PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』

CV7nyuhWUAAVBeb.jpg
なんていうか、凄い。凄い映画だった。
劇場版ウルトラマンX、凄い良かったわ……
今年、これを越える特撮映画なんて出ないんじゃないか?って思えるくらいに凄い映画だった。70分間の中に、ウルトラマンXらしさを入れた愛と絆の物語ですよ。
70分と言う狭い時間の中だからこそ、ある種、小難しいテーマを入れないで、ウルトラマンXのテーマそのものである愛と絆の物語を、そのまま映画の世界に突っ込んだのは良かったね。
それは凄い正解だったと思う。
ホント、久しぶりに良い映画を見たなーって思った。
個人的には、去年のパシフィック・リムや、一昨年辺りにやったアメリカのゴジラを軽く凌駕した。アメリカゴジラとパシフィック・リムは泣かなかったのに、ウルトラマンXに泣く。って、なんか、もう自分の中では凄いものである。と、確信してる。
いや、もう、CMが公開されたり、YOUTUBEでPVが公開されてるから、それを見た時点で、凄い面白い映画。ってのは解っていたんだけど、でも、いざ見ると、その自分が思っていた面白いの基準を軽く凌駕してしまうほどの物凄く面白い映画だった。
劇場版ウルトラマンX……凄かった。
その自分が思っていたよりも、何倍も面白い!って思わせる映画はホントに凄いと思うね。
ホントねー、劇場版ウルトラマンXはアメコミヒーロー映画よりも凄い。って自信を持って言える。
凄い面白いの。
まず、ザイゴーグの圧倒的な強さ、良かったねー。
強いんですよ。
単純に強いんですよ。グリーザと違うようで同じなのが良いんですよ。目的な人間の憶測にすぎず、奴は何を考えているのか分からないような表情ね。人を見下すように嘲笑しているようにも見える表情が明らかに人の常識を越えた存在って部分を醸し出しているんよね。
それでいて、あの強キャラでしょー。ベータスパークアーマーを纏ったXが1人で立ち向かってもびくともしない前へと進む恐ろしさがね、もう、ゴジラのような恐ろしさ、ガメラのような神秘性、そして従来の怪獣にある魅力が全てつまっているんだよなー。
ザイゴーグは。
あの行動だけで人と言う存在を超越した存在なのだ。と、言うのが分かる。
グリーザは不気味さを前面に出して、ザイゴーグはシンプルに強さを前に出したのが良いのよねぇ……
XIOが持てる兵器の力を全て使っても傷一つ、まともにつけられない。ってのもまた良い。XIOの装備って歴代でもかなりレベルが高い方だと思うのに、それでも傷が一切付かずに、ザイゴーグにとっては目の前を徘徊する鼠程度にしか見ないで邪魔するものを蹂躙するって言う、圧倒的な強さには惹かれる物がありましたね。
いやー、ああいう、圧倒的な強さを持つ怪獣って良いよねー……
何処か、怪獣でありながら、怪獣を超越したようにも思えるザイゴーグが凄いかっこいいの。
神々しさと恐ろしさを持った、まさに、最強の鬼……田口監督が言っていたように、その通りだな。と思いました。
歴戦の勇士であるウルトラマンX、強化形態のエクシードXを登場から20秒ほどで簡単にあしらうんだもんよ。
ここまで、強さと恐ろしさと言う物を前に出した説得力ある演出をした敵って、ここ最近の特撮ヒーローだと、東映には、まずいないし、牙狼のボス系のホラーとかも不気味な感じの強さを前に出した感じだし、でも、グリーザほどでもない。ってのもいるしね。ホント、こういうストレートな強さと恐ろしさを前面に出した敵はいなかったなと。
でも、グリーザのが絶望感的な感じでは強かった気がする。グリーザは攻撃しても、効いてるのか効いてないのか。ってのが解らないしね。そこはグリーザそのものが持つ不気味さの勝利
ホント、あの、田口清隆監督、ありがとうございました。
圧倒的な過去の栄光を確かなものにした初代ウルトラマンとティガへのリスペクトね。
初代ウルトラマンの客演って歴代だと一人だけの奴だとティガとメビウスしか無くて、何故か、セブンは単独での客演回が非常に多いんだよね。
そういう意味でも初代が好きな自分としては嬉しかったねー。
メビウスでウルトラマンは誰が一番強いのか。って話で、ウルトラマンって言うのは誰が一番強い。ではなく、全てのウルトラマンが力を合わせた時が一番強い。一人でできることは限界があるけど仲間がいれば可能性が広がるからこそ、限界を越えるからこそ一番強いんだ!って部分を、上手く表現してた。
X一人ではかなわなかったし、ベータスパークアーマーを纏ったXでも押されていた。
しかし、ティガと初代が助けてくれたから、ザイゴーグを倒すことが出来た。
まさに、ウルトラマンが力を合わせた時が一番強い!って言葉、その物。
やっぱ、最終形態になってもラスボスに苦戦またはやっと互角って展開は良いよなー。
劇場版ウルトラマンX、ホントにBGMの使い方が巧みすぎてね。
あんなの絶対に往年のファンは嬉しくて泣いちゃうって。後半、ティガの覚醒、X復活、初代様参上!辺りからずっと泣いてた。
ウルトラ十勇士も良い映画であるとは思うんだけど物足りなさが強いんよな。
色々と描写不足だったりするし。
好きな映画だけど、不満もそれなりに多いから、評価自体は、そう高くないんだけどね。
だから、そういう意味でもウルトラマンXの劇場版は色々と良かった。
この手のヒーローの映画って、映画独特のテーマを掲げてやることが多い訳なのよね。そりゃ、金を賭けてるから何か壮大なことをしよう。って感じで。
映画の作りって言うか内容としては、劇場版牙狼GS翔とか、牙狼RED REQUIEMとか、そういうサイドストーリー的な感じだよね。
んで、ウルトラマンXも、敢えて、そういう映画だからこその……ってことにしないで、ウルトラマンXのテーマそのものを映画に持ってきてそうだいに描いた感じ。
別にウルトラマンX完結編にしちゃうと、そりゃ、本編での伏線の回収とかされてないので、そういう風に見ちゃうとアカンと思う。
あくまでも、ウルトラマンXのティガと初代の客演回を映画と言う媒体で、更に、壮大にやってみました!って言うのが、この映画の趣旨だと思うし、そういう風に見るのが楽しいんだよね。
んで、ウルトラマンXのテーマって何よ。ってなると、それこそ、絆の物語なわけですよ。
だからこそ、少年と親子の間にある絆によって、ウルトラマンティガは少年に手を貸して覚醒を促すし、同時に初代ウルトラマンも力を貸してくれたし、XIOや、他のウルトラマン、大地とXが一つになったんだよな。
そういう部分で、ホントに、こう客演であると同時に親子の物語を描いていたんだよね。少年は母の助手になる夢を持ち、母は、そんな少年を笑顔で見守る。少年の名前はユウトで、母はツカサって言うんですけどね。
大地とXの物語を描きつつ玉城親子の絆の物語をちゃんと描いていたのが良かった。
ティガに変身したユウトを見て、今まで手のかかる子供だと思っていたのが、凄い頼もしい存在になったんだ。って成長を認めるホンのさりげないシーンなんだけど、そこが凄い好きなんですよね。
序盤で、どういう親子なのか。互いが、どういう風に思っているのか。って言うのをしっかり描いて、その親子の絆が事件を通して一歩、前に進む。って言う、そういうところね。
良いよね。
母は自分が守るんだ。
って強い思いにティガが応えて初代ウルトラマンが、そんなティガをサポートするために、出てきて、3人のウルトラマンが揃うんだけど、そういう過程を描いているからこそ、凄い熱いドラマなんだよね。
それから更に、そこから母と一緒に世界を救うためにスカイタイプ、パワータイプにチェンジしてウルトラマンやXIOのメカとコンビネーションを組んで戦うかっこよさも良いよね。
ウルトラマンも凄いけど、XIOのメカだって負けていないんだよね。リミッター解除して、ウルトラマンを援護して、止めを決めさせるための道を作るの、凄いかっこよかった。
何気に、ウルトラマンを助ける時の力がかつて初代ウルトラマンを倒したゴモラとゼットンの力って言うのが、また上手い演出だなぁ!って思ったよ。胸が熱くなるね!
そういう人とウルトラマンの共闘までちゃんと描いているのが、また、熱いんだよね。
それもXとXIOの絆から生まれたドラマなんだよなーって思います。
ついでに、ザイゴーグ、円谷を飛び出して色んな怪獣のオマージュがあったよね。
ガメラとかね。
70分だから、無駄に間延びせずに瞬きする暇が無いほどスピーディに進む内容でもあったから、退屈せずに済んだんだよなー。
寧ろ、時間を無駄に間延びさせると東映の春映画のようにくっそ退屈になっちゃうことがあるんだよね。
後、個人的に……
まぁ、あの、メインキャラにエゴイストで金持ちの冒険家が出てくるけど、あいつ、ちゃっかり応援してるのが、おいおい。ってなったけど、アスナがすかさず、「お前のせいだろ!」って言って叩いたのは「良し!」って思った。
それと、敢えて客演ウルトラマンの主題歌を使わないのが良いよね。ティガの「TAKE ME HIGHER」とか使わずに劇中の戦闘BGMを多少アレンジして、怪獣とのバトルシーンで流すことで当時の思い出が蘇ったりして、こういうスタイルも良いよなーって。
そして、やっぱ、ウルトラマンXの主題歌をアレンジした戦闘BGMは良いね。良い感じに緊迫感を生むし、かっこいいからかっこいいんだよ。ホント、ガオガイガーで言うヘル&ヘヴンとか、ああいう技を使う時に流れる処刑BGMって感じで「うぉぉぉぉ」ってなるんだよな。
ベータスパークアーマーが出現するシーンで、そのBGMが流れるんだけど、そこのBGMの扱い方がホントに上手いな!って感心しましたね。
ウルトラマンXの主題歌アレンジ戦闘BGMは宇宙刑事シリーズのレーザーブレードのテーマと一緒の感覚なんだと思う。やっぱ、特撮ヒーローに処刑BGM、最高だわ。
また、ウルトラマンとティガが助けにやってくる時のBGMが神秘的でね。まさに、神としてのウルトラマン、初代ウルトラマンで行われたオマージュが良かったんですよ。
いや、田口清隆監督、ホント、感謝だわ。ねー……凄い、良かった。ウルトラマンX。
まぁ、ザイゴーグのコピー怪獣の出番がウルトラマンの客演吸うしか出さないのは、ちと、御都合的だな。ってのは思った部分はあるけど、でも、そこくらいは御愛嬌かな。とか、思いつつ、でも、ちょっとウルトラマン達の無双シーンを見せてくれても良かったんじゃない?
モンスアーマーの登場が無かったのが個人的には不満だったかなーと。モンスアーマーとして使われていたサイバーカードはXIOの総力戦で出番はあったんだけど、それも凄いかっこいいし、文句を言ったら罰が当たるんだけど、でも、モンスアーマーは個人的に出して欲しかったんよなー。序盤のザイゴーグ戦だけでも良いから。
後、ウルトラマンXが本来のボディが蘇った。って言ってたけど、あそこ、もうちょい、尺を裂いて説明だけでなく明確な描写をしてほしかったのが最後の不満ですかね。
なんか、あれだけだと、取ってつけた感は否めないので、やっぱ、そういう描写をきちんと描いて欲しかった。まぁ、そういう感じですかね。ベータスパークアーマーが生んだ奇跡ーって感じで、あれなんだろうけど。
あそこまで、取ってつけた感じになるとXとの別れのシーンが凄い茶番って言うか、そういう感じに見えちゃうこともないからね。だからこそ、ちゃんと、そういう描写は欲しかった。って言うのが、まぁ不満っぽい不満
でも特撮ヒーローとしての大事な部分もちゃんと抑えているから良いんですよね。特に人の声援によってベータスパークアーマーが出現したりゼロ達が助けにやってくるシーンは良いね。御都合的と言われようが、大好きなんだよ。声援によってネクサスがノアになったり、CJXがCJGXになったりする、そういう御都合だけどヒーローだからこそ許されるシーンって言うのは見ていて熱い。
やっぱ、ヒーロー映画に、こういう展開は欠かせない!
ウルトラマンXと、エクシードXを出して負けて、さらにベータスパークアーマーXを出しても中々勝てない構図も良かったなー。
それによって、ザイゴーグの強さも際立つんだよ。それで、最後はお互いの最高の技を使って、思いの強さが勝利する。って非常にウルトラマン的でいいと思うね。
んで、全てのキャラクターに見せ場がある。ってのも、また、良く、この時間の中に詰め込んだな。と……そこは純粋に凄い。
XIOのメンバーもそうだし、科学班の二人も頑張ってたし、悪人だと思っていたエゴイストも根は良い人だし、見せ場があるし。
エゴイストだけど根は悪人ではない。って非常に人間的って言うか、それこそ、Xの根幹にある生物としては未完成な存在達が一つになって生まれ育む絆の物語を象徴しているのではないか。
と、あのエゴイストを出したのも、ウルトラマンXのテーマを思えば非常に意味があるんだよね。
それが大地の終盤の台詞の話せば分かりあえるかも。的な部分に生きているんじゃないか。と、思いますよ。
そんな感じで、大体の感想はこんな感じです。
また、怪獣映画っぽさを前に出した演出とかね、そういうリスペクト的な撮影を入れつつ、さらに、田口清隆監督がそれ以上にオリジナリティを出した怪獣の迫力ある演出を魅せたりと、これは凄い。
って思いましたよ。
劇場版ウルトラマンX、ホント、もう近年の特撮ヒーロー映画でナンバー1だわ。
絶対に迫力のある映画館のスクリーンで見てほしい感じ。
うわ、すげぇ映画!って思ったの、もう、牙狼〈GARO〉 〜蒼哭ノ魔竜〜以来かもしれない。同じ位、大好きな映画ですよ。
これに並ぶかも。
そして、ラストのウルトラマンXの2期をやらせてよ!って思わせるような、あの終わり方は良かった。
これは、うちらの手で色々と買い支えてウルトラマンXの2期、実現させたいね。
ウルトラマンXの2期が見たいー!
まだ、残ってる謎も多いから見せてー!

んな感じで、まぁ、多々気になる点はありますが、最近のヒーロー映画ではかなりの高得点ではなかろうかと。自分としては。
「きたぞ!われらのウルトラマン」って、あのころ、ティガを見たり、初代の再放送を見て育った私からすれば、今、新しいウルトラマンの世界で子供のころに影響を与えたヒーローが新しい技術を持ってかっこよく活躍することに感動するんよなー。
ゼロ達の客演ってヒーローショーを盛り上げるためにラストで、ドーンと助っ人を出す形に似てるんだよね。だから、そういうのを子供の時以来、久しぶりに、あのころの興奮を思い出したし、あの出番の少なさだから良い。
怪獣映画であり、ヒーロー映画であり凄い技術のヒーローショーでもあるんだよな。
なんか、この年になって涙腺が脆くなったのか玉城親子のドラマにも泣いちゃったんよねー。
あの短い間にちゃんと掘り下げしてた部分が結構、自分の中で効いてる。
さて「きたぞ!われらのウルトラマン」で一番泣いたシーンは、子の純粋な思いと二人の間の絆によってスパークレンスが輝き、ティガが少年に力を貸して覚醒して、さらに、初代ウルトラマンが、Xとティガを助太刀するために降臨シーンね。
号泣して、声を抑えるの必死だった。
「ティ、ティガとウルトラマンが助けに来てくれたぁぁぁぁぁ(号泣)」って感じで、ガチ泣きして、もう、色々と、あのシーンは大変だった。
周りに声がばれてないかな。なんて、思ったり。

これが流れた時の感動ったらない。子供のころ、ティガをリアルタイム見ていた世代からすれば、もう涙しかない。
はぁ……
感無量……

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6631-d4a25fc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT