m22d_092016662.jpg
嫁の名前を呟いてから会いたい。って言ったら、みらリコ再会とか、なんていうか、もう言うまでも無く、みらリコは将来、百合妊娠するカップルなんです。っていう遠回しな二人の関係は夫婦です。っていう公式からのアンサーであるような、そういう気がした日曜の朝。
これがレズセックスの暗喩だとして、大学時代までレズセックスが出来ずに二人とも数年、一人で慰めていたのだろうと思うと、そういう意味でも涙が出てくるし、だからこそ再会の感動も凄いのだと思います。
再会した後のレズセックスは互いの情念をぶつけあうように激しいと思う。
そういう感じで、まぁ、長いことの戦いがプリキュア特有の中だるみがありながらも、なんやかんやで、最後は良かった。いや、まだ、来週があるけど。
と、言う感じでね。
ただ、やっぱ、最後の別れのシーンは、泣いちゃいますね。やっぱり、夫婦としての、みらリコを多く見てきたからこそ、今日の別れには感動があったわけです。手を繋ぎ、そして、今までセックスのメタファーですよ。
手を繋ぐというのは、この作品において。
2017y01m22d_092106127.jpg2017y01m22d_092052161.jpg2017y01m22d_092059236.jpg愛なんです。全てにおいて、愛とセックスで満たされている、そういう同性愛作品であることが良く解ると思います。
だからこそ、泣けるんですよ。ああいうレズセックスのメタファー的な部分は。
それが、よく活かされて女性同士の夫婦という部分が、強く描かれた結果、巨悪を打ち倒し、そして、ここにね。彼女たちは、一時の別れという犠牲を得て掴んで、そして、帰ってきた、その再会の人塩は強い。
あぁー……何て言うか。
レズセックスだった。


2017y01m29d_090040723.jpg
最終回が見事というほかないレベルに次回作の宣伝というか、そういうスタイルが見える、この魔法使いプリキュア。いや、マジで、そこまで、言うと、大袈裟やろ。ってなるけど、次回が、なんか、スイーツ系のプリキュアだそうなので。まぁ、そういう感じで、あれですね。
冗談として、こういう交代会は久しぶりに見ていたような、なんていうか、そういう感じですね。流石に、あの、次回作のキャラが出た時は、驚いたんですが(・ω・)
ただ、それでも幼女たちの絡みを出会った頃の、みらリコに合わせて思い出が流れるの良い。考えてみれば、ああいうシーンから、いきなり、あの心臓を鷲掴みにするし、エンドカード、最後、あれだしね。夫婦が子育てしているような、ああいう構図だし、なんていうか、最初から最後まで、みらリコが尊いという言葉しか出ないプリキュアであったような気がする。
とにかく、みらリコ尊いという言葉が常に来るプリキュアだった。これほど尊い百合カプが出てくるプリキュアは、今後、出てくるかどうか―
そういや、まゆかなって、恋人として付き合ってからずっと二人きりで登場してて、なんか、もう最終回は婚約します的な雰囲気が強かったし(・ω・)
そして、イチゴメロンパンか。
二人のなんとやら……
二人の初恋の味……
それは、みらリコの初めての出会いの物語というか、そういうものが良い感じのファクターとして動いている感じなんですよね。これ。
2017y01m29d_091917593.jpg
この二人の最初の、どこかぎこちないながらも完全に互いを意識していた構図から、この実質的な最終回の完全に夫婦ですっ!っていう構図の力強さ。
やっぱ、みらリコは出会って結婚して、事実上の百合懐妊であるハーちゃんを授かるのは運命だったのだろうと、ンなことを思う。
しかし、18歳の大学生と社会人のカップルで、娘は五歳の神に等しい存在か……なんだ?この最強の百合夫婦……強すぎだろ……

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まゆかなが大学生になってもセットで出てくるのは、確実に彼女達付き合ってますね
みんなに会いたい、リコに会いたい……から続くあれは鳥肌ものでしたね
しかし、アラモードは魔法つかいプリキュアの後で、これ以上の百合キュアを期待は出来そうに無いです
五人体制でもスマイルのれいなおは百合度もそれなりにありましたが、五人はカップル作るには多い……
姫プリは、まぁ、キラトワと言う思いがけないカップルが生まれましたし、今回も蓋を開けない限り絶対はありませんが
…個人的にはキュウレンジャーの9人体制は多すぎと不穏に感じます
スーツはここ数年では一番好きですが
ゴールドとシルバーが特に

| 毒穴子四太夫 | 2017/02/01 01:42 | URL |

まほプリ ありがとう

最早、奇跡の力で世界を救う事が話の重点ではなかった。大事なのはもう一度会いたいというお互いの願い。

もし、フツーの女の子が異世界の女の子とデキ婚カップルになってしまったら?
ある意味世界の平和よりヘビーな設定を、あくまで明るく楽しく軽やかに活写したまほプリ、尊かったです。
余談ながらまゆかなも良かった(カップル成立前はノンケ回かよ~等とクサっていた事を反省したい)

毎週日曜朝から糖度の高い百合描写をコンスタントに提供し続けた偉業には感謝の言葉しかありません。

| kwai | 2017/02/01 01:49 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

まゆかなは、二人が付き合うようになったら、もう二人セットで登場するようになりましたからね。これは、そういうことだと見て良いと思います。
みらリコを見てしまったあとでは、このアラモードの部分は微妙というか、そういう部分が難しいように感じてしまうのも無理はない気もします。5人の体制の場合、追加の子が来て6人で組み合わせることもできますが、スマイルは来ませんでしたからねー。
姫プリは王道と意外の宝庫でしたね。
キュウレンジャーは、どうなんですかね。とりあえず、ネーミングセンスをどうにかしてほしい部分が最近の戦隊は多いです。

| 月 | 2017/02/01 10:19 | URL |

kwai さんへ

奇跡よりも愛の物語という部分、愛が魔法となって力を与えるというのが、この作品の伝えたい事だったのかもしれません。

確かに、こう現実世界と異世界の女の子がデキ婚カップルになってしまったら……それは、何よりもヘビーな愛の物語ですわね。そこに、魔法と言うエッセンスを入れることで、それを感動的に、またわかりやすく子供たちにも、そういう愛を明るく楽しく描写する。確かに、これは凄いことですね。
今、目から鱗状態でございます。
まゆかなも、凄いですよね。二人が親友になってから、ずっと二人一緒ですよ。それは、考えるまでも無く、あの後、二人が親友から恋人として結ばれた証ですよね。

私も、その偉業をたたえたいと思います。本当に、凄い、感謝の言葉しかないですよね。

| 月 | 2017/02/01 10:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6929-87bb53fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT