PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝- 第11話 「陰日向」

2016y06m18d_135339191.jpg
さて、今回は翼と邪美か。
カズマ……まぁ、あいつだったけど、でも、人の心の中に光があれば、そこは無論、陰もある。その陰に食われてしまうものが、ホラーになってしまうのが、この世界の残酷さであり、非情さであるともいえるわけで。
人とは、そういう部分と隣り合わせて生きるもの。
如何に、立派な人物であろうとも。
2016y06m18d_135249744.jpg2016y06m18d_135939806.jpg
高潔な精神を持っていたとしても、何かのタガが外れてしまえば、かつての敵のようになってしまうわけで。思えば、彼らは最初から悪ではなく、何かのきっかけを得て、悪の道へと走り、そして……
悲しい存在なんですよね。
ホラーと言うのは、どこか。
改めて、そういうのを知るのと同時に、そういう物を改めて知ってしまうことへの何とも言えない、この感情。それをどうにかするために、騎士として、法師として、彼らが常に、そこにいる。
と、言いつつ、まぁ、今回はね。
まぁ、小説版であった、邪美と翼の関係を、ピックアップしたような、そういう感じですね。
烈花の線は無しか(・ω・)
とか、そういうことを思う。
2016y06m18d_140057731.jpg2016y06m18d_135549051.jpg

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6716-984f8adb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT