PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブルースワットを見終わる。


テコ入れされたけど、言われているほど悪くない。
って言うのが、今も昔も、私の変わらない感想である。まぁ、そんなkな字で、ブルースワット、メタルヒーローシリーズの中で、結構、好きな方にはいる。一番好きなのはウインスペクターだけど。
まぁ、話は、こんな感じよ。


エイリアン集団「スペースマフィア」を討つために作られた秘密組織・「ブルースワット」。
このブルースワットに所属する鳴海 翔(通称:ショウ)、美杉沙羅(通称:サラ)、シグの3人は、初出撃で見事にエイリアンを倒すが、ブルースワット攻撃セクション主任・不破にインヴェード(憑依)したエイリアンによって組織は滅ぼされてしまった。
組織の中で唯一生き残ったショウ達3人は、ダミー企業「ブルーリサーチ」を拠点に、民間人の宇佐美星児(通称:セイジ)、麻生すみれ(通称:スミレ)と共にスペースマフィアと戦ってゆく。



組織が一話から壊滅っての、これ、仮面ライダー剣が後にオマージュしたりします。
全身がメタルアーマーじゃ無いから、色々とキッツイ物があったりするんだよねー。戦場で生の地とか流れる危険があるし。恐らく、量産するの前提なアーマーなんだろうなーとか、そういうことを考えていたりするんです。まぁ、そんな感じで、こうして眺めているわけでござーますと。
まぁ、途中でリアル路線の徹底の廃止が見れた時は、確かにさびしかったんだよねー。あの作風は、今でも受けると思うし。その後の、数話が明らかにリアルとは違う作風になって行くわけで。
でも、ちょっと我慢したら、従来のヒーロー風のシナリオに、ちょっとしたリアル路線とシリアス加減を混ぜて、それが、それで面白いと思うんだ。
寧ろ、俺はハイパーショウとか、ゴールドプラチナムの話を見ても面白いと思うし、今のライダーで言う究極フォームになる回とか、最近の奴よりも、良く出来てるしね。エイリアンが人語で品の無い会話するようになったのは、ミラーマンを思い出すなw
シグとザジの関係を描いた親子ドラマとか、正直、俺は最近のライダーよりも楽しかった。あぁ、もうちょい、こういう部分から勉強してアレンジした方がいいかもなーとか、そういうこと思いましたし。ちょっとした王道に捻りを入れるのが良いんだね。敵エイリアンにも事情があってーってのも、それが良かった。ジスプの背景とか、正直、もっと掘り下げても良かったよなー。
まぁ、不満はあったり、良い部分もあるんだけど、一番、ダメだろ!って、思った部分は、ハイパーショウにパワーアップして、何話か経った後、ドラムガンナーって武器を手に入れるんだけど、これが、あっさり手に入れるわ、特に熱い展開が用意されてないっていうwwwこれは、ダメだろ!!!www
まぁ、これを意識して、次作のビーファイターだと熱いドラマを用意したのかな?って言う、そういうことを思いましたね。
それでも、話は面白いんだけどさ。
途中から、あぁー…って言うのはテコ入れ時期にあったんだけど、それ以上に、路線変更しながらも、独自の血を入れて、そして、ちゃんと、一つの作品に昇華させているのは、こういうのを見るとプロなんだな。って、思いますよ。
ブルースワットらしさの全体を壊さず、従来の要素を入れて、別路線に変更しながらも、ちゃんとらしさを残しつつ、話を入れる。ってのが、良いですよ。
ショウ、サラ、シグの物語もちゃんと描いてるし。
さっきも言ったけど、シグと、その息子であるザジとの物語が、ホント、最近の作品よりも泣かせるんだ。ジスプって敵がいるんだけど、そいつがザジに憑依して、疑似的とはいえ、殺し合わなきゃならない展開になって、それを苦悩しながらも打たなければならない。って、展開には胸が熱くなりますよ。
他の下りは好きだけど、それ以上に、そのシグとザジ、そしてジスプの三人が絡んだ物語が熱くて大好きだわ。こうして、昔の作品を見てると、今のニチアサに足りないものが解ってくるような気もしますね。
後、もう、挿入歌の処刑BGMが、凄いかっこいいのな。
ガキの頃、よく、口ずさんでたw
いやぁ、まぁ、そんな感じでブルースワット…是非とも、見て欲しいな。
実は、ターボレンジャーよりも前に、ブルースワットを見終わってた。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6035-97104825

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT