PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンオーブ』第16話「忘れられない場所」

2016y10m22d_094227697.jpg
ゼッパンドンの鳴き声がくっそ長いですね……
そんな感じで、あれ以降、ガイさんが行方不明。ついでに、ルサールカ、精霊の名前ですね。これ。まぁ、精霊というよりは幽霊のような、なんというか。せてして、19世紀のガイの画像というのは、えてして、あれは本人だとみていいのかもね。ついでに、例の少女は、やはり、キャップのお祖母ちゃんでござーましたね。
ついでに、マスコミを通して世間はオーブを悪者にしたいそうですね。そりゃ、ああいう感じになってしまえば、そういうものになってしまうのだろうけどああいう、なんていうか、暴走する力とか、そういう部分。巨大な力とか、そういう感じだわね。世間様は、結構、ああいうのか。しゃーないのかなーってなるけど……ただ、事情を知っている視聴者側からすれば物凄く辛いし、本人さえもつらい。しかし、散々、助けてもらったのも、また様々な人を助けたのも、それもまた事実なわけで。たった一回で、その失敗で、ああなってしまうのは人の恐怖心が、そうさせているのだろうと。
人として、忘れがちな部分ですね。
過去の恩を忘れちゃいけない。
2016y10m22d_094557446.jpg2016y10m22d_094825855.jpg2016y10m22d_094832432.jpg2016y10m22d_094944701.jpg
ウルトラマンは、それを押し付けるわけではないですからね。やっぱり、一度の暴走でそうなってしまうのは人間が、その力や、存在とちゃんと向き合っていない証拠でもあるんですよね。下手に振れれば、なんとやら。
「触らぬ神に祟りなし」と、そういう存在なんだろうと。この世界における、ウルトラマンという存在は。
だからこそ、異質な存在への恐怖というものがそうさせてるんだろうなーと、世論の逆転に入るのだろうと……そういうことを思いますよ。
そして、かつて後に赴いたガイ……
辛いよなー。
ナターシャが、あそこ出来てしまったからこそ、あの悲劇やいろいろな事件が起こってしまったのだと思うと、でも、そこに来たところで過去は変えられない。そこはジャグラーの言う通り。過去の自分は取り戻せない。そて、ベリアルの力も、あの本賞も確かにガイ本人ではあるんだよね。
だからこそ、そこで闇を抱いて受け入れて己の力にしなければならないと、社長の先週の言葉が突き刺さるね……
そして、生物の負の部分をベリアルはウルトラ戦士としてガイに、負の面を前に出したと。
ジャグラーの、ああいう翻弄する言葉良いなー。そして、それに対して、様々な事件があったからこそ引っかかってしまう、攻撃してしまう、ガイ。
割と本人にとって、あれは図星なのかもしれないね。
さて、ゼッパンドン、出てきました。
今のガイで勝てるんだろうな。
そういうことを常々見ていて思います。
2016y10m22d_095202580.jpg2016y10m22d_095205049.jpg2016y10m22d_095259704.jpg2016y10m22d_095323794.jpg2016y10m22d_095530696.jpg2016y10m22d_095550462.jpg
さて、ゼッパンドン、まともに勝てなさそう。
ってか、強すぎでしょwパンドン自体、セブンが満身創痍だったとはいえ、あれなわけですが。あいつ、やっぱ、強いのかね?パンドンは。
さぁて、そこまでやって、あそこまでやって、ベリアルの力を使わせようとするジャグラー……闇落ちすることが目的だとすれば、かつて、ジャグラーは光に属していた存在と見ると、地獄を見てきた存在なのかなー。だからこそ、自分と同じ存在にまで落として彼は、それを笑いたいのだろうか。ジャグラーの言葉が面白いくらいなまでに呪詛として突き刺さるんだよねー
ジャグラーは、そうすることでガイの中にある確かな恨みを晴らそうとしているのだろうか……そういうこととか色々と考えちゃいますね。
今回は、ベリアルの力を使うことは避けてはいたけど。あれを使えば、本当にジャグラーの思うままだからなー。……ナターシャの幻影って、これ、まさに、ルサールカなのでは?
って、なんか、いつの間にか、直美がおるし。いや、ナターシャの言霊がナオミに力を貸した……って思ってたら、ガイの夢だった。しかし、あれは、ナターシャが見せた夢なのかもね。あの白いカードは、まだ、これから、オーブには未来があるという、そういう証拠でもあるのかもしれない。まだ、描かれてない、これからのガイの未来という感じで。
本来の姿、オーブオリジンに戻るしかないのかね。これは、もう。
さて、まぁ、ナオミを殺すために暗躍するジャグラーと……これはこれは……ヒーローの内なる思いなんて誰も解るわけがない。例え力が暴走してしまった場合だとしても、個々の問題……
国民には関係なく今まで助けられたことすら忘れて敵だと叫ぶ。まるで我々の現実世界のようだ。人というのは、それほど愚かなものさ……それでもヒーローは、特にウルトラマンは人が好きだからこそ戦うのです。
それはさておき、ヒーローとはいえ心の問題は孤独である虚しさが辛いね。
彼女はガイにとって孤独な心を癒してくれる存在だったんだろうな。しかし自分の大いなる力を制御できなかった過失から孤独を選び一人渡り歩いて三枚目を演じていたらSSPの皆と触れ合い孤独が癒されそうになった時、ナオミの負傷…トラウマが蘇ったんだろうね
ヒーローの孤独を支えた存在。
人って知らない存在を友人として置く。って、ある意味、非常にリスキーなことで敵として知らない存在として見ていたほうが凄い楽なことが多いんだよね。
そうすりゃ知らない存在を敵として非難できる。っていう楽な立場にいられるから。そういう部分が見え隠れする話でもあった。
ヒーローが孤独を癒す拠り所を得てしまうこと、それは守るべきものを得てしまうことと弱くなってしまう。なんてのは漫画とかで良くあるわけで。
2016y10m22d_095643249.jpg2016y10m22d_095644749.jpg
それはヒーローにとって永遠のトラウマを得る出来事でもあるし、越えなければならない壁でもある。だったら、最初から、もう癒しの拠り所を得ないように自分が風来坊になって一か所に集まらなければいいという考えが1話までのクレナイ・ガイを生んだのだろうと、そういうことを思いますね。
クレナイガイは郷秀樹であり、おおとりゲンのあり得た未来の姿でもあるんだろうなー
孤独から生まれた試練、逃げることで忘れ今まで超えることの出来なかったガイにとって再び試練と向き合う時が来た訳で。
ガイさんの強気な発言とか、そういう言い回しってのは、己の心の弱さからくる虚勢なんだろうな。だからジャグラーの口車に乗るように攻撃を仕掛けてしまう。
2016y10m22d_100130252.jpg
ガイは実は、どのウルトラ戦士よりも繊細で傷つきやすい心を持っているんだと思う。
そして繊細であるほど治るのには時間がかかって、彼の場合は、これが100年近く経っても消えることのないトラウマとなって今も共生しているんだろうなーって、そういうことを思いますね。でも、繊細だからこそ人は放っておけない性格だし、作中で不器用な優しさを垣間見せているのが本来のガイという人間なんだろうと。
その試練を乗り越えるための存在がナオミであるのだろうし、その今、与えられた試練をガイはどう乗り越えていくのかが非常に楽しみなドラマなんだよなー。如何に自分の存在を苦しめた剣を手に取るのか。今から、ウルトラマンオーブ、17話がほんとにすごい楽しみですわねー。
そして、サンダーブレスターの暴走によって失われてしまったウルトラマンオーブへの人々への信頼はどうなるのか。
世論がウルトラマンオーブを敵にしてもウルトラマンは人間の未来を守るために戦うわけで。これが余計にガイの孤独に拍車をかけているのが重いね。たった一度の失敗でも自分たちと違うとみれば人は簡単に恩を忘れて敵として見てしまう……実は、それほど愚かな存在なんだよね。
「忘れられない場所」
このサブタイトル、ガイにとっては確かに忘れられない場所であることは間違いないけど、ベリアルのカードを眺めるのはサンダーブレスターの力で「忘れられない場所」を破壊してしまう恐怖から、本当に忘れられない場所にしてしまうという葛藤を感じる。
2016y10m22d_100433338.jpg

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ルサールカって花嫁の幽霊ですよね、たしか
ウルトラマンの花嫁になれなかった幽霊のようなのか不気味なネーミングですね
あなたはだあれの、フック星人も幽霊みたいな星人ですし幽霊づくし
パンドンは強いイメージありますが、確かにセブンが満身創痍のころに戦った怪獣ですね
ぎりぎりガンダーより強い程度で、キングジョーやクレージーゴンクラスには勝てないかも
ゼッパンドンはもはやそんなレベルではなさそうなのが、なんとも
物理攻撃も融かしたのか吸収したのか、奇妙な熱は一兆度の炎を活かしてそうですし、八つ裂き光輪噛み砕くパワーもあればバリア張るテクニカルな戦闘行動も……
昭和なら最終回か過去ウルトラマン客演回とかに出ておかしくない化け物で良いですね
タイラントとグランドキングの合体怪獣とか見たいです
タイラントは魔王獣ではありませんが……。
円盤超獣ジャンボエンドとかいないですかねー……

| 毒穴子四太夫 | 2016/10/23 00:48 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

そういう感じのニュアンスで間違いはないです。ルザールカ。
えてして、SSPの名前自体が怪奇大作戦の要素から入ってそうなので、そういう部分も、ある種、原点回帰的なものなのかもしれませんね。
パンドンは、そのあと、なんか、いろいろと名前や姿を変えて出てきても、そんな苦戦することもなかったのでなんやかんやで、強豪怪獣って言われると、いまだに「?」ってなることが自分の中では多いですw
でも、個人的にはクレージーごんにはーって思ったり。
ただ、ゼッパンドンは本当に強衣ですよね……ゼットンの本来の要素に、さらにほかの怪獣までプラスしたんですから。名前からしてタイラントよりも弱そうなイメージもあるのに、そうならないという。
やっぱ、合体し過ぎってのも問題なのかもしれませんね。
単純に強いものを掛け合わせたら、本当に強いのが出た。ってスタイルは好きです。
個人的にはゼットンとマガバッサーが見たいですねー
1兆度の炎の竜巻と上手みたいです。

| 月 | 2016/10/23 07:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6837-371c9b55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT