PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

劇場版 アイカツ!

20141215000140.jpg
今更だけど、いちご編?いや、あかり編も完結して心象に突入したわけだし、ここらで、一つのターニングポイント的な感じで見てみた。
そこにあるすべてのタイトルであるように、お祭りであると同時に、彼女たちのアイドル性と言うものを感じ取るような、そして、本格的に次世代へとつなげる、そういう物語だったような、そういう感じもしますね。
受け継がれていくアイドルのバトンの
そして、一番大事なのが、皆、いちごが好きなんだよね。これ。
そして、とある二人は、すきを超越した感情のもとに今まで、動いてきたから、それがまたいいわけでごぜーますよ。
あの、一話から見てきて、まぁ、あたし、途中で感想を書くのやめたけどね。
続けてみてきてよかった。
そして、いちごも次世代へと、大空あかりへとつないでいくような、このスタイルね。あ、此処で、そう来たから、そうかーって感じで、スターライト学園篇を見終わる前に、これを見ておくべきだった。
って、ちょっと、後悔したりした。
まぁ、他にも色々と後悔はしてるんですけどねw
いや、マジで。
って、そういうことを思ったりしました。
はい。
やっぱ、これが一番いいわけですよね。
まさに、劇場版にふさわしい、本編の内容をスケールアップさせた、そういう内容なわけですよね。だから、綺麗にまとまっているわけですよ。
こういうスタイルが、一番いいんだよね。この手のテレビアニメの映画ってね。無理に大きくやるよりも、こうして、本編のやることを思い切りスケールアップして、さらに進化させるような、この感じね。
ある種、一番の理想とでも言うか、そういう感じ。
此処が、完結した、あのラストへと持っていくってなるとね。
だからさ。
劇場で見ていればよかった。
と、激しい後悔が襲ったのである。
全体的にジェットコースターのように時折緩やかで、そして激しくなる感じ。
それでいて、ちゃんと伝えたいこともできてるし、良く出来てると思いましたよ。
憧れと言う名の愛……
そこから来る、この素晴らしさね。
ちゃんと、表現できてるのが凄いね。
なんか、こう見ていて幸せになった。
幸せが原動力の映画って素敵だわ。
そして、蘭そらが活躍するたびに、そのお腹の中に夜空さんがいるんだなって思う癖が出来ました。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

映画館で観ました

映画館へ足を運んだのは映画けいおん!以来だったかな。
TV本編を見続けていたファンの方なら感動する事請け合いの、いちご世代集大成的作品だったと思います。
2期終盤のトゥインクルスターカップ編と併せて観れば感動もまたひとしおな筈。

| kwai | 2016/04/25 22:27 | URL |

kwai さんへ

もっと、後悔された時に見ておけば良かった。って、見終わった後は後悔が……
あかり編が始まってから、飛ばし飛ばしな部分も多かったので、あれなんですが。いちご編は、飛ばすことは無かったので、もっと早めに。と、ホントに後悔……
トゥインクルすたーカップ編、懐かしい……あそこだけでも見なおそうかな……

| 月 | 2016/04/25 22:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6655-d9bfb17b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT