PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

劇場版 牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔

kv.jpg
牙狼GOLD STORM翔を見て来たー。
全体的に面白かったし、流牙と莉杏の成長した姿も堪能できたし、楽しかった。
牙狼の世界観だからこその人の消えることの無い邪念の話とかね。所詮、ホラーから助けてもクズな人間が多ければ、守りし者として生きている意味が無い。
ホラーがいない世界を作り上げるために、その根源を生み出す人間を滅ぼそうと自分の夢と、自分の愛した法師の夢をかなえるために動く、人型魔導具・阿号と、ホラーのいない世界を作り上げるが、そのために人を滅ぼすことは間違っていると止める流牙。二人とも同じ夢を持っていながら、戦わなければならない寂しさ。
一方で莉杏はホラーの手助けをした男が、今度は盗みを働いて、救いようのない男を殴りまくるわけですが。莉杏は、こんな奴…!って、思っちゃうわけだけど。
まぁ、魔戒騎士や法師だって人だもんな。だから、シグマとか、あいつとか、あいつとか、ああなっちゃったし。
それを止める流牙…どんな心の人間でも守に値する光がある。
でも、それを止めるために…うぅん…ってなるけど。
しかし、そこが、流牙らしいよね。
彼の優しさ、ボルシティでの経験が生きているような気がします。
燕邦とか、色々と絡んできたからこそ、その今があるようにも思えます。例のSG1の隊員を父に持つ息子や、何よりも、あの母親の死を乗り越えたからこそ、そこに強さはある。
ってか、あれ以降、流牙が凄い凛々しくなって、未熟な部分は抜けたような気がします。それでいて、頑張ろう。って言う、そういう感じで、あの素のままに出てきて、あぁ、いつもの流牙だ。って思った時、ちょっと感動をした。
かっこいいよね。
莉杏を支える姿とかね。あぁ、良い男になったな。
って、そう思うわけですよね。
かっこいいなぁーって、やっぱり見ていると思いますよ。
牙狼としての自覚と同時に、莉杏もね、黄金騎士をサポートする存在として苦悩する姿も可愛かったしね。
ホラーがいない世界を作るのは、守りし者たちの夢。
しかし、阿号のやり方は人類を殲滅するということ。そうすれば邪心でホラーが生まれることもないし、人が人に傷つけられることもない。
人類全体がニュータイプや、聖人君子になれるわけでもないですからね…
故に、ホラーがいない世界のための手っ取り早い手段が、これなのは解らんでもない。
でも、流牙は、それは違う。
答えは無いけど、いずれ、そういう世界を作ってみせる。って、感じだよね。
ただ、阿号も、自分を作った法師に受け継がれた夢…そう、これも牙狼の根幹にある受け継がれる思いなんだよね。
彼も、純粋に、その思いを願ったからこそ…
ね。
だから、最後の流牙の問いかけによって、彼は改めて目覚めたわけですよ。法師の望む世界と言うのが、どういうものかを理解したか。その法師の顔は優しかった。
それは、人類を滅ぼすということを望んだ顔ではなかった。と、言うことですよね。
だからこそ、破壊されてしまったけど、彼は最後の力で流牙に力を貸して、己の剣を託した。ってことだよね。
何年かかるかわからない。
でも、そうなるようにする。って言う、その感じが素敵だった感。
やっぱ、牙狼の根幹にある受け継がれる思いの物語っていうのは、いかなる角度でも描かれるから感動もあるし、強い思いがあるからかっこよく見える。
そんな感じで、全体的には面白かったんですがね。
んだけど、唯一の不満が脈絡も無しに牙狼の鎧が終盤の鎧装着してからの戦闘シーンで牙狼翔になったのが頂けなかった。
鎧の強化形態が出るのって、そこにドラマがるのが伝統だから、そういう意味で、残念だった。
牙狼らしいテーマや、アクション、どれをとっても闇を照らす者を見ている人なら楽しめる作品ではあるんだけど、牙狼翔のデザインがかっこいいからこそ、変身することにドラマが無いのが残念だな。って思った。
後、阿号が、一度眠る前に牙狼に助けられてるんだけどさ。
そのシーンの後で、何か、あの流牙が牙狼の鎧を装着して、何か蘇ることは無かったのかなと。
ただ、阿号が取り込まれて流牙が守りし者としての使命を訴えて、手助けをする場面は良かったんですけどね。
古の時代、牙狼に助けられて、そして、今回、装着者は違えど新たに牙狼と出会うことによって、何か覚醒して牙狼翔になるのかな?って、思ったんだけど、そういう要素なく終わってしまったから、そこが残念だった。
だって、あんだけ牙狼・翔とは!?って煽っておいて、牙狼・翔のドラマは無いんかい!!ってなったのは、やっぱ、ちょっと痛い部分だなー。阿号が覚醒して、なんか翔になるのかな?って、思ったけど、そんなことは無かったからねw
後、阿号と少女関係ね。もうちょい、掘り下げてもよかったんじゃないかな?って、思った。

・ガロの鎧と阿号のドラマ
・牙狼翔の鎧になるためのドラマ
・阿号と少女のドラマ


牙狼GOLD STORM翔は、その三つが残念な部分だった。
でも、全体的には面白かったんだけどね。面白かったからこそ、その部分が気になってしまった。
でもね、リュメを含めた、全てのアクション、凄かった。おぉ、今回の女優さんも頑張ってるなぁ!って思いましたよ。
そういう部分でも牙狼GOLD STORM翔は見に行く価値ありよ。
今の日本で出来る特撮アクションの最高峰の映画だと思う。
後、リュメがね、流牙の額にこつんと、自分の額を当てるシーンは、闇を照らす者を見てる人にとっては、なんか、ちょっとリュメの気分になれる感じだよね。
ドラマ版のGOLD STORM翔にはリュメは出るのかな?なんか、好きになる魅力があるから、出てほしいなーw
あ、でも、最後にリュメに会うための魔導具をザルバに付けてもらったから、出るよね。出るって信じてる。
あのね、リュメのアクションがホントに凄いのw動く動く動くw一種の、アレだよね。恰好が格好だから、イリュージョンを見ている感じ。
かっこよさと可愛さと美しさを兼ね備えた近年、稀に見るヒロインですよ。
そんな感じで、これから…
どういう展開になっていくのか。
此処から続く、EPisode.0と言う立ち位置の、今回の映画なのでね。
リュメのドラマ版に出てほしいですし、エンディングでは、これからの流牙達の物語が見れたのもよかったです。
さて、これからのGOLD STORMにつながるドラマを…楽しみにします!
あ、でも、阿号が修復されて、テレビドラマに出る。って、思ったけど、そんなことは無さそうやね。文字通り、消滅したし。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6299-e71adf62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT