PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初森ベマーズ第⑩球 バカと天才と魔球

2015y09m12d_005219676.jpg
あ、もうそろそろ終わりなのか。そんな感じのことを思う年頃。
なんか、早かったなー……初森ベマーズ。なんていうかねー早いねー。ホントねー……そうこうしながら、こうしてみていたわけでござ―ますが。
なんか、一クールなのに途中で見るのがだるくなるほどの中だるみって、どうなんだろ?とか、そういうことを思いました。はい。
新魔球の開発のために、頑張ろうとする秋元さん……なんていうか、あれですか。そのためにバカになろうというスタイル。まぁ、あの、なんていうか痛々しいんですが。
得てして、秋元さん、なんか、落ち込んで、なんか、あの、うん。この子、あざとい。好きな子ではあるんですが。
そんな感じで、新しい魔球、大リーグボール3号みたいな感じで。
案の定、負担がかかってるwww
そこまで、お決まりのパターンに入って、そして、あれですか。
これから、あの、ポラリスと戦闘に入るパターンですか。
さぁー、どうなる。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6459-7302883d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT