PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

百合色学園寮

51mTmTd6rXL.jpg
そんな感じで、忘れてた。
二次元ドリーム文庫の百合官能小説……向こうの公式サイトの方には、感想を送ったんですが、こっちには書いてない。全寮制の女子校が舞台と言うことで、思い浮かべるのはストパニ……
一人のバリネコ少女がいて、二人のバリタチお姉さまに迫られて……。って感じで、これの出来が凄い良いんですよね。従来の百合作品だと、こんな結末は無いだろうなー。
なんて、そういうことを思う。
なんせ、今までの百合作品って1対1の関係が美徳とされていた部分もあったからね。
そういう意味でも、これは、ここまでもってきたのは確信的な感じだと思うね。
登場人物を、敢えて、最初から3人出して、拗れやら、罪悪感やら、様々な感情が交錯して肉体を許してしまうほどに官能的な迫り方をするお嬢様と、一方で最初は降ってしまった後に後悔に苛まれて会うためだけに転校をしてきた黒髪釣り目のお嬢様。もう、一緒に、離れないと言うことでイチャイチャする訳ですが。
まぁ、とりあえず、ここの感情描写、そういうつながりは、良く出来てると思いますよ。
ってか、ある種、ここで完成したような気がする。
二次元ドリーム文庫の百合官能小説の基礎っていうか、基盤って言うか、そういう感じのものが。
この話で出来たような気もします。
美味しいですよね。
正直、自分は、なにも疑問に抱かずにですね。
良い気持ちのまま、最後まで話を読みあげることが出来ました。
いや、ホント、あの、最初から、キャラを増やさずに少数だけに絞ったからこそ、ここまで、3人について良く描くことが出来たのかもしれませんね。
あそこまで、良く、心情を描くと同時にセックスまで混ぜたのは見事だと思いますよ。
ってことで、これから、まぁ、最大までキャラを描くのは2,3人と言うスタイルになっていくわけで。
一冊にまとめるなら、これがベストなのかもね。
下手すると、ちょっと、とっちらかっちゃう部分もあるし。
そんな感じで、お薦めですよい。
ってか、まだ、自分と言う物が、そんな小説を読んでないからあれなんだろうけど、ここまでよくまとまって良い感じの気分のまま、終わるのは、ホント、これが初めて。
評価したいのは全てにおいて、物語をハッピーエンドにすること。
常に、全員、幸せにして良い結末のまま終わるから、楽しいんだろうな。
なんて、そんなことを思った。
あ、二次元ドリーム文庫の百合官能小説シリーズさ。敢えて、タイトルに百合って付けない方が良いかもしれないね。うちのフォロワーを見てると、それだけで距離を取りたがる人もいるし。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6625-d98d445e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT