PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 「無言の戦争」

6baf56a2.jpg803b2614.jpg
なんか、見ていると不安になるガンダムってのも、そうそうないよなーって今感じてるわけで。描写が不安になる文、色々とねー……毎週が楽しみになるんだけど、楽しみだからこそ……うぅん……ってなる。いや、マジで。
半月、経っているそうだけど、後、どれくらいで三日月たちは来るんだか。それでいて、まぁ、色々とアレななんですけどね。地球側の鉄華団を壊滅させたい大人の意図というものが見えてくる。理屈ではない、何かが、そこにある。大人たちの都合にふるまわされる子供たちって、こうして見ていると辛い。気づけば、ガランの手中に彼らは、そこにいるような、そういう感じになってるね。大丈夫かな?奴ら。
一方の火星組は、こうして……って感じでござーますわね。地球についたら鬱展開とか普通にあり得そうで怖い。地球についたら、もう休めそうにもないなんとやら。
そして、ピンチになった時に手助けをすれば簡単に靡くと。大人という存在が醜く見える。案の定、鉄華団の地球組が、そういう大人の汚さで洗脳されていく姿を見るのは色々と辛いなー。
流されていく少年達を眺めるを、こうして第三者の視聴者は、どうにもすることができないわけで。
はぁー……
とりあえず、連中、早く来なさいよ……裏ルートでも何でも使ってーって気分にもなるね。相変わらず、見ていて不安になって腹が痛くなるアニメだわ。
岡田さんは、こういう展開をやると虚淵さん以上にえぐいことをするから、ガランは絶対に奴らを殺すつもりでいると思うし、そういうことを思うとなんかねー。
ああいう場、スパロボだったら助かってるよなー
って、そういうことを思ったり。
三日月達も地球に来週は下りてくるようだし、期待したい。
ってか、信じたい。
d26cb045.jpgf03ec2f1.jpg
希望を安易に見せて落とす。って展開もありそうだけどね……

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6850-95d35022

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT