PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮面ライダードライブ 第10話 ベルトの過去になにがあったのか

1440x810xdf491bef78aebc38ee75e8c.jpg
MOVIE大戦が始まりましたが、どうも、私は鎧武をウィザードレベルで楽しめなかったので、見に行く気になれません。って言うのが現状でございます。
どうせなら、ドライブ&宇宙刑事でやってほしかったなーって思いますよ。こうして見ているとですね。せっかくの、それは、春に、また、白倉がいらんことをするそうですけどね。三条さんが脚本を描いたら、見に行っても良いかなーとか、そういうことは思います。
坂本×三条なら、春の映画は見たいんだけど。いや、脚本が三条さんなら、それでも良いんだけどさーって、思いながら、そんな感じで。プロトドライブのことが断片的に語られましたね。
まぁ、でも、あの、プロトドライブの、アレはエピソードゼロは気になるんですけどね。
でも、鎧武がいらんわけですよ。
別に、あれほどの物なら、ネクサスとかを見た方が有意義ですからね。何より、あれで、30分以上も見なければならない。って言うのが、きついの。W&オーズのオーズパートが非常に微妙だったようにね。
さて、本編としては、やっぱり、贖罪的な感じでございましたね。
友情に負けて、己の研究していたコアをロイミュードに与えた…までは良かったものの、開発者である親友は反逆によって殺されて、そして、自分はベルトへと姿を変える。そうならざるを得なかった訳ですね。何故、彼等がそうなったのかは、今後を見ていけば解る事でしょうよ。
まぁ、反逆をされて肉体を失い、ベルトになって、ドライブをサポートすることに決めた。なんか、こういうの、アメリカの優秀な科学者が生み出した物がーって、感じに似てるね。元は有能な科学者だったけど、手違いで、ヴィランになってしまった。って言う、そういうアメコミヒーロー的な物にね。
同時に、ハートはプロトドライブを殺した…と、言う訳ですね。
ボルトのやっていたことも追わなきゃいけないし、なんやしで、なんか、此処までくると二時間サスペンスドラマ見たいで、面白くなってくるなーって思っちゃいますよ。
まだ、奴は、このクリスマスに何かをやるようですし。
ボルトは死んでも、まだ、何か影響があるようでございますし。
そこで、まだ、来週も新幹部が出てきたり、波乱がありそうな予感。
そんな中で、ハートへの恐怖が宿るベルトさんを前に、果敢に挑む、進之介ことドライブがかっこよかったね。プロトドライブとは血が、完成形って言う部分が良く見えます。
それゆえに、本来、体験していない性能…
ソレをフルに体現している戦闘シーンは熱いです。
強大な力を前にしても、逃げずに己の力をフルに発揮して、戦い、そして自己犠牲の元に人を守るために戦う。あぁ、仮面ライダー、そう、かつてのライダーマンを思い出します。
誰も知らなくても自分一人の犠牲で、なんとかなるのなら。
また、新たなドライブを探してくれと託しながら、消えようとする進之介・・・
相手の心臓を鷲掴みにして、そのままオーバーヒートするハートを倒そうとするも…!?
って、ところで、どうなるかね。
自己犠牲はかっこよく見えても、人から見れば愚かに見える。特撮ヒーローの王道ではあるからこそ、かっこよく見えますが、それでも、なんとやらです。
まぁ、どうなるか楽しみにしましょ。
チェイサー、今日も、かっこよかったよ。
出番、奪われちゃってたけどね…
あ、そうそう、プロトドライブの話も見たから、それの感想も描いていくよ。
そんな感じで、チェイサーも、今後、どう動いていくか楽しみだ。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6206-3448944c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT