PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼-GARO- -魔戒ノ花- を再度チェック

2015y09m23d_000728481.jpg
改めて最終回まで見終わった感想。
改めて見直して思ったことは冴島鋼牙の話しの完成度の高さ、両方とも冴島鋼牙の話しに抗おうとして頑張って入る部分は解るし様々な側面からそれを乗り越えようと頑張ってるんだけど、頑張ろうとするあまり色々と失敗しちゃう部分あるね。
道外流牙編も、冴島雷牙編も確かに面白い部分もあるんだけどね。
ただ、鋼牙の話と比べちゃうと物足りないんだよな。
それこそ、本当に牙狼の冴島鋼牙編は平成ライダーで言うクウガと言う最初にして最高傑作を生みだしてしまったことと同じなんだよね。
正直ね。私的な評価としては流牙編も雷牙編も炎の刻印に比べると評価は低いんだよな。
ある種、アニメにしたことによって従来の牙狼に囚われないスタイルを確立したから、各々の要素を入れつつ、それが成功して、あのレベルの高さがあると思うんだわな。
評価が低い。て言っても自分の中では往年の特撮やドラマ作品に比べたら評価は段違いに上だけどね。偉大なる前任者に引っ張られ過ぎて残念な処はある。それでも超えようとする頑張りの中に二つの作品には鋼牙には無い魅力が生まれたんだよ。
やっぱ冴島鋼牙って言うのは偉大すぎるんだな。
1期からのファンにすれば蒼哭ノ魔竜まで8年の付き合いだからね。そして、何故、鋼牙の物語が、そこまで続いたのか。と、そういうことを考えれば鋼牙の物語の完成度に繋がっていくんだよな.
テレビシリーズの鋼牙編、一期の場合は一話完結の中に終盤に繋がる様々な要素を入れて終盤から連続ドラマ形式になっていくしMAKAISENKIもそういうスタイルで行ったから良かったんだよね。
この形式はウルトラマンティガなんだよね。
でも、それが一番良い形式なんだろうなー。
雷牙編は、そこ行くと一話形式に拘りすぎた感があった。
そういう構成であると言うことをスタッフは忘れていたのかもしれない……
ただ、もう鋼牙以外の実写牙狼を改めて見て思ったのはさ。やっぱり偉大なる前任者に一番引きずられたのは視聴者でも俳優陣でも無く制作スタッフなんだろうな。って思った。
なるべく、もう鋼牙編を意識しないで良いところだけを探そうとして見て入るんだけど、そうしようと思えば思うほど鋼牙編には無い良いところもあるんだけど、やっぱ、そういう部分は嫌でも見つけちゃうところはあるよね。
キャラの信念の強さは解るけど、やっぱ、その信念を何故抱いたのか。それが鋼牙の話の中では当たり前のようにあったからこそ、雷牙編や流牙編は、それが圧倒的に不足していたのが大きな要因だよな。
クロウに至っては信念すら良く解らない部分もあったしね。
超えられないけど、その作品の良さって感じで流牙は流牙のブランド、雷牙は雷牙のブランドとして確立しているからこそ、鋼牙編ほどではないにしろ、其々の鋼牙編とは違った面白さがあるんだな。
偉大すぎる前任者を持つって大変よなー…
後は、雷牙と流牙の物語で確立したブランドの中に牙狼の大切な根幹の部分をしっかり埋め込めれば鋼牙の物語を超えるかもしれない話が出来るかもしれないからね。
だからこそ、これからも頑張ってほしいんだよ。
流牙は勿論、雷牙の物語は続編になるから。続編であることを意識した作風にもなって欲しいね。
難しいかもしれないけど過去に絡んだキャラを回想に出して、このキャラにどういう影響を与えたのか。て過去作に興味を抱かせるレベルで。
私的に別に心滅獣身の克服は良いんじゃないかな?って思ってる。なぜなら、これは雷牙個人の実力では無く、出会った人の想いの力を受けて克服したから。
まぁ、それは置いといて。
冴島鋼牙の物語を超えようとして作ったら大事な物を忘れて超えられなかった。
ってファイヤーマンに似てるんだよな。
あれも円谷がウルトラマンを超えようとして改めてウルトラマンを研究して新たなヒーローを作ろうとしたけどウルトラマンの大事な部分を忘れて超えることが出来なかった。
牙狼らしさの根幹の一つである登場人物が「強い信念を抱く切っ掛けになった物語」を描かないのは絶対にダメだと、あたしは思うね。
これが徹底的に為されたからこそ鋼牙の物語は良かった訳だしね。
んな感じで。
全体的に思うところとして。
掘り下げが足りないレギュラーガガガってか、掘り下げ自体して無い。
2015y09m23d_000557382.jpg
大杉蓮の演じた、あのキャラとかね。マユリの母ちゃんとの、そういう関係をもっと深く描いて欲しかったなー。
2014y09m27d_172420911.jpg
とりあえず、クロウを掘り返さずに、結局、こいつはなんだったんだ…って状態で終わらせたのはダメよ。
隠密だから、ある程度は察しがつくけど、解らない人は普通の魔戒騎士とどこが違うんじゃボケェ!!って役職さえ普通の騎士との違いが解らんしね。
やっぱ牙狼ファンも悪いのかな?って思うところもあるんだけど。
視聴者的には最強の黄金騎士ってなると、どうも鋼牙の方が先に浮かべるから、それを超えるための課題ってのがあっただろうし、それをどうにかするための苦肉の策が噛ませ犬としてのクロウなのかなー。とか、そういうことを思ったりした
クロウは雷牙の強さを引きたてるために存在する役でしか無い。
正直、必要だろうか?って思える話もあったから、そこをクロウのフィーチャー回にまわしてほしかった感じが凄いあるんだけどね。
魔戒ノ花の失敗点は雷牙を最強に見せることに拘り過ぎて、こういう弊害を生んでしまったことだと思う。
最初、クロウの演技がわざとらしすぎて、実はエイリスを蘇らせた人間の部下じゃねーか?って思ったのは内緒です。
あの演技のわざとらしさから、エイジに「黄金騎士に手を貸しつつ、エイリスの復活の暗躍をしろ。」って命令を受けている。って思ったら、そういうことは全く無かった。
ってか、そっちの方が、まだ良かったと思うんだよな。ああいう扱いをするくらいなら。
2015y09m23d_000609507.jpg
後、正直、黒幕にしては足りなかったキャラをあげて見ると毒島エイジが思い浮かぶ。
エイジの過去の掘り下げの足りなさは異常ですよ。死んだ恋人を蘇らせるために禁忌まで破った。
そこまでしたというのに、どれくらい大事だったのか、そこまで愛そうとしたきっかけは何だったのか。
全く描かれていないのですよ。
でも、そこまで愛してしまったんだろうなー。彼女を。騎士の掟を破ったとしても。そこに如何なる被害が出ようとも。
だからこそ、もっと掘り下げてほしかった……
MAKAISENKIのように最初からエイジが顔出しで断片的に語ってくれれば色々とよかったんだけどね。
これが出来なかったのは大物を用意してしまったスケジュールと予算の都合上なのだろうか……
媚空もやって良いんだけど、その前にクロウの過去話と、エイジの恋愛物語が必要だろーって思うんですがね。
キャラの信念の強さは解るけど、やっぱ、その信念を何故抱いたのか。それが鋼牙の話の中では当たり前のようにあったからこそ、雷牙編や流牙編は、それが圧倒的に不足していたのが大きな要因だよな。
クロウに至っては信念すら良く解らない部分もあったしね。
クロウは零のような準主役ではなく、脇役……なんだけど、やっぱり、描いて欲しかった。それが惜しいところよねー。
まぁ、そんな感じで、こんな感じで魔戒ノ花は終わりだけど。
流石に俳優が可哀想だ。って思った。
2015y09m23d_001301967.jpg
ただ、流牙も雷牙も決して駄作では無いのは、ちゃんと主役の信念は描いているからだと思うんだわね。それだけやれば、余程脚本が無能じゃない限り、駄作じゃないんだよね。
一話完結だから、無論、良い話も多いし、雷牙の心情を良く知ることもできる。これでもか!って、感じで、雷牙を好きになってほしい。って気が音は解るんだけど、そこで、誰かの描写が犠牲になるんじゃ好きになれるものも好きになれないんじゃないかな?って思った。
ただね。
あの…
「俺は望んで優しい魔戒騎士になった訳じゃない。」って言うシーンは考えるのが楽しい。自分としては。
「救える命は何があっても救う!ただその約束を果たして生きてきた!それだけだ!それが優しいと言うのなら、そう言えばいい…!」
雷牙の優しさの裏には救える命を確実に救ったからなのかな。救えるならば確実に助けホラーを倒す。
そして気づけば周りから優しい騎士だと言われてきた。
雷牙が救える命は必ず救うようになったのは、この鋼牙とカオルのことがあった。て言うか自然とトラウマになったからなんだろうな。だから、救える命は必ず何があっても救うようになった。
そのトラウマが糧となって雷牙を強くすると同時に雷牙は「優しい魔戒騎士」と言われるようになった。
自分からいってないしね。他人からの評価だしね。最強と言う部分も、そういう部分があるからこそ、雷牙は「俺は望んで優しい騎士になった訳じゃない。」って言うのは、そういうことなのかな。って、あたしは思う。

完璧超人である雷牙。
しかし、彼にも唯一気にしてはいないけど、絵が下手と言う一つの欠点があるのだ。
マユリの「それはホラーか?」で笑うw
どうでもいい話、此処で完璧だけど、こういう欠点がある雷牙にあたしは惹かれたなー
最近、これを忘れている作品って結構多い。描いたとしても分かり肉すぎるのも多いんだ。たとえばGレコとか良い例。
そういう感じで、以上かな。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6479-eb3fffc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT