PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パトレイバー2から見るなんとやら。

img_0_201505261210446a1.jpg
まぁ、このアニメ、学生時代は、一度、見たけど、そんな好きじゃなかったんだよね。ほら、やっぱ、ロボットとか出てこなかったからさ。ただ、大学とかで政治等を改めて真剣に勉強した後に、こういうのを見ると、変わってくる訳ですよ。
ただ、まぁ、作品の中では、もし同時多発テロのようなことが日本本土で起こったら。とか、そういうシュミレーションである中で、今回は、冒頭のシーンですよ。
まぁ、だから、今回、言ってることは、ちょっと、いつも以上に文章に纏わりが無いかもだから、アレなわけですが、そこは御愛嬌。
集団自衛権や安保関連法案を見てパトレイバー2の冒頭を思い浮かべる人も多いだろうし、なんかね。もう、今は、これで持ち切りな部分もありますよね。
あたしは、あまり頭が良くないけど、なんか、昨今騒がれている集団的自衛権とか、そういうあれ。
パトレイバー2の冒頭ってさ。
こういう問題と被るわけですよね。
こういうことを言うって右的な思考で、こいつは危険だーってなるかもしれない。言われるかもしれないけど、改めて、戦争法案だから反対だーとかじゃなくて、真面目に考えてみるべきじゃないのかなーとか、なんか、こういうアニメと言う教材を通して見てみる。
って言うのは、こういう形であれ勉強して見るのは良いことだと思ふ。
パトレイバー2の冒頭と言えば。
自衛隊が海外での派遣業務に対する武器の仕様って言うか、発砲は許可できないからレイバーと言う鉄の棺桶の中で死んで壊滅してしまう感じのアレ。
アレが、集団的自衛権の本質であるとは思う。
侵略云々とか、そういうのは抜きにして。
首相も、ああいう状況になった時、発砲とか出来ねーじゃん。そうなったとき、合法的に反撃を許すために、集団的自衛権も許可。ってことですかね。
まぁ、アメリカと一緒に戦うとか、そういうのもある感じなんだろうけど。って、感じですかね。
もし、否決されてしまって、ああいう状況になった自衛隊はどうなるのか。って言う心配は結構ある。本当にパトレイバー2の冒頭になるのでは?とか、考えますよ。
まぁ、そうなると海外派遣とかしなければいい。とか、そういう答えが返ってきそうだけどね。
ついでに可決されずに、反撃とかしちゃったら、超法規的措置とかになるのかしら?そこは、まだ、不勉強だから、色々とあれよ。
そこは、解らんけど。
えてして、パトレイバー2は正義の戦争よりも、不正義の平和のが良い。って言う話でもあるわけで。
他国に、そういう戦争やら何やらを押しつけて、日本は何もせずに「あー、戦争はやだねー」って報道しておくのが、まぁ、今の状態ですわな。さらに、
いわば、見て見ぬふり。って奴ですわな。
虐めで言えば、虐められている子を助けないで、知っていながらも見ていないふりをしている。と、言うのが、そういう状況なわけです。今の日本は。アメリカは虐めっ子を懲らしめに行ってるけど、日本は、背後に隠れて何とやらなわけだと思うのです。
この前の派遣だって、アメリカが、それに業を煮やした訳ですし。いつまで、んなことをやってんだ。お前も来て、手伝えよ。って、感じで。
そんな感じで、他国の代理戦争によって得られる経済効果で日本の不正義の平和は保たれているのです。
と、まぁ、パトレイバー2の世界から引用された言葉をざっくりと解説すると、こんな感じよね。
無責任に集団自衛権を反対する人は、もし、そういう状況に自衛隊員がおかれたら、どうなるのか。考えたことは、あるのかな?ただ、戦争が出来る法案として目が行ってる気がする。首相の行ってた命を守るための法案って言うのも、間違いでは無い気がするんだわな。
確かに、解釈によってはそういう法案であることも確かなんだろうけど、この作品の冒頭のような状況になって壊滅した時に、集団的自衛権に反対していた人は、どうなるんだろ?って部分が結構あったりする。
ただ、海外に派遣したから、こうなったんだー!って叫ぶ人も出てくるだろうけどね。
ただ、もう、ホント、こうなると「だったら海外派遣をしなければいい。」ってなるかもしれないけど、そうはいかない訳ですよ。アメリカに盾になってもらっている以上、ずっと、そうなるわけにも行かない。言いなりにならなければいい。ってなるけど、そうなると、アメリカが条約を破棄してくるかもしれない。色々と打ち切ってくるかもしれない。
そうなると、日本ってアメリカの言いなりになるしかないし、影響はでかいのです。
ご機嫌を伺わなきゃいけない。
日本はアメリカの援助を切って平然としていられるほど豊かでもないしね。
押井さんが言っているのは日本の平和って言うのは、常に何処かで行われている戦争の影で、アメリカに守って日和見主義を決め込んでいる。って、あれですからね。
まぁ、アメリカから何と言われようともね。派遣しないだなんだってのを貫き通せばいいんだろうけど、今の日本の立場を見ると、それを貫き通せるほど発言力と言うか、そういう力が強くない訳ですよ。ソレを自覚しているからこそ、この法案って言うのも必要なんじゃないかな……?って言うのはある。
ああいう状況になった時、自衛隊員を大義のない戦争に参加させているとき、本来、戦う義務は無いけど戦わなきゃいけない時、ああいう感じで応戦するためにも、パトレイバーⅡの冒頭のようにならない時の為に必要なものだとは思うの。
ただ、それでも、厳しく色々と制定しなければならんけどね。
同時にアメリカ等が、日本との条約を破棄してしまってテロ等になった時は、それこそ、首都決戦の時のような状況になるだろうし、2の終盤の”状況”になるかもしれないわけよね。
冒頭で全力で回避しろ。って言うセリフがあるんだけど、それが、集団自衛権が否決されて、そういう状況になった時の状態を良く表わしている部分がある。
こういう場合、たかがアニメに、何、真面目になってるの?って、うちの親の世代はいうけど、ゴジラ然りで、そういう原発に対する警告もしてきたのに、何も対策やらを取らずに放っておいた結果が、今ですよ。もっと、ゴジラやパトレイバー2で掲げられた問題に日本人は真面目になっていればな。って、思えば、なんか、別の未来があったのではなかろうか。とか、そういうことは思いますよ。
もうちょい、日本人は、こういうアニメや映画に対して真面目に取り組んで見た方が良いと思われよ。
決して、戦争賛成とか、そういうわけではなくてさ。
自衛隊員の命を考えるなら、海外派遣で、そういう状況になった時、集団自衛権を行使して命を守るべきなのでは?って言うのは、あたしも思う。それで、相手を殺してしまうことになっても、いたしかたないじゃないですか。”海外で戦争をするための”じゃなくてさ。
流石に、大国にしかける、あの時ほど日本人だっておバカじゃないでしょ……?
まぁ、中韓が日本を挑発してる現状で、これが可決されたら、あれだけどね…経済的な話し合いとか、そういうのも必要になるんやろうな。
だから、なんていうのかね。もうちょい、制限をかける感じ?そうしないと、あれだとは思う。
まぁ、実写版、見に行きたいんだけど、正直、まだ、そういう状況では無く…哀しいけどDVD待ちです。

まぁ、でも、安倍首相は集団自衛権以上に重要なことが沢山あるけけどね。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6357-2c9320b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT