PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウルトラマンオーブ 第14話「暴走する正義」

2016y10m08d_182911287.jpg
えてして、ロボット怪獣って登場するの久しぶりよねーとか、思いながら見ていたりはする訳でござーますが。あぁ、でも、あれとか、あれとか、あれは、一応、ロボット怪獣になるんだろうなーって、今、そういうことを思ったわけでござーます。
さて、まぁ、ギャラクトロン……面倒くさそうな正義を持っていそうなキャラクターですね。己の信じる正義以外は認めないという、その思考は人から見れば悪になる覚悟がなければできない。それか、妄信的でなければ……人というものは、結構、そういう部分に陥りやすいものです。
デモンベインとか、あー……アレは、どうだったっけ?そういう要素あったっけ?
正義とは何なのか。
2016y10m08d_182721048.jpg
ウルトラマンは正義の味方とは言われていますが、自分から正義と名乗ったことはないんですよね。ウルトラマンが、それでも地球を守る理由は……過去の作品を参照するように(・ω・)地球という星を愛してしまったから。稚拙だろうと、なんだろうと……あぁ、なんか、ウルトラセブンが蘇る。
と、そういうことを思ってます。
ついでに、ヒビキ隊長が出てきてますね。ゲストで(・ω・)
2016y10m08d_180106522.jpg
いや、別の役だけど。ってか、焼きそばがすごい美味そう(・ω・)
ご存知の通り、独善的な正義って危険なわけです。所謂、最近で言えば、安保関連法案、LGBT問題などなど、様々なもの、ネットで溢れる、そういうもの。ギャラクトロンが、そういうものを知ってしまった時、それは凄い危険なのだろうけど、その内なる力に、シンさんは、そういうものすら消せる神のような存在を見ることが出来たのではなかろうか?って、そういうことを、ギャラクトロンの中で、自分たちの小さな争いの中で見たのではなかろうか。そういうことを思います。
やっぱり、そういう感じで出てきてしまったか。
2016y10m08d_181652376.jpg2016y10m08d_183100859.jpg
ギャラクトロンのリセットとは破壊・……まぁ、破壊から創造は産まれる。って、そういうことはあります。
あぁ、ギャラクトロンは……欠陥品だったのだろうか。
ゲッター線の場合は、人類同士を争わせるようにして進化を促していたとか、なんか、そういう設定だったっけ?(・ω・)まぁ、真相は不明だけど、ラ=グースとか、そういう奴と戦わせるために、共食いしあって進化する生き物として人間を作り、そしてーって、感じでね。
2016y10m08d_192246298.jpg
 ギ   出

 ャ   た

 ラ   な

ク   

 ト    

ロ   

ン   

って、展開にはならないわけでござーますけどね。しかし、歪んだ正義の思想を持った人間というのは怖いものです。私も、そういう人間です。しかし、これがこと、特撮ヒーローに及ぶと、ある意味、異様者である私から見ても異様に見えてしまうのだ。正義に固執してしまうとね。人というのは、まぁ、色々といますよ(・ω・)
2016y10m08d_180324768 - コピー2016y10m08d_182214452.jpg
正義とは、何か。とか、そういうことを考える。争いを止める、そういう迷惑なことを止めることを、いわば、それは正義としてきた部分が強いのですが、それは非常に曖昧なんですよね。正しい道理。人間行為の正しさ。
一体、これは何なのかと。
どんだけ素晴らしい志を持っていても、それを押し付けたり、押し売りしたら、それすらも悪になると。正義って題材は単純に見えて、すごく難しい。
そういうことを、改めて考えたわけでござーます。
2016y10m08d_180931989.jpg2016y10m08d_182549307.jpg
正義も手段を択ばなければ悪になると、実に表裏一体であることが、今回の話からも良く解ります。そういうロボットを作りたかったシンさんと、それを止めるために動き出すヒビキ隊長のそっくりさんである社長のカッコよさね。
度が過ぎた正義を放っておくわけにはいかない。
様々な負の部分があろうとも、地球の民というのは・……おそらく、彼を作った惑星というのは、やはり、人間とおなじ種類の人間がいて、極端な彼の思想を生み出してしまったのかもしれませんね。科学技術があっても、人の心は変わらないですからね。寧ろ、どんどん退化していくとメトロン星人も言ってましたしね。
機械に任せる。ってだけで、かなりの、あの危険さっていうのはあるよね、手塚治虫の火の鳥の、未来編だったかなんかで、コンピュータに全てを任せてしまう話があって、それが滅亡に繋がるんだけど、それに通づるものがあると思う。
なんか、そういうことを思い出しました。ダークルギエルとか、そういうの思い出すね。
そして、最終的に、彼は本当に不法投棄されたのか、それとも創造主の惑星を滅ぼして、それとも来訪してきてしまったのか。どうなんだろうね。
2016y10m08d_183104559.jpg
さて、次回は後編・・・・・どうなることやら。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ギャラクトロンを、ドロボン達が起こしている宇宙戦争の区域に放てば、手っ取り早く面倒な侵略者たちを一掃出来そうですね。
…ギャラクトロンを拘束しているようにも見えたワイヤー…ギャラクトロンが攻撃されていると思い込んで、それが切っ掛けになって暴れるのでは、とドキドキしました。
イフのあれが自分の頭のなかで少しトラウマになっております。
最初は攻撃されると反撃するロボット怪獣かと。
もっとタチの悪い正義のロボット怪獣でしたけど。

| 毒穴子四太夫 | 2016/10/10 00:11 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

それから、あの、ミステラー星人辺りに……とはいえ、そのまま、滅ぼした勢いで、こっちにも来ちゃいそうな勢いではごぜーますが。
イフは、本当に、すさまじい存在でしたからねー。だからウルトラマンFであっさりしたやられ方は納得がいかなかった思い出が。
私、ギャラクトロンを見て、正義が暴走するんじゃね?とか、そういうことを思っていたら、まさか、本当にそうなるとは思わなかった訳で。
恐らく、ギャラクトロンというのは機械故に持つなんとやらで職務に忠実なのでしょうね。彼からすれば、地球のためにやっている事だからこそ……とはいえ、押しつけな正義は迷惑ですが。

| 月 | 2016/10/10 00:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6825-1820c7d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT