PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンX』 第7話「星を越えた誓い」

2015y08m25d_185316013.jpg
グルマン博士の発明である程度解決ってのが、この作品を微妙な物にしている。と、言う意見を見るけど、でも、なんか、それは、違うんじゃないかなー?って思う。
正直、その開発したものを使うのは人間であって、色々とアレなわけですし。博士は技術を提供して、人間側は資材・人材を提供し、採算的なものは取れているような気がします。そういう意味で共同している感じがしますしね。まぁ、面倒くさいことはツイッターで行ったから、良いんだけどさ。
2015y08m25d_182914834.jpg2015y08m25d_183238995.jpg2015y08m25d_184252412.jpg2015y08m25d_184621215.jpg
んな感じで、今回ほど、脚本が重要になってくる物語もないでしょう。ついでに、わけあり宇宙人が登場なんてのも、実にメビウス以来で懐かしいもんです。ギンガSにはわけあり地底人が出てきましたが。
そんな感じで、内容は、特に突っ込みどころもなく、良かったと思います。
なぜ、照がユウキを助けたのか。そういう理由も描かれつつ、同時に、ユウキ側が思う心も描かれた。それは、故意ではなく、感謝の気持ちがあって、助けようとしたんだろうな。とか、そういうことを思った。
感謝から、助けようとしたけど、何もできなかったが故の、あのお詫び。
そういうスタイル、良いですね。
ウルトラマンXとルディアンが共闘して、戦う中で、目覚めた地球人への思いを含めて、思う部分は色々とあります。作中で、テルが言ってたけど、ウルトラマンの世界って基本は、宇宙人はウルトラマンを除けば恐れるものであるからこそ、「地球人は優しいよ。でも、恐怖心の方が強いんだね。だから傷つけようとする。」このセリフはグッと来てしまうものがある。
ユウキがなんとか恩を返したくて、何とか頑張ろうとして、やったことはテルを手当てしたことだけだけど、それだけでも、テルは嬉しかったし、信用できる存在になれたんだろうね。
なんていうかね。良いんだよ。
そんな些細なことから生まれたきっかけが、こうして地球人と宇宙人を繋ぐ絆の形成になっていく感じがね。えてして、ちゃんと、そういう切欠、起承転結がちゃんとしている気がします。
だからこそ、そこに感動があるのです。
ちょっとした恋心が産んだ奇跡でもあるんだなーって思うと、どこか、そこに感動できる。
まだ、こういう感情を失ってなかった自分に泣いた。
人の心を、そう評することが出来るのは何か感動に繋がる。
これは現実でも同じですね……色々とあります。
そういう二人の関係を見ているうちに、地球人とゴールドの関係を……なんか、良いね。
そうやって、人と宇宙人が共闘して絆を作り、そして、ガーゴルゴンを打開する策を練って、敵を倒す。と言う、そういう王道ながら、王道だからこその展開が良い。
得てして、ホントに、今回は絆のドラマなのだな。と、そういうことを思いました。
2話かけた買いがあったのはしたかです。
しかし、思ったのは、あれです。
2015y08m25d_184837365.jpg2015y08m25d_185856008.jpg2015y08m25d_184838488.jpg2015y08m25d_184858746.jpg
ベムスターアーマー、いつ、作ったの!?
いや、流石に、そのライブ感はいただけませんよ!?
だったら、最初から使っとけと……いや、ガーゴルゴンの性質が解らないから、下手すればデッドウェイトになる可能性を考えて、そうしなかっただけだろうけど。うん。
そう考えることにした……

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6444-3d4e01e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT