PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2度目の劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン

CV7nyuhWUAAVBeb.jpg
「ある者は去り、ある者は他の土地に行った。」ウルトラマンティガ第2話・ユザレ寄り……
これ、何気にウルトラマンX版ティガのことも、そうなるのかなーって。
改めて仮面ライダーを見た後に、こうしてウルトラマンXの感想を見比べてみると、やっぱり、エンターテイメントとしても、色々な部分で、こう思うところがあったのでね。
仮面ライダー、まぁ、伝えたいことはヒーローとは?藤岡弘、にとってのヒーロー、まぁ、又は仮面ライダーとは?ですよ。
いや、まぁ、仮面ライダーと一緒に見て来たので、一種のライバル関係である、この二つの作品を色々と見比べて感想を書くのも良いかなーって、そういうことを思いました。
2回目なので、色々と違った部分を除けるのも良いなと。
なんか、ここまで自分の感想を見てて思ったけど、円谷ファンであり、東映アンチみたいない件になってるなー……
いや、そうじゃないんだけどね。
そうじゃないんだよ!!!
面白い物は、純粋に面白い!って言ってますしね?!ジュウオウジャーとかね!?ジュウオウジャー、面白いからね!?いや、あの、ただ、あの映画が、まぁ、肌に合わなかった。って言うか、そういう感じで。
だから、そういう意味でも、仮面ライダー1号を見た後に、ウルトラマンXを見たのは非常に良かった。と、自分はそう思っていますね。
こういうことについて、色々と思いますしね。
ライダーの伝えようとしてるメッセージ性と言うのをウルトラマンは、どういう形で捉えたのか。
どういうスタイルで、そういうのを見ているのかと。
ウルトラマン、日本初の巨大ヒーローですよ。日本を代表するヒーローシリーズの一つですからね。そういう部分に対して、厳かになっていないだろうと。
何故って、「きたぞ!われらのウルトラマン」ですよ。
このサブタイトルから、はっ!ってなるんですよね。
1回目では、そういう部分を気にし無かったけど、ライダーを見ることによって、そういう部分を注目して見ていると、色々と違うわけですよ。
ウルトラマンと言う作品の中で行われる生命というメッセージ性、それは、テレビで語られたように難しくも、それでもやり遂げることへの想いなわけですよ。ピグモンの話とかね。
時折、ウルトラマンXが語る第三者視点で語られる人の傲慢さ、生命と言うメッセージを色々と思い出すことがありましたね。そこ行くと、ザイゴーグって悪いけど、極悪なんだけど、そういう共存できないと言う理由だけで駆除されてしまう、ある種の哀しき悪役的な部分を少し、垣間見える。
ある種の、人と怪獣の戦争であるともいえる気がします。
そして、ヒーロー的哲学だったら、正直、内容を含めて仮面ライダー1号よりもウルトラマンXのが説得力あったなーって思う。
しかも、1号のように、台詞を出さずに演出だけで、言葉にする以上の説得力を醸し出しているのはホント、円谷プロって言うか、田口清隆、すげぇ!!!ってなった。
ギリギリまで頑張って、ギリギリまで踏ん張ったから、Xとティガは復活して、初代ウルトラマンは助けにきてくれて、ネクサス、マックス、ゼロ、ギンガ、ビクトリーも来てくれたんだよ。
劇場版ウルトラマンXは、そこに感動の涙があったからなー。
初代ウルトラマンの出方を見ると、初代ウルトラマンが生み出してきたヒーローとは?!
ウルトラマンティガの出現で、ウルトラマンティガと言う存在が生み出したヒーローとは?!
っていうのが、あの出現の仕方に全てが言葉では無い演出と言う方法でメッセージとして伝わってくる訳ですよ。
ギリギリのところで出現したり、大切な存在を守るために光りになったり。
いや、最初は、単なるありがたいオマージュ的な、そういう感じの絆のドラマとか、そういうものかと思ったんですよ。でも、ライダーを見た後、敢えて、こういう原点に近い方法で出現するティガと初代ウルトラマンを見て、私は、こういう風に結論を見たわけです。
人は、誰でも光になれると言うティガの思い。
それこそ、まさに、ウルトラマンティガ、人は誰でもヒーローになれる。そういう部分のメッセージを、こうして体現した。そして、メイン視聴者である子供たち、子供がティガになることで、そういうことを伝えているのだと。
ハァァァァッ!!!!って驚きましたよ。そうか。って言うね。ただ、そういうあれじゃないんだよなーって。親子の絆だけでは無いのだと。
なんか、こういうことを感じましたね。
そして、絆を紡いだ存在が助けるために現れる。
これだけで、ウルトラマンの啓示するヒーロー像と言うのを改めて確認できるんですよね。
後、ライダーは場面転換がやたら多いなーって思いましたけど、こっちの映画はライブ感を上手く活かした演出だな。ってのは思ったね。
いや、まぁ、そういう感じで、今回のウルトラマンVS仮面ライダーと言いますか、そういう感じで勝手に見比べて、酷いことを色々と言いましたけど、正直に言って、軍配は……
ウルトラマンXの勝ち!

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6638-0204c2b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT