PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼-紅蓮ノ月- 第二十三話「嶐鑼」

2016y03m26d_104217246.jpg
最終回間近だから、面白くなったけど、でも、それまでに至る過程の雑さと脇の甘さが嫌でも目に行っちゃう作品だなー。なんか、この状態で、ちゃんと、こう、ドラマをですね。やっぱ、牙狼シリーズの鍵って言うのは、そういう部分を他の特撮作品よりもちゃんと描いて、そこに説得力を生ませることにも一つの魅力があるんですよ。そこイクトと、ちょっと、構成のアイツは、そういう牙狼シリーズを熟知していなかったのでは?って思ったり。
そうでなくても、ちゃんとドラマを成立させることは出来なかったのだろうか。
とか、そういうことを思ったりします。
2016y03m26d_103717230.jpg2016y03m26d_102601179.jpg
しかし、道長が舛添と被って仕方ない。一時期とはいえ、あんな、卑劣な男を支持していた自分が情けなくなります。人と言うのは、ああいう権力を手に入れてしまうと変わってしまうものなのだろうか。
貴族ゆえの、力あるゆえのものの気持ちの人と言う生き物の気持ち悪さ。
性根の悪さ。
そういうのが浮き彫りになります。
そして、終盤、最後の決戦ですよ。
流石に、此処まで来ると作画とかもすごいですし。
カグヤも、色々と整ってきたので、トランスフォーマーじゃないけど。
2016y03m26d_104125973.jpg2016y03m26d_104157608.jpg
さぁ、決戦だ!!

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6634-13bd5f38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT