PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ユリ熊嵐』第十話 『ともだちの扉』

2015y03m17d_005245096.jpg2015y03m17d_005306070.jpg2015y03m17d_005559962.jpg2015y03m17d_005422844.jpg
えてして、危険な世界へ―
なんていうか、絵本の結末は、二人が手と手を取り合って何とやら…な、感じだし。ついでに、色々と思いだせたから、これでも…と、思ったけど、なぜ銀子のことを忘れてしまったのか。
ホント、不思議なものじゃて。
銀子も、ラストで出て、何をするのか。
いや、此処まで来ると、もう考えるんじゃなくて感じることの方が楽しくなってくる。
だから、あえて書かない。
これから、色々とばれたり、わかってきたりしたしね。
ホントに、どうなるんやろ。
そして、ラストの紅羽の裁判シーンは、何を意味するの?
これから、また波乱万丈なことが起きそうだけど…
これ、見てると30分が早すぎる…

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6287-3e4ee7b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT