PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガンダム-Gのレコンギスタ-第4話「カットシー乱舞」


【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]
(2014/12/25)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る

そんな感じで、なんやかんやでアメリア軍についてしまうことになってしまったベリル・ベナム。敵にいながらも、その持前の明るさで乗り切ってる…
2014y10m18d_103429396.jpg
普通のアニメなら、違和感が湧くのに、どうして、こうも謎の説得力と言う物があると言うのだろう。なんやかんやで、溶け込んでしまっている。って言う、捕虜の自覚が無いと言うか、なんと言うかで。この危機感の無さと言うのは、どっから来てしまうのだろうw富野的演出で騙されてしまっているような気もしますw
2014y10m18d_103812893.jpg2014y10m18d_104303017.jpg2014y10m18d_104623391.jpg2014y10m18d_104650749.jpg
しかし、アブデクトのタブー・・・?とか、宇宙世紀の過ちがあるからこそ、科学技術の発展を抑える。とか、だから、ああいうデザインになっていたりするのかな?って、思ったりします。そういうところは、考察のし甲斐がありますね。前の話から、色々と、そういうお話の要素は出てきていますから。聞いているだけで、なんだかわくわくした物があります。結局、シャアの望んだ結果でありながらも、シャア全ての望んだ結果にならなかった。でも、結果的に全ての人が地球から出ていくことも無かった。彼のやったことは正しいとも思わないし、同時に、アムロは、それでも人を信じたのに最終的に宇宙世紀で崩壊しそうになった。なんか、どっちも報われないと言うか、人の思いなんて全体的に、無下にされてしまう。って言うのは、富野監督らしい感じですね。
しっかし、このベルリの年の子供って、やったら、もう自分の親のことを冷静に考えて評価することが出来るって言うのは、年相応だと思わせる。
この明るさも、そういうものなんだろうね。
2014y10m18d_105120309.jpg
ヘルメスの薔薇の設計図…罰が当たる。主に、宇宙世紀の技術って、そういうあれなんだろうね。
宇宙世紀の負の遺産、後に黒歴史と呼ばれることになるんだろうな。
2014y10m18d_104934021.jpg
クリム・ニックも、なんていうか、普通に二枚目はんな部分とかが良いですよね。
しっかし、なんていうか、こいつはなんだろうねw
この愛しいって思える感じはさw
やっぱり、天才なんだろうけど、それ以上の敵に当たるとちゃんと冷静に分析したり、挫折することなく向上心を持っていることなんだろうな。恐らく、家柄的なプライドは無いんだと思う。だから、こうして海賊部隊に身を置いたりしてんだろうね。同時に、色々とやってくれるからなんだろうな。でも、天才であるから。と、言うプライドはある。それでいて挫折することが無いのは、強い敵に対してファイトがわくと言う、そういう部分なのだろうとも思うの。
それでいて、ちゃんと人を賞賛できる…人を認める潔さを持っていると言うのは良い男の証でもあると思うんだわ。
だから、憎めないし、その人懐っこさが好きなんだなーって思えてくる。
2014y10m18d_105251267.jpg
ついでに、クリム・ニック、Gセルフに乗せたら、戦艦壊して人質さらって戻る。って考えは無かったのかな?wって、思いたくなる、あの能天気な子w
2014y10m18d_104316126.jpg
アイーダさん、なんで、そんなカーヒルのことを慕っていたのか、これでよく描かれてるね。
まぁ、そこはどうでも良いんですが。
しかし、クリム・ニックのアイキャッチwww余計、こいつを好きになりそうwww
しっかし、ラライアってのはなんなんでしょうね?
何か、アレなんでしょうけど。
何で、こんな普通に解け込んじゃってるのかw色々とおかしいけど、なんか、普通に、それを受け入れてる視聴者も、あれです。あぁ、モンテーロ、かっこいい。
そんな感じで、キャピタルも出てますね。
通信が入ってからミノフスキー粒子が巻かれた。解放をしても場所が知られたら。って、まともだわな。ってか、キャピタルの人間にキャピタルと戦え。って言わせるアメリア軍、結構、あれやねw
普通に、捕虜に武器を使わせる。って、どういう神経だよw
ベルリが非情になったら、どうすんだよw
って思ったり。
それでも育ちが良いから義理がたい性格ってのは、そういうのは解るんだろうね。多少の罪悪もあるだろうし。
ノレドとラライアがいるから、戦艦を攻撃しないように味方と戦いなさい。って、結構、鬼よね。
2014y10m18d_105150468.jpg2014y10m18d_105151558.jpg
同時に、今回でGセルフの未知なる力が。ホント、何なんですかね。このMS…何を持っているんですかね。
そりゃ、確かに好きで武器を持ってる訳じゃないですわね。
2014y10m18d_105316725.jpg
更に、教官もね、あぁ、良い奴なんだな。って思わせるね。
ベルリを敢えて元いた組織と敵対させることで、そういう非暴力的な物を訴えるのかな?でも、そこは、まだ、ベルリが母のいる組織、元いた組織と戦う。ってのはどう描かれるんだろ?
…ってか、普通にこの終盤、ベルリやノレドが普通にアメリアの海賊部隊に違和感なく自分として振る舞ってるってのがおかしいって!w何で、捕虜なのに普通に、そこに馴染んでいるんだwww
とりあえず、帰ろう。ってことになるんですが。
宇宙のでかさってわけでもないけどさ。
とりあえず、アメリアは、そういうキャピタルの独占してる物を世界中に共有すべき。って考えてるけど、キャピタル側は、それをやると過去の繰り返しになるから対立してる。と、同時にキャピタルの中枢にいるのが、宗教的な団体なんだろうな。と、こうして見ていると思います。うん。考察楽しい。
ついでに、スペースころに―とか、この時代はどうなってんだろうね?そこ、気になった。
2014y10m18d_105613676.jpg
それが宇宙から来る敵…ってことになるんだろうね。それか、ディアナ・ソレル・・・?

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6147-13e6b14f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT