PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮面ライダードライブ 第32話「進化の果てに待つものは何か」

2015y05m31d_085803581.jpg
少し調子良すぎですね。
ホントだよね。
例の課長、裏切るのあっさりやね。ついでに、001も手を切るのもあっさりやね。ただ、考えてみれば、取るに足らない人間そのものだったのかもしれんけどね。そういう部分から醜さ敵な物、権力にしがみつこうとする醜い人間の一人であったわけだしね。そういう権力的な部分から人を学び、そして、屈辱と言う物を得ていたのかもしれませんね。同時に、そうやって見下していた。そうして学んだと言うことだろうなー。ともあれ、例の資料やら、進之介や特状課の真っ直ぐな部分が、あの人に……響くような描写があれば、もうちょい、そこには作品的な説得力あったよね。惜しいなー
そう言えば、001のように衆議院的な立場の人間にああいう直接的な権力を持った敵っていなかったよね。なんか、もっと、あれかな。もうちょい、まぁ、これからも記憶操作をしながら衆議院議員は続けるのかな。えてして、これを、結構、批判する人がいるけど、そこは、ドライブ自体がアメコミを参考にしてる部分があるし、そういうのがあっても良いのでは?とか、思う。
この手の警察系作品の殉職って言うのはお約束かしとるね。
01.jpg
ジェイデッカーも、このあたりの話数でデッカードも殉職してたしね。
えてして、来週復活するんだろうけどね。
今回の話は、なんていうか、そういう理不尽なものと立ち向かう勇気なんだろうけど、こういう部分が気になって、なんていうか、あれだった。
ファクターとして重要な部分を大切に扱ってないね。こういう部分は、近年の特撮ヒーローには良くありがちなんですが。クウガのように、丁寧に扱ってほしいもんです。鎧武とか、ウィザードとか、ゴーバスターズとかね、牙狼魔戒ノ花とか、ウルトラマンギンガとかもね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6360-6e9fbf6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT