PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今更なお話。


だいぶ前(2年位前にテレビの北斗の拳を見終えて、そのあと、一年越しに北斗の拳2を見たり、劇場版を見たりetc……)だけど、北斗の拳を一気に見ました。
いや、なんていうか、一日に何回も見ると人というのは疲れるものです。北斗の拳2やら、なんか、映画やらOVAやら、そういう感じで。なんか、もう、テレビ版の普通の北斗の拳が100話近くあるのに、だいぶ疲れてしまった思い出。正直、ラオウが終われば、あたしも、これで終わりだと思ってたんだけどさ。
カイオウって敵が出てくるらしくてね。
それで、気づけば北斗の拳2まで見てしまったというのが、この状況なのでござーます。
んで、殉愛の章だとか、なんだって、もう、なんか、いろいろと面白かったですけどね。
まぁ、もう、あのリメイク版っていうか、殉愛の章とか、ああいうのは声優陣が、もうオリジナルの声優陣に慣れちゃったから、無いな(・ω・)って思いました。
そうこうしてみていると、いろいろとおかしいところはあるんですけどね、ジャンプ作品らしい突っ込みどころやら、そういうのも許せてしまうのは作品の暑さなのだろうと、そんなことは思いましたね。
はい。
断固相殺拳高、あれで、マントはなぜ斬れなかったのか。
とか、そういうことを思ったりしたんですけどねー。
まぁ、でも、終盤に入れば入るほど面白くなる。
南斗人間砲弾とかね。明らかに拳法じゃないのがいくつか……最初のシンの話とか、そういう部分はいろいろとおかしい(・ω・)ってか、無駄に話は長いんですよねー。一輪丸々お遊びがあったりとかねー。
南斗人間砲弾ってなんだよ(・ω・)
南斗列車砲って、おいおい(・ω・)
いや、真ぁ、週刊少年ジャンプのこのころのアニメ特有の無駄な間延びとかね。いい加減、カサンドラに行けよ。とか、トキにいまだに会えない次回予告とか。
「トキ、貴方には会わねばならぬ」
これが、結構続く。
いろいろとありましたけど、決してネタだけで終わることのない、確かな情熱とか、そういうメッセージ性でいろいろな突っ込みどころとか、そういう部分を相殺させるので、それでいい。うん。そういうことだ。
山のフドウの体のサイズとか突っ込んじゃダメ。
「汚れなき命のために 鬼神となって戦おう!!」
「その体に恐怖が刻まれているかぎり、もはや二度とケンシロウには勝てぬ」
「悲しみをしらぬ男に 勝利はないのだ!!」
とか、普通に、かっこいいしね。
もう終盤は名シーンのオンパレードですよ。海のリハクが万全の用意をして作り上げた落とし穴という罠でケンシロウの目が見えなくなること以外は( ・ω)後、リュウガ、イケメンなのにやることの残念性とか( ・ω)明らかに顔が別人で慕った人間のはずなのにアミバの顔とトキの顔を完全に間違えるケンシロウとか、核シェルターとか。
……あげたら、きりがないけど面白いのよ?本当に。
こういうネタを知りえた後に、イチゴ味を読んでしまうと、結構面白くて面白くて仕方がないのですよ。あー、マジで笑うわー。サウザー編のラストは、もう泣いたのにイチゴ味を読んだらくっそ笑ったので、イチゴ味は許せない(嘘)
それでも、情熱的なものは感じたし本当に面白かったんよ。
ただ、やっぱり、北斗の拳2の部分は蛇足かなー( ・ω)まぁ、シャチとか好きなキャラは多いけどね。
って、思ったりする。
うん。
いや、面白かったんだけど、なんていうか、ラオウを倒した後に、あの展開って正直、野暮じゃないですかね?って思いました。
あ、でも、OPは愛を取り戻せよりも「SILENT SURVIVOR」がいいですね。こっちのがかっこよかった。

ついでに、神谷明さんのケンシロウに慣れちゃうと、子安、阿部寛等の違う声優さんに違和感を覚えすぎて、なんか、もうあれ(・ω・)
ってか、ラオウも内海賢二さんじゃないとだめだわ( ・ω)

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6880-a56d85b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT