PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪魔のリドル 第11話

2014y05m30d_103640638.jpg
女王蜂の力とか、なんとか、そういうのもございましたね。
なんて思いながら、こうして見ているわけでござーますが…既に、暗殺者も全員、どっか言っちゃいましたわよ。これ。教室には三人しかいませんよ。
英さんの義手とか、あんな簡単に外れるのかよ。とか、思ったりしてるんですがね。鳰ちゃん、良い感じにどす黒いっすよ。なんやかんやで、今夜、全部、話すそうでござーます。そう言えば、勝ったんですよね。二人とも。鳰が、なんか、そういう感じにあれよな。狂言回し。
百合目一?百合 目一?
まぁ、良いや。元は、晴がどれだけ生きるかー的な、そういう試験だったわけですねー。晴を殺すとか、それとは真逆だったのね。晴が生き延びられるかーって、あれ。
力とか色々とありながら、そういうの望んでないんですね。前者は。
そういう力であるが故に、あれですね。狙われ続けていたんですね。あぁ、とかはるに、亀裂が。
ってか、異能生存体みたいな感じよね。
兎角さんが晴を守りたいと思った、それは、あれですよ。そういうデスティニーだったんじゃないですかね。ってか、晴に関わった人って、全員、晴がそうなると望んでたわけでもなかろうよ、晴を守るために死んだとは言え。暗殺者は除く。んな感じで、祈りの地とかあるんですね。
鳰さん、百合さんに巣食われて、そして、そういう関係になったんですね。あらあら、ウフフ。
晴の家族の名前もちゃんと刻まれてるのな。ってか、晴の護衛術とか、そこら辺って、やっぱ、女王蜂の力なんですかね?
さて、まぁ、祈りの地で兎角さん、熱い告白をするけど、そこで、あれですか。此処で、殺し合いですかい。
まぁ、次回。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当に異能生存体ですね。

運命というワイズマン的な存在に宿命づけられ、百合さんというペールゼン(鳰はロッチナかな?)的な人達に試される晴というキリコですね。

キリコも色んな人を犠牲に生き残ってきましたからね。

それにしても兎角さんの意図って一体何なのでしょうね?兎角さんも暗殺できませんから晴と向き合う事でリドルの答えを見つけようとしているのでしょうね。

| 第4のペロリンガ | 2014/06/15 19:14 | URL |

Re: タイトルなし


なんか、そこらのオマージュなんですかね。これは。
見ていて、そういう構図が思い浮かんでしゃー無いですわ。
そこんとこの関係が、どういう物になって行くのかは非常に気になりますが。
ともあれ、そろそろ、最終回ですし。
兎角さんが何をしたいのかーってのは、確かに気になりますわね。全て、来週に…期待したいと思います。

| 月 | 2014/06/16 19:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6017-17dec3fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT