PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガンダム-Gのレコンギスタ-第20話「フレームのある宇宙」


ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]
(2014/12/25)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る

なんか、ジィッド団のやってることは、凄い悪役ではあるんだけど、富野さんの描く独特の悪役っぽさってのは感じられないなーって、そういうことを感じる。何だろう、富野さん、腑抜けになった?とか、そういうことを見ていると思ったりしていますわ。まだ、裏に、何かいるんじゃねーのか?って、思いながらGレコも、後、数話か。
アスハムとか、そういう魅力的な敵が、なんか、いないんだよねー。
不として、こういう物を見ていて思うわけでござーますが。意外と、あっさり、Gセルフを取り戻した。ってのもあるしね。
2クールで、無理にガンダムをやろうとすると、こうなるかんも感じてしまう部分が。
ターンXとターンA見たいな、そういう強い関連性で言うと、色々とアレやしな。G系統って、だけで、そういう部分も、何か弱いとか思ったりするし。
ある種の、ベルリの天才性ってのが、そういう、なんか、この作品の微妙さと言う物を醸し出しているような気もしないでもないんだわな。好きではあるんだけど。
ソンナカンジデ、オイデマセチジョウ?イヤ、ヴィーナスグロウブ。
一種の地球の環境に酷似したコロニーの中何だろうね。故に、そんな壁を破壊してしまえばタブーにもほどがあるし、あれなのよね。

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6267-c2adaf83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT