PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第9話『盃』

2015y10m11d_170836858.jpg
なんやかんやで、楽しい。
そんな感じで、爺さんが出てきた。いや、そういうことじゃない。こういういたん的な感じの展開、好き。
組織を率いることの難しさ。まぁ、そういう感じですわね。ヤクザとか、そういう仁義の世界の作品を参考にしてんのかなーって、なんか、見ていると、そういうことを思う。
岡田さん、個人的に、こういうのもいいけど、百合物のオリジナルをやってほしいんだよねー
結構、面白いだ。
岡田さんの描く百合物って言うのは。
まぁ、そういうこともあるんですが。
えてして、この荒れてしまった世界であればなんとやらーってわけでござーますが。火星も火星で、ああなっちゃったら、そりゃーねー。しかし、こう連続して戦闘が無いガンダムってのも珍しい。こうして話し合うことによって、こういうのって子供のプライドにのっとって、なんていうか、独立したままに行くんだけど、こうして大きな組織にくっついて自分たちの出来ることをする。ってのは、そういう部分ではリアルでいい。ただ、もう、ヤクザみたいな組織にくみする時点で、色々とあれやけどw
それでいて、己と言う子を確実に誇示するためのスタイルも、また面白さがあるね。
また、イナホやキラのように、なんか、こう、ああいう気持ち悪さが無いのが良いね。
そういう感情を、ここまで得る理由を、ちゃんと描いているのもね。
えてして、まぁ、エネルギーによる、なんとやらを得てしまえば、それはねー。
さて、まぁ、もう、血で塗れたからこそ、己の夢を満たしに、姫は行く。
どうなるか。

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6525-21cc5da0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT