PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レガリアTHE THREE SACRED STARS 第8話「帰還」

2016y10m20d_233246279.jpg2016y10m20d_233250144.jpg2016y10m20d_233308868.jpg2016y10m20d_233306511.jpg2016y10m20d_233310787.jpg2016y10m20d_233321828.jpg2016y10m20d_233325569.jpg2016y10m20d_233344999.jpg
さて、今回のレガリア……ケイは本当のケイではなく、あれは、メガエラ自身ということになるわけですね……そこで、彼女を助けるためにレナ達がメガエラの中に。しかし、それはアレクトとテイシスを無防備にしてしまうことなのだろうと。
本当のケイとは……
メガエラとは……
しかし、ヨハンのレガリアギア、くっそでかいことがよくわかりますね。これ。さて、二人の連携で部位破壊されるわけで、それが基本。
さて、イングリッドとケイの出会いというのは、意外と……っていうか、路地裏にいた彼女をイングリッドが拾ったわけでござーますわね。そこで、彼女もイングリッドと人としての記憶を与えられて幸せな日々を得ていたわけでございますわね。そこで、記憶の日々はヨハンか……あいつの存在、やっぱ、あれなのか?当時は天才少年として名声を得ていたけど、この十年の間に……って思ったけど、やっぱり、屑だった。
10年ちょい前から色々と奴は黒かったんだなーってのがよくわかります。エネルギー開発とか、そういうのが。そこで、レナのアレクトやテイシスは、これ、助けに来た。って、感じでいいのかな。ケイの中にある、何かが崩れると、ルクス・エクス・マキナ、ケイっていうよりも3人のうちの、誰かが乱れてしまうと。
さて、共鳴と、ヨハンの策によって見事にリムガルドフォールは起きてしまったわけでござーますが。ってか、ヨハンの策と見ていいんだろうな。あれは。
ただ、あの、現実だと見事にアレクトとテイシスが本来の力を失って敗北しそうだったけど。
いや、もとより、ケイが壊れた原因が、明らかにヨハンなわけですが……それを気付かず招き入れたリムガルド側にも問題があったわけだけど。そして、自分が悪だということに自覚しているのか、していないのか、幼さと、そういう部分、ただ、ゲロ以下の匂いがするクソガキであるということはわかった。吐き気を催す邪悪……何も知らぬ無知なる者を自分の利益だけのために利用する事。そして、とりあえず吐き気を催す悪だと受け手が感じた事象の事。ヨハン、まさに、その通りだわ。
って、考えていたら、レナがくっそピンチだし……
そう思っていたら、当然の如くメガエラが助けたわけでござーますが。
んで、レナ、早くしないとイングリッドが死ぬんですが……
2016y10m20d_233341582.jpg2016y10m20d_233343730.jpg2016y10m20d_233413059.jpg2016y10m20d_233422203.jpg
遠隔操作を受けているし、何か、間に合わないんじゃ?とか、そういうことを思ってたら鍵を三つ合わせること?所謂、共鳴?でケイは戻ってきたそうな。はぁ……ここでケイを見るたびにイングリッドが苦い顔を浮かべたり、ここで思い出を入れるの、ところどころにイングリッドがケイを大切にしてるシーンを入れたのはよかった。それからイングリッドとの出会いをダイジェスト的に描いて、出来事、10年間、ずっと待っていたんだろうなーって、そういうことを思います。そして、全員、無事に帰還・・・・・やはり、人の得た科学力というのは太古の力を軽く超越するようです。いや、愛の力ですね。
悪意の拘束力というのは愛に負けるものなのだと、こうしてみていて思います。
そして、ユイレナのシーンは最高だなー。レナの帰る場所を守るために頑張ったんだよなー。あの大型の敵から本領を発揮できない状況でレナが帰ってくることを信じて。だからこそ、あのケイを取り戻してレナが帰った後に抱きしめあうシーンは本当に再会してからの「お姉ちゃん、私、頑張ったよ」は強い。
そして、お姉ちゃんであるレナが一言いうだけで、あの苦しんでいた地獄が嘘であるかのように穏やかな顔ですよ。お姉ちゃんという安心感が苦痛すらも忘れさせるほどに尊いものであるのだと、そういうことを思いますね。そこが、レガリアに選ばれた少女たちのきずなであると、そういうことを思います。
2016y10m20d_233436353.jpg2016y10m20d_233503820.jpg2016y10m20d_233506329.jpg2016y10m20d_233545629.jpg2016y10m20d_233552279.jpg
彼女がいるのといないだけでは、かなり違うのだと。
そういうことですよ。
だからこそ、ケイのドスの利いた、あのヨハンをゴミのように扱うかのような、あの声とかね。正直、強かったですね。これ。
やはり、ああいう感じで悪をフルボッコにするのは良いものです。
ついでに、ヨハン、もとより屑だったからなー。こうして、全員のレガリアから一気にフルボッコされるの良い。でも、まだ、何か、あいつ、生きてそうな気がする。だからこその「ユイを苦しめた分!!」はレナにとってどんな苦痛よりも重く、そして怒る理由としては何よりも強い。強いんです。それだけで、ユイレナの強さが見て取れるのが素敵なところです。
また、イングリッドもね。よかった。
2016y10m20d_234031139.jpg2016y10m20d_234036403.jpg2016y10m20d_234041653.jpg2016y10m20d_234115669.jpg2016y10m20d_234120174.jpg2016y10m20d_234113381.jpg
彼女は一先ずヨハンに従うふりをして、一話とかで、ああいう感じの態度をとったのも、やっぱり、あれなんだろうな。ユイたちを巻き込みたくないのと、ヨハンの監視を色々と……だったんだろうなー。
これから、また幸せを得られると思うと素敵ですよね。
ところどころに、イングリッドがケイに対して何を思っているのか、そういうのがわかったのはよかった。それでいて、この共鳴を待っていたんだろうなー。もとより、国の復興とか、そういうのを意識せずに。何よりも、彼女の中でケイというのは大事だったんだろうと。
後、ヨハンの抱いていた野望とは?
恐らく、次回か……
2016y10m20d_234126630.jpg

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6833-6690c3db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT