PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『牙狼 -紅蓮ノ月-』第22話「共鳴」

2016y03m19d_013356671.jpg
あー、そろそろ終盤ですねー
なんか、もう、うん。とっとと、終わってくれ。なんて、そういうあれが。思い返してみれば、炎の刻印ほどのワクワク感が、そこには無かったような。
そういえば、仮面ライダーアマゾンズなるものが、小林靖子脚本で公開されるようですね。ジョジョの方も、おそらく、彼女だろう。と、そういうことは思うんですが。
大丈夫なんだろうか?
そこは、どうでもいいとして。
とりあえず、半年、見てきて、どうだったんだろーって思うと、なんか、まぁ、うん。
今度でいいか。
2016y03m19d_013230872.jpg
とりあえず、今日の話をねー。
はい、見ようと思います。
結局、金時ってなんだったのか。なんか、これが仮の姿的なセリフを誰かが発していたのに、その思わせぶりなセリフも意味なく話が終わろうとしている気がする。
実は、2クール開始辺りから金時が真の姿を現して魔戒騎士となって鎧を召還して戦う。的な、そういう展開になるんじゃないの?とか、そういうことを思っていたんですが、そういうことが全くなくて、袴垂が斬牙になるしで、あー、これで良いんですかねー?ってなったら紅蓮ノ月が終わる…。
いや、年を取らない。姿が変わらない。そういう感じだったか。
まぁ、言いたいことはあるけど、元鞘に押さ真っって、俺たちの最終決戦はこれからだーって感じですかね。
袴垂が斬牙になるより、金時が斬牙になった方が物語的にはすんなり受け入れられたんですよね。はい。
まぁ、そんな感じでね。
肉親を思う心、愛する人を思う心が星明を救った。ってことになるんでしょうけどね。
でも、まぁ、あの、過程が、あれ何で、色々とね。
2016y03m19d_014553377.jpg
常に、誰かの犠牲を持って、牙狼シリーズは勝利を収めてきたわけです。あの人とか、あの人とか、あの人とか、これから、どういう戦いを得て、また成長していくのか。犠牲ではなく、その死から、何かを得て受け継ぎ成長していくのが牙狼と言う世界の物語であると思いますので。
此処からが、楽しみです。
2016y03m19d_014141394.jpg2016y03m19d_014129511.jpg
後、稲荷様、強い。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6627-03aba53f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT