PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンオーブ』18話「私の中の鬼」

2016y11m12d_103001753.jpg
今日は光と闇の話ですね。
上手くいけば良いとは思うけど、ダメな時ってとにかく何かを嫉まずにはいられない。それが、人の持つ光と闇の核心に至る部分なのではなかろうかと。そういうことを思います。誰もが、そういう部分を持っていて、その闇のオーラを集合体が、今回の怪獣?いや、怨霊である、戀鬼なのかもしれませんね。
原点の戀鬼も似たような存在ですしね。
そういう感じで、良いと思います。
今日、百合回なら良いなーって、次回予告を見ていた時に思った年ごろ。
どうも、こうも、なんか、百合回じゃなさそうな雰囲気だな。これ。百合回でも、そんなことはなかったでござい。ってか、キャップはついてねーなーってか、ああいう女友達、えげつない。
しかし、ここ数年で女性の価値観やら、そういうのは変わったんで、いろいろとあれですよね。そこは。
2016y11m12d_103158286.jpg2016y11m12d_103110775.jpg2016y11m12d_103422858.jpg2016y11m12d_103735859.jpg
そういうことを思ったりするわけでござーます。
そういうかんじで、まぁ、人の妬みが、そうさせてしまうという、願いと嫉妬というのは、意外と紙一重のものだったりするんですよねー。そう。人を蹴落とすことがいつの間にか、夢と嫉妬が混同して、そして、そういうことを願い望んでしまうという、人なら、誰しもが持ってしまう業ですね。
ティガだと、それが原因でエボリュウ細胞に取りつかれたりと。
今回の、これも、そういうことになるのだろうと。その嫉妬が、今回の敵を蘇らせたりしたのだろうと、そういうことを思います。人生何て何が起こるかわからない。
それが悲劇であったり、喜劇であったり。
まぁ、それが楽しいって人もいるけどさ。
そこまで楽天的に離れないよね。これを言った人って、おそらく、とんでもない楽天家か、そういうことを経験したことのない人だと、2016y11m12d_103829211.jpg2016y11m12d_103806488.jpg2016y11m12d_103908583.jpg2016y11m12d_103905097.jpg2016y11m12d_103901592.jpg
常々思います。
誰の心にも闇はある。しかし、闇があるから光がある。闇を抱えてない人間に世界を照らすことはできない。
道外流牙と、案外、気が合うような気がするのはなんでだろう。ガイさん。
まぁ、ガイさんも守りしものってことですわね。これ。
ジャグラーも、これから何があるんですかね。ガイさんを襲う地獄とは?とか、そういうことを思う。
それが人の幸福ともなるとねー……
戀鬼も、そういう不幸があって怨霊になったわけだしね。怨霊でありつつもかつては互いの幸福を願った二人、同じ人だったものとしての存在だからこそ、改めて邪悪な存在だったけど、そんな自分でも人を幸福にできた事実があるからこそ、最後に人間の心を光を取り戻して、オーブに介錯を頼んだのかもしれませんね。なんか、やっぱ、こういうの好きだわなー……・
なんか、そういうことを思いますわ。
2016y11m12d_104229474.jpg
誰の心にも闇はある。しかし、闇があるから光がある。闇を抱えてない人間に世界を照らすことはできない。人とは、難しいものです。
はい。
2016y11m12d_103925572.jpg2016y11m12d_104013203.jpg2016y11m12d_103943434.jpg2016y11m12d_104015034.jpg
どんな善良に見える人間であろうとも、裏では何をしているのかわからない。って言う、そういう人の裏を持描くのがウルトラシリーズの特徴でもありますからね。
これは、そういう部分を露骨って言うと、あれだけど、そういうことを強いほど思わせる。ある意味、ウルトラマンシリーズの特徴そのものを現した怪獣であるだろうと思いますね。
そういう感じなんだろうな。
誰の心にも守るに値する光がある。
道外流牙と気が合うような気がするのはなんでだろう。ガイさん。
まぁ、ガイさんも守りしものってことですわね。これ。
あ、オーブオリジンがティガ要素を抜いただけで、初代ウルトラマンに似通っている。なんて意見を見るけど、それってもしかして、オーブという存在が初代ウルトラマンの息子であるのでは?とか、そういうことを思う日々。
そして、オーブウォーターカリバー、よかった。
あれで、ナオミの涙と一緒に流れ出るような感じでね。そういう意味で、ナオミの中にある嫉妬の心を洗い流す。って言う、そういう演出、非常に良かったです。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6856-cc167307

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT