PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪魔のリドル 第12話 故に、世界は□□に満ちている

2014y06m20d_065320957.jpg
そんな感じで、まぁ、あれでござーますわね。とうとう、最終回だわ。とかはる最後のなんとやらーでござーますけど、兎角さー・・・正直、意味が解らんよ。なんやかんやで、プライマーに支配されてるのが不快だからーってことで良いんですかね。
まぁ、あれだよね。
晴を守った理由はプライマーじゃなくて、己の意思であるということの確認で晴を殺すかどうか…って、やっぱ、バカだろ。って、今、思った。
最後の最後も疲れるOPは飛ばす。って言う、あれ。
全ての証明って何よ?
んー?え、まさか、後ろの兎角は鳰なのかよー。なんていう、最後の最後で。
鳰、そういうオカルト関係かよ。
ってか、なんで、鳰が暗殺者だなんて、まぁ、一度も、確かにそんなことは言って無いわな。今さら、あぁー、確かに―とか、そういうの思った。
・・・最後の最後で、あれでございますわね。
兎角さん、晴にプロポーズしまくりで、なんとか、まぁ、あれなんだろうけど。
しかし、これ、視覚的にどっちがどっちか、解んなくなってくる感
いや、兎角さん、戦いながら晴にプロポーズの言葉を投げかけすぎて、なんか、緊迫したシーンなのにほほえましくなってくる。
なんか、最後の最後で、とかはる、これかよ。
って感じでー
まぁ、あの、はい。こういう結果になりましたわね。
百合理事長は、鳰がお亡くなりになってそれでよろしいんです?(・ω・)
そんな感じで、もう望みは一生…って、あれー?
晴、死んだと思ったら、なんかーーー晴がいるー?
んー?
あれー?
アレで、助かったとはねー。
鳰も生きてたんかい。
なんやかんやで、なんだ、この茶番感がやばい。それよか、理事鳰、もうちょい見たかった感。なんやかんやで生きてて良かったわね。
そして、最終的に皆、生きてたんかい。って言う、このラスト。
2014y06m20d_070009686.jpg2014y06m20d_070359354.jpg
英さんの料理=番場さんとの花嫁修業か。番場さんは、英さんの庭にて。
2014y06m20d_070051783.jpg2014y06m20d_070141230.jpg
涼さんはあれですね。香子さんとの青春ですね。でも、香子さん、イレーナとかよ。
あー、なんやかんやで、最終回に皆、生きてたんかい。
2014y06m20d_070200888.jpg
乙哉さん、結局、なんだったのか感。
2014y06m20d_070214327.jpg2014y06m20d_070112061.jpg
伊介さん、なんやかんやで、春記がいなくて、アレな感じだそうな。
2014y06m20d_070247319.jpg
ちひたつ、生きてたんかい!!!!えぇぇぇぇー・・・良いんかい…これ・・・
2014y06m20d_070347271.jpg
しえなは、なんか、どうでもいい。
2014y06m20d_070500146.jpg2014y06m20d_070456645.jpg2014y06m20d_070453940.jpg
そして、とかはるデートである。
最終回、全体的に、なんだ、この茶番感がなんとやら。
最後のCパートの杉田さんはなんだったんだろ・・・

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

兎角さんがはっちゃけ過ぎて鳰戦はどっちがどっちだが分からなくなった

兎角さんは晴がプライマーの力で周りを巻き込んだのか教えたかったのでしょうね。女王蜂としての晴か一般時としての晴か…。

黒組のみんなは黒組で暗殺と向き合う事で何かしらの答えを見つけたのでしょうね。

香子ちゃんがすごいことになっていて驚きましたね。暗殺を止めるのではなく暗殺と戦う道を選ぶとは思いませんでしたね。イレーナさんを継ぐというのは暗殺を継ぐだけじゃなさそうでしたし。
スピンオフ見たいですね。彼岸花の花言葉の意味も気になりますし。

乙哉の前向きぷりには驚きましたね。悪魔のリドルらしいキャラではありますが、前向き過ぎますね。

そして柩と千足は生きてたんだな。これが愛の力なのでしょうね、千足の方はしえなちゃんが気絶した毒を一気飲みしたせいで脳や神経にダメージ負ってそうですね。

全話見て一番好きなのは涼さんでしたね。ミステリアスな感じがありつつも健気で好きですね。

| 第4のペロリンガ | 2014/06/22 12:01 | URL |

Re: 兎角さんがはっちゃけ過ぎて鳰戦はどっちがどっちだが分からなくなった

兎角さん、やっぱ、あれじゃないですかね。仕掛けたのは自分が、そういう力に飲まれたからではないということの証明であるとも思いますわ。プライマーに飲まれたのではなく、自分が晴のことを自主的にーって感じで。

まぁ、後日談の皆さんは、やっぱ、そういう感じなんでしょうね。

香子ちゃん、これから色々とあるんだろうなーとか、思いながら、あれは暗殺と戦うではなく、抜け出せば組織から終われるわけですから、逃げて生き伸びることを初めてやってのけようって感じだと思いますわ。手を血で染めようとも…って、感じで。花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」ってわけですしねー。独立という意味合いが強いのかもしれません。

乙哉の場合は、もう、性癖なんで止まりそうにも無いでしょうね。彼女の場合は…出たら、またやって、追われて・・・の、繰り返しな感じです。

ちひたつに関しては、あの話の展開が雑すぎたんで、まぁ、何とも…って、思いましたが、やっぱ、愛の力って偉大ですよね。副作用に関してはあれでしょうが。

とりあえず、あたしは理事長と鳰の絡みが好きでした。

| 月 | 2014/06/22 16:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6023-74ccb3f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT