PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 第5話

2016y01m14d_222211369.jpg
巨大ロボットの宿命よー……哀しきかなー……はぁ……なんて言うかなー。これ、色々と見ていると寂しいねー。現実に即した巨大ロボットの存在。
そうして、なんか、色々と現実での弊害が出ちゃうのねー。それで、さらに最新兵器と言う物があるわけですし、便利なものが出ても、また、それ以上に便利なものが出て消えていく。それがマシンの宿命って感じですわね。
憧れから生まれた夢が……そこから、生まれ、作り上げた物が現実的に見ればコストパフォーマンスに見合わず、そして、なんとやら。って言うのは、確かに、本当に虚しさしか無いのかもしれませんね。
そして、そういう部分が人を壊してしまう。
それが博士であったり、そして、今回の犯罪者を生みだしてしまったんだよなー。
なんか、夢と言うのはむなしいものです。
抱いて、かなっても、全ては泡沫に消えてしまう……
船坂さんも、そういう部分があるからこそ、それによってふ抜けてしまった博士をどうにかしたかったんだろうなー。って、思ったところで、あれですか。
例の組織ですか。
こういった、何かに対して倒錯した想いを抱いている人に対して夢と言う名の暴力を与えて傍目から見て喜んでいるんだろうなー。って、そういうことを思います。
そして、戦闘シーンを含めて燃料の悪さを利用した戦法も、なんか、思わずニヤついてしまう。
はぁ……
とりあえず、なんか、良かったよ。今日は。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6591-43e9edc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT