PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮面ライダードライブ 第6話 戦士はだれのために戦うのか

2014y11m17d_132707281.jpg
正義なんてどこにもない。
そう。どこにでも、どんなに、正義を司っている組織であろうとも悪人というものは存在しているわけでごザーます。汚職とか、癒着とか、そう言う奴でごザーますわね。賄賂だの、横領だの、人というのは、どこの組織にでも・・・ね。地球連邦軍は腐敗していくし、なんやかんやで人というものは、そういうものです。
でも、正義感を持っている人が居るのも事実。しかし、その正義が、人にとって本当に正義なのか。と、問えば、そうではないのも、この世界の理であるわけです。
ラインバレルコンビの描いた仮面ライダーのとある漫画を思い出します。ハイブリッドインセクターとか、そこらへんを検索すればわかるんですがね。
MEIMU先生が言っていた、あの、キカイダー02の言葉を思い出しますよ。
正義とは何か。
しかし、悪というもの、それは誰が見ても悪なものを許容している今の世の中こそ本当の悪なのだ。
そんな、感じでですね。だから、世に悪は蔓延ってしまう。それを裁くのが、このヒーロー・・・ドライブの存在なのかもしれませんね。
どうして、どんなに良い人であろうとも、悪人と結託したり、中には怪人と取引する人も出てくるかもしれませんね。、
世にはびこりすぎた悪と対面しなければならない。警察というのは、そういう組織であると思うと難しいものです。
どんなに、優しい顔や言動の人でも、裏では何とやら。
こういう状況で、進之介は警察官としてではなく、悪を裁くものとして戦う。
警察という組織は、そういうものを良く、ドラマでは描いてますしね。まぁ、現実の警察も、そういうものですし。政治家だって、そうですよ・・・
まぁ、それでも、人のために助ける人もいるのも、また事実。
しかし、今回は上の人間が引き起こした暴走って感じでございますよね。所詮、欲望というものは地位を得るたびに、より、高みへと望むために引き起こしてしまうものなのかもしれません。
そして、怪人と結託する人も出てくるかもしれませんね。
これから、どういう警察的な組織・・・
警察にも、そういう横領等をする人が出てきて、アレですよ。
組織の正義に絶望して、それでも助けたくれた人から助けの電話が入って感謝される。そうして、自分の戦う理由というものを再び見つめ直し、そして立ち上がる。うんうん・・・
こういうの好きだわ。
これから、彼は、ヒーローとして、警察にはできないこと、警察を第三者から見た存在として何かと対面して、そして、葛藤し、自分で答えを見つけて前に進んでいくでしょう。
うんうん・・・
感動的や。
そうなる話は楽しみですね。
そんな感じで・・・
2014y11m17d_133936315.jpg
タイプワイルド、やっぱ、エクシードラフトとか思い出しちゃいますね!www色々とかっこいいなーって思えちゃうわけですよ。
2014y11m17d_133920938.jpg
ああいうのを見てるとね。
世代を思い出してしまうのです。
レスキューポリスシリーズとかな。
ついでに言えば、りんなさん・・・
やっぱ、協力者だったかwww
まぁ、そんな感じで、本筋は、だいぶずれましたが、次回が楽しみですわ。
2014y11m17d_133948384.jpg

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6178-6c5422c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT