PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼〈GARO〉-紅蓮ノ月- 第20羽 酒呑童子産高画質追加「依代」

2016y02m27d_103047348.jpg2016y02m27d_103120960.jpg
星明には、道満法師に呪いをかけられー……ついでに、邪気を封印するために、あの話とかで、また、そういう部分が弱まり、ルドラの憑代として……
そこに行くと、何で、先代は、そういうことをしたのか。
ってのは気になる。何がしたかったのか。ってのは、全く、あれだったしね。そういう感じで、呪いが色々とああなって、星明が呪いに取りつかれて、ああなってしまった。って、なんか、面倒くさい。
ついでに、カグヤは人の形をした魔道具……マユリのようなものですね。これ。
2016y02m27d_102341727.jpg2016y02m27d_102340069.jpg
さらに、道満と、道長は強大だったようで。その境遇、呪われた兄弟と言うのは、そういうことか。雷吼と、あいつの関係に似て、そして、道満は闇に堕ちて、雷吼は光に生きる。確かに、そういうあれですわね。
名前を見れば、ある程度はーって思ったけど、道長がホラーを知っているのも、まさかねー……でも、もうちょい、なんか、そういう描写を入れてよ。
なるほどねー。
って、そういうことは思ったけど、なんか、なんかなー。なんか、もうちょい匂わすことは出来なかったのだろうかーって思うで。敏樹も、敏樹で、最近、牙狼の仕事をさぼってるっぽいしで。
さて、まぁ、雷吼に斬ることが出来なかったのは解るからこそ、袴垂に、そのことを頼むか。
あ、これが、二人のぶつかり合いになるわけでござ―ますね。
そして、ルドラ星明の中に、星明はまだ生きていると。
さぁ、どうなることやら。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6604-37a2a128

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT