PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あまんちゅ! 12話「蒼い世界のコト」

2016y09m24d_214520928.jpg2016y09m24d_214446111.jpg2016y09m24d_214412835.jpg
え、これ、最終回はオリジナルパート、告白パートじゃないですか。
初めてで嬉しいことって、結構、夜、眠れないことが多かったりする。例えば、その代表が高校時代、初めてのカラオケとか、そういう感じでござーますわね。そういう感じで、双葉も初めてのダイビングと言うことで。色々と気合が入るんですよね。あたしも、中間テストの勉強しないで、カラオケの勉強っていうか、歌の勉強をちゃんとしたりとか、そういうことはちゃんとしたりしました。
同時に、怖さもあったりで。でも、わくわくがどんどん、大きくなったりで。なんか、色々と、こういうことを思い出す。
素敵なものを光と一緒に見たい。っていう、双葉の、その想い、ますます、百合なんだなーって、最後まで、てこぴかりの尊さが凄い強く感じられた。
やっぱり、最終回でも、それは変わらぬ百合でござーます。あぁ、美味しい。こういうのって、なんていうか、一青と言うか、そういう感じの尊さがありますね。
ふわわーってなるような、この幸せな感じは強いです。
2016y09m24d_213906830.jpg2016y09m24d_202338701.jpg
しかし、この双葉が水を感じる描写の素晴らしさは、流石は天野こずえだなーって、そういうセリフ回しを上手く台詞に回したりするのも、構成の力か。
やっぱり、面白さもあったりするわけで。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6961611
そこは、あの、この神無月の巫女とのクロスオーバーSSでも、良い感じに、あの、はい。まあ、そういう感じでねー。
なんていうか、この繊細さはホントに凄いなーと、見るたび見るたびに思ったり、毎回、そういうことを思いますよ。原作も、ここ、素晴らしいシーンなので是非とも見て欲しいです。
沖縄の時もダイビングをやったけど、ホント、これは凄いですよ。足の奴、なくしたけど。
本当に双葉のような、感動を味わってしまう訳でござーます。まぁ、だからーってわけではないけど、辺野古の基地移設とか、埋め立ては、正直、見ていると色々と心が痛むわけでござーますが。
実は、あれ、あまり言わないけど、ちょっと、心が痛んだりする。ホント、沖縄の海って凄いからね……いや、まぁ、色々とあるの解りますけどね。あるの解るんですけどね。
そういう感じで、ここで、良い感じに、てこぴかりが成長しつつ、尊くなっていくのも良いです。
本当に、なんていうかさ。
パートナー同士なんだよなー。
バディとして面白いくらいに二人は細かく成長しているわけで。
アニメの坂本真綾さんの挿入歌と同時に、双葉の感動の描き方は、なんか、もう、凄いふわーってなる感じが凄い良いですね。これ。
2016y09m24d_202139782.jpg2016y09m24d_202313905.jpg2016y09m24d_202334177.jpg
ってか、双葉の台詞のシーンにとにかく、光が一緒にいるの、ホント、百合として強い。百合強い。
そして、皆、突かれる中で、感動が上回るような、このスタイル、凄い良い。
そして、天野こずえイズム全開の恥ずかしい台詞全開なのも、あらあらうふふ。と、そういうことになる。ってか、最後の、この夕方のシーン、原作だとライセンス授与で終わるんだよね。
でも、ここで、このオリジナルのシーンを入れるというのは流石はさとじゅん監督だわ。
このオリジナルのシーンのせいで百合度が濃い。
だからこそ、それが良い。
2016y09m24d_190106163.jpg2016y09m24d_191655520.jpg
なんか、もう全体的に全体的に、なんていうか、もう、感動と同時に、もう夫婦宣言であり告白じゃないですか……あぁ、もう、全体を通して尊かった。百合尊い。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

次回予告がない!?(錯乱)

もっと観たかったと思える作品でした。
シメの告白タイムのシーンはアニメオリジナルだったんですね。
海のシーンの挿入歌も高揚感と尊さを上手くアシストしてました。
ガールミーツガールの物語をここまで丁寧に創ってくれた事に感謝しかありません。

| kwai | 2016/10/04 20:55 | URL |

kwaiさんへ

この後、原作だと、濃い描写が更に多くなっており、さらに、そういう意味でもお勧めしたいので読んでいただきたいと、そういうことを思います。
最後の告白シーンは、本当に見事としか言いようがありませんでした。あれによって、二人の関係が、どう築かれて、そして今日まで成長してきたのかが良く解るのが良いですよね。
全てにおいて、見ていて幸せになれる作品でした。
さとじゅん監督、また、是非とも2期をやってほしいものです。そうすれば、また、これ以降の話も、もっと丁寧に素晴らしくなると思います。

| 月 | 2016/10/04 22:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6812-ad8001e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT