PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイカツスターズ「奪えない夢」「小さなドレスの物語」

2016y10m06d_183228188.jpg2016y10m06d_183226898.jpg2016y10m06d_183235897.jpg
新OPで、モラハラ男と絡むことなく、ゆめロラ推しになってた。
これは、路線変更って見て良いんですかね?

とりあえず、今日の話の大雑把な感想としてはですね。
2016y10m06d_184929880.jpg2016y10m06d_184931413.jpg
ゆずリリが尊すぎた。
恐らく、これから、ゆずリリが出てくる話を見るたびに、全体的、そういう感想しか出ないような気がしてならないわけでござーますが。いやぁさぁー、ゆずリリ、幼馴染で、あの正反対の外見で仲がいいとか、ああいうのずるくない?百合可愛くない?いや、マジで、百合可愛すぎてあかんのだけど。
OPが、ゆめロラだしー。
ほんぺんは、ゆずリリだし。
なんていうか、なんだ、この可愛さというか、ここにきていい感じに構成されてきたような、リリィさん絡みの話は、本当に好きです。ゆずリリ。あぁー、なんていうかーねー。ゆずリリ、大好きなんですよねー(・ω・)
リリィさんと、ゆめさんの邂逅、良いなー。こういう、誰が、どう思おうとも自分は自分らしくあれ。周りに流されることなく。こういう
ついでに、エンディングは、ゆめこはと。
こういうところも、ちゃんと救ってるのはえらい。
2016y10m06d_183230275.jpg
OPにモラハラ男集団がいない=製作側が必要性が無いと判断したために削除。
百合の道一直線と。
もう、白銀リリィという名前から、なんていうかね。
ってか、あの名前を見るたびに、ゆずリリ尊い。ってなるくらいには、ゆずリリ、強すぎて強い。ってか、今回は良い感じに、ひめ先輩やリリィ先輩と絡んでいるけど、こういうのが見たかったんだよ。先輩と絡んで、厳しくも、そこから、何かを教えを受けて自分なりのモノを考えるなんとやらでござーますわ。
これが、アイカツの従来の愛されるスタイルですわ。さて、己のアイドルのスタイルは、これでいいのか。それにもつながってくるような、そして、ユメ自身、ひめ先輩に出会ったのが運命だったからこそ、ああなりたいと思ったんだろうなー。でも、それだけではダメで、それは切欠であって、目指す者としては不十分なんだよね。だからこそ、自分という存在をこれからどうアイドルとして覚醒させるか。それを与える話なんだろうと、今回は思っていたらさー。
そう思ってたら、なんか、ひめ先輩とモラハラ男が絡んでて、なんかなー。
ああいう最近の少女漫画の売れる典型的なキャラクターって、正直、読んでて好きじゃないんだよね。どのみち、M4って連中が不健全そのものにしか見えないわけです。女として、ああいうの嫌だわ。
ああいうのと結婚したら、絶対に将来、モラハラで鳴かされる路線が目に見えるわ。
ついでに、リリィ先輩の場合は、やっぱり、ゆずリリ前提で自分の夢を持ったというのが、あぁ、もう、やっぱ、ゆずリリ尊い。ゆずリリは強いですね。これ。だから、この前、実写でやってた花より男子とか見てて、もう気持ち悪くて仕方なかった思い出。
ついでに、歴代S4の全員レズ感凄い。
そうして、ひめ先輩のライブを見て、ゆめの中で、確かな動きの変化がありそうな気がしないでもない。
恐らく、ゆめの個性の弱さっていうのは、全て、そういう憧れからくる依存が原因だったのではなかろうか?と、そういう少女漫画特有の中身の無い少女のままで終わらせるのは勿体ないし、男断ちしよう。
でも、彼女は彼女、ゆめはゆめ。
これから彼女は変わることでございましょう。
Cuo04HOUEAAtWqj.jpg

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6821-1f3eb42a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT